芳賀サイエンスラボ

Archive for 1月 2013

2013年1月20日    霞ケ浦環境科学センター

●目的

太陽光を利用した実験を行うことで、太陽光のパワーを実感すること

 

●参加者

講師: 芳賀先生

スタッフ: 時田 恵実、浅部 幸紹、田畑 顕一

午前:キッズ 13、保護者 8

午後:キッズ 11、保護者 7

全参加人数:講師 1、スタッフ 3、キッズ 24、保護者 15    計 43

 

●時程

<午前>

~9:35 受付

9:35~9:55 芳賀先生のお話

10:00~10:45 ソーラークッカー(太陽光を集めるためのもの)作り

→作ったものは太陽の当たる場所に1時間程度放置する

10:55~11:10 光電話の作り方説明

11:10~12:00 光電話作り

12:00~12:10 外のソーラークッカーを取りにいき、温めたものの温度を確認

<午後>

~13:05 受付

13:05~13:35 芳賀先生のお話

13:40~14:20 ソーラークッカー作り

14:20~14:35 光電話の作り方説明

14:35~15:25 光電話作り

15:25~15:35 外のソーラークッカーを取りにいき、温めたものの温度を確認

 

●内容

太陽光を利用しておしるこを温める‘ソーラークッカー’と、‘光電話’を作った。

まず、芳賀先生からソーラークッカーの作り方の説明があった。その後実際に工作を開始。工作が終わったらソーラークッカーを屋外に設置しにいき、1時間放置する間に光電話を作った。1時間弱が経過した頃、ソーラークッカーを回収に行き、おしるこの温かさを計測した。

 

●スタッフ感想

【時田】

なにより、晴れて本当に良かったと思います。子どもたちも「なんで丸くするの?(ソーラークッカーを)」や「これでいいの?」などと積極的に話しかけてくれて、楽しそうに工作を進めていたので良かったです。子どもたち同士で教え合ったりする場面も見られ、全体的に雰囲気もよかったと感じました。今後も、先生と子どもたち、私たちスタッフと子どもたち、という交流だけでなく、‘子どもたち同士’という交流も推進していけたらいいと思います。また、先生の指示にこだわりすぎて(「テープを10センチ」と言われたら1本ずつ定規できっちり測っていました。)作業が遅れてしまう子がいたのですが、その子をうまくみんなの作業の波に乗せることができなかった点が反省点です。

【浅部】

今日は午前午後とも参加者の人数がちょうど良く、子どもたち1人1人に目を配らせることができた。また、怪我がなくて良かった。今回はソーラー・パワーということで天候が心配だったが、午前午後とも晴れたので良かった。子どもたちはみんな一生懸命に工作に励んでいて良かったと思う。今回は工作に使うものが多く、机の上が煩雑となってしまった。もう少し意識して片付けながらやらせればよかったと思う。ソーラークッカーは大成功だったが、光電話は音が聞こえず残念だった。

【田畑】

感想 )参加してくれた子達は科学や仕組みにとても興味を持って来てくれていたので、説明もしやすくみんなと楽しく実験をすることが出来ました。自分自身も身近な実験をすることは無いので勉強になることもあり、充実した時間を過ごせました。

反省 )左利き用のはさみを分かりやすいように準備した方がよいと思いました。ビニールテープはセロハンテープではだめなのでしょうか?小さい子はテープを引き伸ばすのに手間取ることが多く、時間に追われてしまっている感がありました。

記入者

時田 恵実

2013年1月12日    霞ケ浦環境科学センター

●目的

サイエンスを種にしたマジックを楽しみ、仕組みも学ぶ

●参加者

講師:芳賀和夫

スタッフ:関口、浅部、新井

午前:キッズ12人  ,保護者5人

午後:キッズ12人  ,保護者5人

全参加人数:講師  ,スタッフ  ,キッズ  ,保護者     計 37人

 

●時程

<午前>
9:30 集合 芳賀先生によるマジック

・消えるマッチ

・五円の穴

・坂を登る缶

・消える水

・一円の穴

 

10:30-11:30 スタッフによるマジック、3グループに分かれローテーションした

テーブル1(関口)爪楊枝ボート、感熱紙マジック、新聞紙で割り箸を割る

テーブル2(浅部)ストローを吹いても紙がくっつく、秤を使わず重さを量ろう

テーブル3(新井)穴があいても水が漏れないビニール、浮く一円玉

 

11:30- 芳賀先生によるマジック

・手を叩くと色が変わる(振動反応)

・立つコルク

 

11:45解散

 

【午後】

プログラムは午前と同様

13:00集合

14:45解散

 

 

●内容

(芳賀先生)

・消えるマッチ

・五円の穴

・坂を登る缶

・消える水

・一円の穴

・手を叩くと色が変わる(振動反応)

・立つコルク

 

(スタッフ)

爪楊枝ボート、感熱紙マジック、新聞紙で割り箸を割る

ストローを吹いても紙がくっつく、秤を使わず重さを量ろう

穴があいても水が漏れないビニール、浮く一円玉

 

●スタッフ感想

(浅部)

今回はサイエンスで手品ということだったが、子供達が大人しい子が多く、あまり大きな反応がなく残念であった。しかしみんなもくもくと工作したり、実験に真剣に取り組んだりしていた。子供達は楽しんでいたようで良かった。

今回は一人20分の持ち時間だったが、工作では遅い子がいたりしてぎりぎりであった。実験を一個にしてじっくりやるか、もう少し時間のかからない実験をやれば良かったと思う。

 

(関口)

感想:久しぶりに子ども達との交流が出来、非常に楽しかった。また、科学手品を前に目を輝かせる様子はとても可愛らしく素晴らしい時間を過ごせた。

 

反省:保護者から詳しい説明を求められ、詳しくは知らなかった為、分からない、と答えてしまった。しっかりと予習を行うべきだと痛感した。ない実験をやれば良かったと思う。

 

(新井)

感想:反応が静かな子供が多かったが、問いかけると答えてくれるなど、参加はしてもらえたようなので良かった。

 

反省:思ったよりも反応が静かな子供が多かったが、マジック前の問いかけなどを工夫すると反応が変わったので、スタッフはマジックだけでなく話しかけ方も練習したほうがいいと思った。また、スタッフによって終了時間がずれたため、早く終わった班が松ということも起こっていた。スタッフはきちんと時間を把握して進めるべきだったと思う。

 

記入者

新井佑子


2013年1月
« 12月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー