芳賀サイエンスラボ

JAXAで宇宙食

Posted on: 2013年3月14日

2013年1月13日   JAXA 筑波宇宙センター

●目的

人工衛星、宇宙食、ロケットなどの仕組みを知る。

●参加者

講師:芳賀先生、JAXA 本橋さん、船橋さん

スタッフ:今村 優希、網本 総一郎

午前:キッズ27人、保護者28人

午後:キッズ14人  ,保護者13人

全参加人数:講師 3人,スタッフ2人  ,キッズ41人  ,保護者41人

計 87人

●時程

【午前】

~9:45 受付

9:45~9:50 芳賀先生講話(講師の紹介)

9:50~10:00 ①実験Ⅰ

10:00~10:33 ②展示館の見学

10:33~11:30 ③船橋さん講和

11:30~11:55 ④芳賀先生講和

11:55~11:56 ⑤本橋さんのお仕事紹介

【午後】

~13:05 受付

13:05~13:10 芳賀先生講和

13:10~13:20 ①実験Ⅰ

13:20~14:05 ②展示館の見学

14:05~14:55 ③船橋さん講和

14:55~15:27 ④芳賀先生講和

15:25~15:30 ⑤本橋さんのお仕事紹介

●内容

①実験Ⅰ

外に出て、紐の先におもりとして小さな玉をつけたものを回した。この紐の長さで引力を表し、紐が長くなればなるほど(引力が大きくなればなるほど)回転速度が遅くなることを体験した。この速度が地球のまわる速度と同じならば、常に私たちの頭の上にいることになるのだと話された。

②展示館の見学

展示館の中を、本橋さんが案内して下さった。

③船橋さん講和

宇宙食のお話。

宇宙食に必要な条件は、長持ち・食中毒にならない・食べるときに散らばらない・燃えたとしても有毒ガスっが出ないこと、だそう。

このほかにも、宇宙食の歴史、宇宙での生活・・・など宇宙飛行士の生活についてさまざまなお話をお伺いした。

このお話をお聞きして、キッズからは果物や生野菜は食べれないの?歯磨きはどうしてるの?など様々な疑問が挙がり、どの質問にも親切にお答えいただけた。

④芳賀先生講和

街で売っている宇宙食に近いものとして、非常食を何点か見せてくださった。また、宇宙エレベーターという新しい宇宙に行く方法について紹介された。材料のカーボンナノチューブを小惑星を捕まえて調達する、というお話にはキッズも非常に驚いていた。

⑤本橋さんのお仕事紹介

本橋さんは、カーナビの位置を正確に把握する人工衛星の「みちびき」を担当されているということで、キッズはそのグッズまで頂くことができた。

●スタッフ感想

【今村】

今回はJAXAの方の貴重なお話をお伺いできた、非常に有意義な回でした。キッズにさまざまな視点から宇宙について知ってもらうことができて、よかったと思います。キッズからも積極的に質問が出ていたので、楽しんでいたのではないかと思います。

改善したい点としては、展示室を見学させていただいた際にマイクを使用できればよかったと思います。せっかく本橋さんのご説明をお聞きできる機会なのに、人数が多かったので後ろのほうのキッズは説明を聞けておらず残念に思いました。

【網本】

今回は初めてのサイエンスキッズだったので緊張しましたが無事終えることができてよかったです。
芳賀先生の振り子を使った静止衛星の実験は子供たちも楽しめ、分かりやすくてよかったと思います。
反省としては午後の部で僕が部屋で待機していたら振り子の実験が何時の間にか終わっていて、
展示室にいた優希さんや子供たちが展示物の裏で発見出来なかったので、入口から覗くだけではなくきちんと中を確認すべきでした。
今後はあらかじめ誰が部屋で待機して誰が実験の手伝いをしていつ頃合流するかなどの打ち合わせをしておこうと思いました。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

2013年3月
« 1月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。