芳賀サイエンスラボ

甘くなるでんぷん

Posted on: 2012年7月21日

2012年7月21日    霞ヶ浦環境科学センター

●目的

どのようにでんぷんが甘くなるか実際に体験する。

●参加者

講師: 芳賀先生

スタッフ: 浅部 幸紹、折原佳奈、時田恵実

午前:キッズ 14 ,保護者 4
午後:キッズ 7  ,保護者 7

全参加人数:講師 1 ,スタッフ 3 ,キッズ 21 ,保護者 11   計 36

●時程

【午前】
~9:30 受付
9:30~9:45 芳賀先生お話
9:45~11:00 実験
11:00~12:40 休憩
12:40~13:10 受付
13:10~15:00 実験

●内容

 最初に一人一人に配られたアミラーゼを含む薬(新タカヂア錠)をハサミで半分に割り乳鉢で粉末状にした。その次に片栗粉をお湯で溶いた。このとき、アミラーゼを加える前の味や、ヨウ素デンプン反応によって青紫色に変色することを確認した。その後新タカヂア錠を加えて15分ほどアルミ箔でふたをして静置した。15分後実際になめてみて甘くなったことを確認し、再びヨウ素デンプン反応を行い、青紫色に変色しないことを確認した。

●スタッフ感想

【浅部】
当初の参加予定人数はとても多いという話であったが、実際に参加した人数は少なかった。そのため子供たちにしっかり目をむけることができたと思う。今回の実験はハサミやお湯を使う実験であったが、怪我もなく終わってよかった。
 実験ではお湯を加えて粘り気があった片栗粉が、アミラーゼを加えることによってさらさらな液体に変化し、味も甘くなることに子供たちは驚いていた。

【折原】
子供たちがすごくかわいかった。実験のことを小学生に説明するのにどうすればわかってくれるかを考えながら説明するのは難しかった。

【時田】
子供たちが積極的に話してくれて思ってたよりすごく楽しめた。
テーブルに1人できない子がいたとき、その子にかかりっきりになってしまった。出来ない子をちゃんと見るのも大事だが、不公平さを他の子に感じさせない努力も同じくらい大切だと感じた。

       

記入者

筑波大学
浅部 幸紹

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

2012年7月
« 6月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。