芳賀サイエンスラボ

葉脈の観察をしよう

Posted on: 2010年10月24日

・会場名:筑波大学2B501
・天気:くもり
・キッズ人数:午前30人、午後20人
・親人数:午前約15人、午後9人
・スタッフ全員のフルネーム:○T本、S木、M浦
・準備したもの:ヒイラギモクセイの葉
        解剖用のバット
        ガスコンロ
        鍋
        ブラシ
        ラミネーター
        ラミネート用シート
        炭酸ナトリウム
        アイロン
・配布物:なし
・材料費;なし
・使った物品のリスト:炭酸ナトリウム 
           ラミネート用シート
・キッズ持ち帰り品:葉脈の標本
・内容の流れ:芳賀先生からの説明(20分)
       セイヨウキヅタの採取(15分)
       標本の作製(1時間20分)
・キッズの様子:標本の作製は飽きることなく進めていた。椅子で遊んだり親に手伝って
もらったりする子もいたが、順調に進んでいた。セイヨウキヅタの標本作製はかなり苦戦
しているようだった。
・親の様子:子供についている親や、妹などの相手をする親もそれなりにはいたが、基本
的には見守るほうが多かったように見えた。標本を作りたいという親もいた。
・事故:なし
・怪我などのトラブル:なし
・スタッフの数:適正だった
・反省点・改善点:セイヨウキズタの難易度が高すぎた気がした。
               採取する葉を選べば多少は良くなったが、それでも難しそうだった。
     午前中の子供たちのセイヨウキヅタはうまくいかないものが多く、残念だったが午後の子どもたち
は割と出来ていてよかった。次回は最初からセイヨウキヅタの葉をうまく選ばせられたらよいと思
う。

広告
タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

2010年10月
« 2月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。