芳賀サイエンスラボ

偏光板で遊ぼう!

Posted on: 2012年4月29日

2012年4月29日    茨城県県南生涯学習センター

●目的

偏光板の仕組みを勉強するとともに、実際に偏光板を用いて光の見え方の違いなどを学ぶ。

●参加者

講師:芳賀先生、久保さん

スタッフ:浅部 幸紹

午前:キッズ 29 ,保護者 14
午後:キッズ 7 ,保護者 4
全参加人数:講師 2 ,スタッフ 1 ,キッズ 36 ,保護者 28   計 67

●時程

【午前】

~9:00 受付

9:00~ 偏光板を使って色の違いを観察
       2枚の細長い偏光板を使って筒状にくっつける作業、及びそれを使ってプラスチックのスプーンなどを入れて虹色に変化することを観察 

10:00~ 休憩

10:35~ 色々なプラスチック製品や水あめを偏光板を通して観察し、色の違いを観察

【午後】

12:40~ 受付

13:00~ 偏光板を使って色の違いを観察
        2枚の細長い偏光板を使って筒状にくっつける作業、及びそれを使ってプラスチックのスプーンなどを入れて虹色に変化することを観察

14:00~ 休憩

14:05~ 色々なプラスチック製品や水あめを偏光板を通して観察し、色の違いを観察

●内容

最初にこの回の講師である久保さんから光と偏光板の性質をお話していただいた。その後一人一人に4センチ四方ほどの偏光板を配り、それを使って光の見え方を観察した。

次に細長く切った二枚の偏光板を筒状に工作した。これにプラスチックのスプーンを入れて虹色になることなどを観察した。

休憩後にプラスチックカップ・水晶玉・ビー玉(ガラス)・オリゴ糖(液体)・食塩水(液体)を配布し、色の見え方の違いなどを観察した。

●スタッフ感想

今回は偏光板を使って光の見え方を学ぶ回であったが、高学年の子供はある程度理解することができたと思うが、低学年の子供には内容的に難しい回だったと思う。しかし内容を理解しなくてもちょっとの工作で光の見え方に違いが生じることを目の当たりにし、とても興味深く観察していた。工作自体は難しいものではなく、幼稚園生もできていた。

記入者   浅部 幸紹

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

2012年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。