芳賀サイエンスラボ

Archive for 5月 2012

2012年5月27日     筑波山・迎場コース

●目的

筑波山の登山コースを歩きながら、森林・植物・昆虫などの自然観察をする。

●参加者

講師: 芳賀先生

スタッフ: 浅部 幸紹、井上 由香理、梅谷 絵梨香

午前:キッズ 48
午後:キッズ 39
全参加人数:講師 1 人, スタッフ 3人, キッズ 87人   計 91人

●時程

【午前】
~9:30 受付
9:30~9:40 芳賀先生お話
9:40~11:50 自然観察

【午後】
~13:15 受付
13:30~15:15 自然観察

●内容

まず芳賀先生から歩く道の説明があった後、参加者を3つの班に分けた。前の班が出発して5分ほど経った後に出発した。歩いた道は迎場(むかえば)コースで、木や昆虫などを観察しながら筑波山神社を目指した。

●スタッフ感想

【浅部】
当日は天気も良く、屋外の回としてはとてもよかった。日差しの当たるところはとても暑かったが、山道に入ってしまえば直射日光もなく、とても過ごしやすかった。今回は自然観察ということで、山道の周りの植物を見ながら歩いた。多くの植物が生えており、それを説明しながらゆっくりと歩くことができた。しかし子供たちの中には、一人でどんどん行ってしまう子供もおり、何度も注意しなければいけなかった。植物では筑波山に特徴的なツクバキンモンソウとホシザキユキノシタを観察することができた。
つつじヶ丘駅の駐車場から筑波山神社までの道は山を登るような険しい道もなく、通常ならば歩きやすい道ではあった。しかし最後に冒険コースと称し、山道ではない道を通ったが、ここはとても急斜面であり大変危険だと感じた。実際保護者が転倒し子供を巻き添えにしてしまった。行くにしても事前に大変危険な道であるため、行きたい人とそうでない人を分けるべきだった。

【井上】
初めての参加だったが、天候がよく、歩くのがとても気持ち良かった。スタッフの人数に対する子供の数が多くて驚いた。
筑波山の散歩道は幅が狭かったため、歩きながらでは担当するグループの一部の子としか接することができなかったのが残念だった。午前中では親と子が一緒に行動していることが多く、家族で植物観察や植物採取をしていて良かったと思う。
植物の知識がなく、質問されても答えれなかったのが残念だった。軽く事前に植物や見どころについて説明できるような紙を用意してみるとか、先生やスタッフで話せる時間があればよかったと思った。
途中でトイレに行きたい親子がいて、先に単独でどんどん降りて行ってしまった。集団行動を守ってもらう必要があるので、スタッフが事前にトイレが無いことを言って、先に済ませてもらう必要があった。
午後は子供たちが前を歩き、保護者が後ろを固まって歩いていたので、子供たちと接する機会が多くて良かった。子供たちは元気でどんどんとペースを速くして先に行ってしまうので止めるのが大変だった。競い合って歩くことを楽しんでいて周りの植物を全然見てくれない子が多かったのが残念だった。
コースは水でぬかるんでいたり、狭くて崖のようになっている場所があって子供が落ちそうになって危なかった。コースを事前に歩くことは難しくても、コース自体について事前に知っておきたかった。

【梅谷】
今日は参加人数が多かったこともあり、なかなかまとめることができなかった。面白い形の木や葉っぱ、朽木、実などなるべく植物に目をやるように心がけたが、早く先に進みたいようでペースを合わせるのに苦労した。
今日は快晴だったが、先日の雨の影響もあってかすべりやすい所が多かった。川辺は通過するだけではなく少し散策する時間がとれれば良かったと思う。
普段見れる虫や植物がほとんど見られなかったのは残念だったが、四阿や倒木の中を不思議そうに眺めたり、各々が気になる葉や身を見つけて興味を持ってくれたのが嬉しかった。
         

記入者

筑波大学大学院 人間総合科学研究科 フロンティア医科学専攻1年
浅部 幸紹

広告
タグ:
 2012年5月13日    妙岐の鼻(茨城県稲敷市)

●目的

広大な湿原と、関東では最大級のヨシ原が広がる「妙岐の鼻」で自然観察を行い、湿地帯特有の植物や野鳥や昆虫と親しむ。

●参加者

講師:芳賀先生

スタッフ:浅部 幸紹、長田 理沙

午前:キッズ19人 

午後:キッズ11人

全参加人数:講師1人、スタッフ2人、キッズ30人

●時程

【午前】

9:20~   受付

9:30~   芳賀先生からのお話

10:00~ 自然観察(遊歩道~野鳥観察小屋)

11:00~ 自然観察(水辺デッキ)

11:30~  まとめ

12:00  終了・解散

【午後】

12:50~  受付

13:00~  芳賀先生からのお話

13:30~ 自然観察(遊歩道~野鳥観察小屋)

14:30~ 自然観察(水辺デッキ)

15:00~ まとめ

15:30 終了・解散

●内容

芳賀先生からのお話

自然観察へ出発する前に、野鳥の録音音声を子供たちに聞かせながら、どのような鳥が見られるかの解説が行われた(オオヨシキリ、オオセッカ、コジュリンなど)。

自然観察1.遊歩道~野鳥観察小屋

野鳥観察小屋までの遊歩道を歩きながら、何かを見つけたら立ち止まり観察し、先生が解説する、というスタイルで自然観察を行った。

実際に見られた植物は、スイバ、ブタナ、クズ、コメツブツメクサ、オオバコ、ヘラオオバコ、ニワゼキショウ、コバンソウ、ノイバラ、ヒメジョオン、ハルジョオン、セイタカアワダチソウ、オヘビイチゴなどである。

昆虫は、ベニシジミ、ギンイチモンジセセリ、エノキカイガラキジラミ、などである。

先生による解説では、エノキの葉表に寄生するエノキカイガラキジラミ、ヒメジョオンとハルジョオンの違い、オオバコとヘラオオバコの違い、ヨシ笛の作り方が教えられた。

自然観察2.水辺デッキ

水辺デッキにて、ヨシがどのように水際で生えているかを観察した。そこでは2~3メートルまでに成長するヨシが倒れない理由や、ヨシ原が防波堤としての効果をもたらしていることなどについて、先生から説明された。実際に子供たちが枯れたヨシを抜き、その長さがどれくらいあるかを大まかに計測した。長いものでは3メートルを超すものもあった。約1メートルの長さの「定規」は、デッキに向かう途中に枯れたセイタカアワダチソウを用いて作成した。

芳賀先生によるレクチャー

芳賀先生によるレクチャー

 

ギンイチモンジセセリ

ギンイチモンジセセリ

 

エノキカイガラキジラミに寄生されたエノキ

エノキカイガラキジラミに寄生されたエノキ

 

遊歩道の風景

遊歩道の風景

水辺デッキにて、ヨシの観察

水辺デッキにて、ヨシの観察

●スタッフ感想

【長田】

自然観察に必要な知識が全く無い状態で臨んでしまったため、午前はほとんど何も子供たちに教えることができず申し訳ない思いであった。次回自然観察をする際には必ず図鑑を用意して、もっと役に立てるようになりたい。普段近場では見ることのできない湿地帯の植生を観察することができて、とても良い経験となった。子供たちが最も楽しそうにしていたのは、子供たちが主体的に行った「ヨシの長さ比べ」と「草相撲」「ヨシ笛作り」であったと感じた。もっと自然遊びの知識も身に着けてから自然観察を行えば、より印象に残る会になると思われる。

【浅部】

天気がとても良かったが、日射病や熱中症にかかる人がいなくて良かった。植物や鳥に関する知識が無かったので、事前に少し調べておけば良かった。歩きながら先生が説明してくれたが、人数が多く、後ろの人には説明が聞こえなかったと思う。見たときない虫や葉(エノキカイガラキジラミ)などが見られて勉強になった。        

記入者

筑波大学大学院 生命環境科学研究科 生物資源科学専攻1年 

長田理沙

タグ:

2012年5月12日    霞ヶ浦水の科学館隣の実習室及び湖上

●目的

霞ヶ浦の水を勉強することで水質改善の意識を向上させる。

●参加者

講師:芳賀先生, 伊藤さん(国土交通省霞ヶ浦河川事務所湖沼環境課)

スタッフ:浅部 幸紹、村岡 祐輔、長田 理沙、新井 佑子

午前:キッズ 41人 ,保護者 25人
午後:キッズ 27人 ,保護者 13人
全参加人数:講師 2人 ,スタッフ 4人 ,キッズ 68人 ,保護者 38人   計 112人

●時程

【午前】
~9:30 受付
9:30~10:15 芳賀先生お話
10:15~12:30 各班に分かれて霞ヶ浦を体験
           ・船に乗り霞ヶ浦の泥などを観察
           ・CODパックテストや透視度計を使って実験
           ・自然観察

【午後】
12:40~13:15 受付
13:15~13:45 芳賀先生お話
13:45~15:30 各班に分かれて霞ヶ浦を体験
           ・船に乗り霞ヶ浦の泥などを観察
           ・CODパックテストや透視度計を使って実験
           ・自然観察

●内容

・船に乗り霞ヶ浦の泥などを観察
 11人前後に分かれた子供たちを国土交通省の船に乗せ、霞ヶ浦の水の色や濁り具合などを見た後、白い円板を沈めて透明度を測定した。その次にエクマンバージ採泥器で湖底の泥を採取し、色・匂い・手触りなどを体験した。最後に5分程度のクルージングを行った。

・CODパックテストや透視度計を使って実験
 最初に透視度計を実験を行った。透視度計に水道水と湖水を順番に入れて、何センチのところで底にある印がはっきりと見えるか確認した。次にCODパックテストのチューブを各2本ずつ渡し、水道水と湖水を入れて5分後に色の違いを観察した。

・自然観察
 学習棟の前の広場で花や虫などの自然観察を行った。マメ科植物を抜いて根粒の確認などを行った。

●スタッフ感想

【浅部】
好天に恵まれ、また風もなく船に乗ることができて良かった。船上での実験では大きな事故もなく良かった。湖底からとった泥の匂いを嗅いだり触ったりする実験では、最初嫌がっていた子供もいたが、最後は全員がちゃんと体験していた。透視度計を割ってしまった子供がいたが、怪我が無くて良かった。透視度計で霞ヶ浦の水の透明度を測ったら、上まで入れても印が見えてしまっていた。水がきれいなのは良いことだが、実験としては上手くいかず複雑だった。CODパックテストでは水道水と湖水の汚れ度合を目の当たりにして、いかに水が汚れているのか勉強になったと思う。自然観察はもう少し下調べをしておくべきだった。

【長田】
この回は初めて参加した上に準備不足で、分からないことだらけで特に午前の子供たちと保護者の方々に申し訳なかったです。
 
・実験班
事前に透視度計の使い方は実際に使いながら教わるべきだったと思いました。霞ヶ浦の水の透明度が高く、透視度が計れなかったので「予想以上に透明であることが分かった」「この実験では測れない」と結論付けてしまったのですが、それでよかったのでしょうか。もっと長い透視度計があるなら来年はそれを使わせていただきたいと思いました。また、あまりに時間が余ってしまって困りました。顕微鏡を一つ持ってきてプランクトンの観察などができたら良いかもしれません。

・自然観察班
どのようなコースを行けばいいかも分からず、主に見られる植物も全く知らなかったので、事前にスタッフ間で打ち合わせをしておくべきだったと反省しました。
草花や昆虫の図鑑を持っていなかったので調べることすらできませんでした。先生や他のスタッフの方で図鑑を持っている方がいれば、自然観察の班の子供たちや担当スタッフに貸してくださればより良い観察ができると思いました。

【新井】
午前中スタッフ間での分担と連携がうまくいかなかった。事前に話し合って決めておくべきだった。
野外観察は、季節の植物を押さえる必要があるので現場下見が必要。
例年の場所より霞ヶ浦の水が澄んでいた。
船の時間が限定要因だとスタッフが把握しておくべきだった。
引き継ぎ資料として、植物観察した回は何が生えていたかのリストを作るのはどうか。         

記入者

筑波大学大学院 人間総合科学研究科 フロンティア医科学専攻1年
浅部 幸紹

タグ:

 2012年5月6日    平磯海岸

●目的

平磯海岸のタイドプールにいる生き物を観察し、生き物の種の多様さと分類に興味をもたせ、海に生物の起源があることを意識させる。

●参加者

講師: 芳賀和夫

スタッフ: 三浦一輝・浅部幸詔・村岡祐輔

午前: キッズ55人 保護者51人

全参加人数: 講師1人、スタッフ3人、キッズ55人、保護者51人    計110人

●時程

8:45~    受付

9:00~    駐車場から観察の岩場に移動・説明・道具配布

海岸にて芳賀の説明を聞く様子

海岸にて芳賀の説明を聞く様子

9:10~    潮だまりの生き物採集開始

10:10~   生き物同定・分類

10:30~   採集された生物について解説

11:15    終了・解散

●内容

1、生き物採集

熱帯魚網と小さなプラスチックバケツを一人一つずつ配布し、タイドプールの生き物の採集を行った。この時に、生き物の分類を意識してもらうために、各分類群1種のみを採捕してきて良いというルールのもとで子供たちは採集を行った。

採集を行う様子

採集を行う様子

 

2、生き物同定・分類、採集された生物について解説

採集された生物の同定・分類を行い、それぞれの分類群をバットに移して観察をした。それぞれがどのような生物で何の分類群の仲間かを、芳賀、村岡、三浦が解説をした。

子供たちの目の良さもあり、多くの生物が採集された。

採集されたイダテンカジカOcynectes maschalis

 

●スタッフ感想

【三浦】

平磯海岸にて生き物観察を行った。子供たちの目の良さと潮の引きの良さ(月が近いため潮のひきが強かった)から、多くの生き物が採集されてとても楽しい回であった。課題としては、各生き物をバットに移して観察したが回すにも大人数が観察するにも見にくかった。次回はアクリルケースや水槽もバット共に用いて効率よくかつ面白く生き物を観察できるようにできたらよかったと思う。また、解説にももう少し絞って解説できたらよかったかと思う。

【浅部】

今回は天気も良く、風もなかったため磯採集には好都合だった。駐車場から磯場まで少し歩かなければならず、列が縦長になってしまった。歩道があったので大丈夫だったが、交通量もあり注意が必要。天気が良かったこともあり、沢山の生き物を採集する事ができた。最後にとってきた生き物の説明をする時、人が多過ぎて後ろの方の子供は見えなかったと思う。

【村岡】

たくさんの種類の生物を採るようにというアナウンスは良かった。
聞いていなかったのでわからないが、もししていないのであれば、ひっくり返した石は裏表に気をつけて元に戻しすようアナウンスしてほしい。再生するのに年単位の時間がかかることもあるので。
毒のある生物について予備知識を与えても良いのでは?
もう少し広いテーブルがある見る側も解説する側も楽だと思う。

 

 

記入者

三浦一輝

生命環境学群 生物資源学類3年

タグ:

2012年5月3日    筑波大学2B503

●目的

工作したツルグレン装置を用い、土から動物を採集して観察する

●参加者

講師:芳賀先生、堤先生(植物園所属)

スタッフ:秋山茉莉花、梅谷絵梨香

キッズ:キッズ:14人 保護者:7人

●時程

9:15   受付開始

10:05  導入とツルグレン装置の作り方のお話、装置の作成

10:50  土壌採集

11:20  ツルグレン装置の設置

11:40  昼休み

12:40  片付け

13:03  双眼実体顕微鏡の使い方の説明、観察開始

14:30  まとめ、片付け

14:55  解散

●内容

1、導入のお話

土壌とそこにどんな種類の動物がすんでいるのかについて、写真を多用したpowerppointを用いて芳賀先生が解説した。

<topics>
・タカチホヘビを見つけたら珍しい!
・ツルグレン装置を用いると、光と熱をさけるために土壌動物を下で集めることができる。
・『日本産土壌動物』の新版の原稿(アザミウマ)を芳賀先生が現在執筆中。

2、ツルグレン装置の作り方

用意するもの:はさみ、両面テープ、黒い紙、アルミ皿、園芸用の鉢立て、ざる

①黒い紙を扇形に切って、両面テープで端を貼り、円錐を作る。
②アルミ皿の底を切り抜いて脇に切れ目を入れる。
※脇に切れ目を入れると穴が大きすぎ、土を入れたざるが落下してしまうことが何度かあった。
③園芸用の鉢立てにアルミ皿、黒い紙、ざるをセットして完成。

3、土壌採集

用意するもの:ビニールの手袋、ビニール袋

雨が激しく降る中、本部棟北駐車場と東大通りの間の森で土壌を採集した。表層の落ち葉と10cm程度掘った、雨に濡れていない土壌を採集した。

4、ツルグレン装置の設置

用意するもの:ツルグレン装置、白熱電球(実験室の備品)、70%エタノール、蓋付きの容器

①土をざるに入れ、ツルグレン装置にセットする。
②蓋付きの容器に70%エタノールを少量入れ、ツルグレン装置の穴の下に設置する。
③上から白熱電球で照らして1時間置く。

5、観察

用意するもの:双眼実体顕微鏡(実験室の備品)、スポイト(実験室の備品)、つまようじ、図鑑(配布した)、筆記用具(各自)

双眼実体顕微鏡を用いて、採集した動物を観察した。試料を扱う際には、スポイトや、つまようじを適宜用いた。図鑑は茨城県立自然博物館発行の「博物館での野外シリーズ9 身近な土の中の生き物」を用いた。
子どもたちは持参したノートにスケッチをしたり、見つけた動物は配布資料に印を付けたりして、思い思いに観察した。他の子どもの顕微鏡を覗きに行く様子も見られ、積極的に取り組んでいた。

<見られた動物>
ガガンボの幼虫、ワラジムシ、アブの幼虫、ジムカデ、アリヅカムシ、トゲトビムシ、カマアシムシ、ヒメミミズ、カの幼虫、アヤトビムシ、イシムカデ、マクラギヤスデ、ダニの仲間、アザミウマ、コムカデ、イボトビムシ、ジグモ

6、まとめ

用意するもの:ツルグレン装置持ち帰り用の袋、紙片、鉛筆

試料を持ち帰る場合の、ラベル作成の方法を芳賀先生が解説した。生物名・採集者・採集地を鉛筆で紙片に書き、エタノールの入った容器に入れておく。

●スタッフ感想

【秋山】
雨では土壌動物が土の表層にはいなくなるのではないかと懸念していたが、多様な動物を観察することができた。採集用のツルグレン装置の工作が容易で、観察の時間がたっぷり取れたのも良かった。子どもたちは非常に積極的に観察をし、顕微鏡の中の世界に驚いていた。参考資料が小冊子しか無かったので、もっと詳しい図鑑があっても良かっただろう。

【梅谷】
あいにくの天気でしたが、土壌動物がちゃんと見れてよかったです。
キッズを分けて複数ヵ所で土を採取し、観察できる土壌動物に違いがあるかなどもおもしろいのではないでしょうか。
雨天であることがほぼ確実であれば、晴れのうちに土を採取して当日同様に光をあて、比較するのも良いかと思います。
ろうととざるを支えるアルミの皿は切れ込みを入れすぎるとゆるんで土ごと落ちてしまうようです。
最後に自分たちが見た動物を黒板に書き出しましたが、せっかくなので珍しい動物がいれば「〇〇くんの所で見れるよ」など見せ合いを促してあげるといいかもしれません。

記入者

秋山茉莉花

生命環境科学研究科 生物科学専攻 博士前期課程1年

タグ:

2012年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー