芳賀サイエンスラボ

飛び出せ、3Dを科学する

Posted on: 2012年9月23日

2012年9月23日    筑波大学2B501

●目的

テレビや映画、ゲーム機など今話題の3Dについて、その飛び出して見える原理を理解させる。また、人間の目の仕組みや物が見える原理について理解させる。

●参加者

講師:久保利加子、芳賀和夫

スタッフ:雨宮萌恵

午前:キッズ22人(男12人、女10人) 保護者15人
午後:キッズ28人(男16人、女12人) 保護者23人

参加合計人数:講師2人、スタッフ1人、キッズ50人、保護者38人 計91人

●時程

<午前>
9:15-  受付
9:40-  芳賀講話、久保さんの紹介、久保講話
9:50-  実験
1.赤青めがねを使って3D体験
2.いろいろな写真と自分の描いた絵で3D体験
10:30- 休憩
10:45- 3.3D装置作り
11:30- まとめと解説
11:45- 終了・解散
<午後>
12:50-  受付
13:20-  芳賀講話、久保さんの紹介、久保講話
13:30-  実験
1.赤青めがねを使って3D体験
2.いろいろな写真と自分の描いた絵で3D体験
14:15- 休憩
14:25- 3.3D装置作り
15:05- まとめと解説
15:15- 終了・解散

●内容

・赤青めがねを使って3D体験
久保さんが製作した装置を使って赤青めがねで実際に3Dを体験した。装置は段ボール製で、中に赤と青のライトが入っており、一部の面にはトレーシングペーパーが貼られ、中身が透けて見える構造になっていた。二色のライトをつけてふとんたたきやワイングラス、旗、スーパーボールなど物質を中に入れるとその影が映し出されるため、それを赤青メガネで見ることで立体的に見えるかどうかを実験した。
・いろいろな写真と自分の描いた絵で3D体験
赤青めがねを通じて写真や絵も立体的に見えるかどうか実験した。写真は赤と青が少しずれた状態で二重に写っているため、赤青めがねで3Dに見えることができた。これをヒントとして、実際に自分の描いた絵でも立体的に見えるかどうかを実験した。ここでは、傘が描かれた紙に赤と青のペンで雨粒を描き足した。
雨粒は、赤の雨粒と青の雨粒が少し横にずれた状態で重なるように描き、赤青めがねで観察した。
また紙とフィルム状の袋にもそれぞれのペンで絵を描き、それらを重ねて赤青めがねで見たとき、片方の目をつぶって片目で見るようにすると、見える絵が異なることを実験した。
・3D装置作り
家に持って帰れるように、久保さんが使った装置と同様のものを工作した。ここでは、2つ連なったLEDライトに赤と青のセロハンを貼り、二色のライトとした。また投影するものには輪ゴムとリースを使い、割り箸にはさんで投影させた。
・まとめと解説
実験のまとめと解説を久保さんが偏光板やコーンなどの道具を用いて説明してくれた。
まず、どうして人は物を見ることができるのかを説明した。物が見えるのは、蛍光灯や電球等の光がその物体に当たり、それが反射して目に届き、情報が脳に届くためである。そのため、赤青めがねを用いて赤だけ、青だけが見えるように仕掛けると、赤と青の光の線が交わるところにものがあると錯覚する。これが物
が飛び出して見える3Dの原理である。

●スタッフ感想

最近何かと話題になっている3Dについて、その原理を科学的な立場から考えることができてとても魅力的な活動でした。今回はほとんど久保さんが実験を進めてくださり、キッズや久保さんの補助しかできませんでしたが、「飛び出して見えるのはどうして?」という問題提起に始まり、ものが見える仕組みや飛び出して見える仕組みについて様々な道具を用いて説明してくださいました。普段の活動において、私はややこしく難しい内容をキッズに理解させることより、楽しんでもらいたいという気持ちが強かったのですが、複雑な仕組みを説明しながらも、子どもたちを満足させ、納得させるようなやり方にとても感動する回となりました。

記入者

雨宮萌恵

生命環境科学研究科 生物科学専攻 博士前期課程1年

広告
タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

2012年9月
« 7月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。