芳賀サイエンスラボ

【春特】電池なしで聞こえるラジオ

Posted on: 2014年3月21日

2014年3月21日 於 霞ヶ浦環境科学センター

●目的
ラジオ制作を通して、電波についての事象や電子工作のたのしさを学ぶ。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 長澤亮、戸嶋知春、坂入愛

午前:キッズ27人/保護者20人
午後:キッズ21人/保護者9人

参加者計: 81人

●所要時間
【午前】
ガイダンス 30分
ラジオ作り 1時間
電波の受信 45分
まとめ 15分

【午後】
午前に同じ

●材料と事前準備
ゲルマニウムラジオキット

●手順
1、電波とは何かなどの講義、ラジオのパーツの説明
2、電子工作キットを用いて、はんだ付けをしてラジオを制作
3、芳賀先生が用意した大きいアンテナとラジオのアンテナを接触させ、ラジオ体操や野球の中継といった放送を受信
4、この装置でどのようにラジオ放送を受信しているかの解説

●スタッフ感想
<長澤>
はんだごてを扱ったが、それに対するやけどの手当をする準備が不足していたと思います。人数は午前が多く、それだけ子どもたちの距離も子どもとはんだごての位置も近いので注意することは多かったです。なかなか作ったラジオで音が拾えない子どももいてなぜだろうと一緒に考えて音が聞こえるようにするのも電子工作の醍醐味であるため、今回自分で回路を作ることに興味を抱いていただけたらうれしいです。サイエンスキッズを卒業してしまう子どももいて、来年中学生になる子どももいて、移り変わりの時期ではあったが、学年が上がってもまた来てねの声掛けを多くできたことが良かったです。

<戸嶋>
はんだ付けをしながら、電池の必要のないラジオを作るということで、電池を使っていないため、ラジオが聞こえるのかどうか心配でしたが、ほとんどの子がラジオを聴くことができてよかったです。半田ごてを一度も使ったことのない子ども達ばかりで、コツをつかむまでは少し難しいように感じました。何人か基盤にコテを長時間当てすぎたために、熱で基盤が壊れてしまう子もいたので、長時間の当てすぎには注意が必要だと感じました。基板が壊れてしまった場合でも、抵抗などの取り付け後切り取った不必要な金属部分を組み合わせ、ラジオとして動かすことはできました。ラジオがしっかりと動くかどうかの確認としては、テレビのようなノイズの大きい電子機器の近くに、アンテナを当てることで、「ジーッ」という音がするかどうかで確認することができます。もし、この時点で音が確認できない場合は、回路に繋がっていない状態の部分が存在するので、確認が必要です。特に多かったのは、コイルの色のついた非伝導部にはんだ付けがしてあり、電気が流れない状態となっている場合です。色のついた部分を加熱することで、被膜を溶かすことができるので、しっかりと溶かしてあるか確認が必要でした。保護者の方で、半田ごての経験がある方も複数人おり、手伝っていただけたので、気を付けなければならないポイントだけしっかりとつたえることができれば、より多くの子供たちが最初からはんだ付けの成功したラジオを作ることができたと思います。

<坂入>
ほとんどの子どもがはんだごてを扱ったことがなかったため、みんな苦戦していましたが、それでも多くが自分で音の聞こえるラジオを作れていたので、「自分で作れた」という喜びが大きかったと思います。今回の反省としては、やけどをしてしまったり、熱の加えすぎで基盤が壊れてしまったりということがあったので、はんだごてを扱うにあたって、使い方の説明のしかたをもう少し工夫しておけばよかったです。聞こえない場合の多くははんだがうまくついていないことが原因であったので、調整をして、ほとんどの子どもがラジオで音を聞くことができました。また、最初に音が聞こえない子どもに対して、聞かせてあげたりといった気づかいが見られて素敵でした。初めてのはんだ付けでみんなどきどきしているのが伝わってきました。これを機に電子工作へも関心を持ってくれたら良いなと思います。

 

記入者
筑波大学 生命環境学群生物資源学類1年
坂入 愛

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

2014年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。