芳賀サイエンスラボ

Archive for 12月 2012

2012年12月15日 霞ヶ浦環境科学センター
●目的

正方形の紙から複雑な形を作る、オリガミクス体験。

●参加者
講師: 芳賀先生
スタッフ: 今村優希、本多健太郎、浅部幸紹、新井佑子
午前:キッズ12人(Ⅱ:11人、Ⅰ:1人)/保護者8人
午後:キッズ6人(Ⅱ:6人)/保護者1人
参加者計: 講師1人、スタッフ4人、キッズ18人、保護者9人 計32人

●所要時間
【午前】
9:15- 受付
9:35- 芳賀講和
9:43- ①対角線の作成
9:53- ②正六芒星作り
10:30- 2個目の正六芒星作り
10:40- 休憩(2個目を作り終えた人から)
10:50- ③正五角点星作り
11:23- 2個目の正五角点星作り
11:48- ④まとめ・解説
11:55 終了

【午後】
12:45- 受付開始
13:05- ①浅部講和(対角線の作成)
13:25- 芳賀講和
13:30- ②正六芒星作り
13:58- 2個目の正六芒星作り
14:22- ③正五角点星作り
15:00- 2個目の正五角点星作り
15:17- ④まとめ・解説
15:20 終了

●材料と事前準備
折り紙・定規・クリップ・モール
正三~八角形のプリントされた配布資料

●内容
①芳賀講和・対角線作成
キッズが実際に、定規を用いて配布資料の正三~八角形に規則性をもたせた(一個おき、二個おき)対角線を作成した。その後、芳賀先生が対角線から星ができることを説明し、それらの星は一筆書きできると解説した。

午後はこの部分を浅部さんが行ってくださった。

②正六芒星作り
ダビデの星とも呼ばれる、正六芒星を正方形の色紙で作成した。芳賀先生が前で解説しながら折り、みんなでそれに続く形。スタッフはそのサポートをした。折り目を付けるためには、定規の短い面を用いた。60°を作るためのZ定規も作成し、難しいながら完成することができた。

その後、先生の解説なしで2回目の正六芒星作成をした。

③正五角点星作り
芳賀先生が正五角点星に関し、ペンタグラムと呼ばれることが多いこと、一角36°であることなどの解説をされた。36°を作る方法を、対角線を引いた五角形とその頂点を通る直線で説明されてから、正五角点星(いわゆる★)作りを同じく正方形の色紙で行った。進行は正六芒星同様。正五角点星の完成後、星にクリップでモールを付けてクリスマスの装飾などに使えるようにした。
その後、先生の解説なしで2回目の正五角点星作りをした。

④まとめ・解説
最後に、芳賀先生がsinを使ったより正確な36°の作り方を大人向けに解説された。また午後には、どんな長方形の紙からでも作ることのできる「カハガ箱」の紹介をされた。

●スタッフ感想
<今村 優希>
*改善点
後ろのほうの席に座っている子は、前のホワイトボードが見にくいようであった。前方の席にもっと座ってもらうことができたように感じる。また、キッズを優先的に中央に座ってもらうなどすれば、少しは緩和されたのかもしれない。
*感想
今回のオリガミクスは、正確に折らなければ後できれいな星が出来上がらず難易度が高かったが、全員が完成できていた。人数が少なく、スタッフが細かくキッズの進み具合を見ることができたのはよかったと思う。1回目に苦戦していた子も2回目には折り方を習得しており、休憩時間にすすんで3枚目を折っている子もおり、皆楽しんでいるように思えた。

<浅部 幸紹>
*改善点・ 感想
今日の参加者は少なかったが、その分一人一人に対して多くの時間を割く事が出来た。今回のオリガミクスは低学年の子には難しい所があったが、スタッフが近くにいたので最後まで作り上げる事ができた。最初は一枚の紙から六角星や五角星が出来るのは信じられなさそうな顔持ちだったが、最後は笑顔になってくれたので良かったと思う。
<本多 健太郎>
*改善点
折り紙の色について、濃い色から薄い色までが段階的に入っているものであったため、午前の会のうちに彩度の高い紙が大方なくなってしまった。1枚目は多くの場合きれいには作れないので、始めのうちは淡い色を配り、2枚目、3枚目で子供の好きな色を選んでもらった方が気に入った色と形のものを持って帰ることができたのではないかと思う。
*感想
折り込みの行程がトリッキーで驚きがあったので楽しく取り組む子が多かったように思う。また各ステップにおいて正確かつハッキリと折り目をつけていかなければならないことが多かったが強調して説明がなされておりそれが原因で大きく失敗する子を少なく抑えられていたように思う。

<新井 佑子>
*改善点

作業手順をメモしながら折り紙をしていたキッズがいた。帰るときに手順書をコピーして渡すことにすれば、より作業に集中してもらえるのではないか。

*感想

キッズの人数は少なかったが、難易度を考えると少なめの方がよかった。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類2年
今村 優希


2012年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー