芳賀サイエンスラボ

Archive for 4月 2014

2014年4月26日(土) 於 筑波実験植物園、筑波大学多目的グラウンド

●目的
子供たちに植物を観察してもらい、帰化植物について理解を深める。

●参加者
講師: 芳賀先生
スタッフ:岡安祐佳、福田あずみ
午前:キッズ6名/保護者6名/キッズ外(キッズの御兄弟)2名
全参加者人数 講師1名、スタッフ2名、キッズ6名、保護者6名、 キッズ外2名、計17名

●所要時間
【午前】
9:00~   受付
9:30~   芳賀先生から説明
9:40~   筑波実験植物園見学
11:00~  筑波大学多目的グラウンドにて、帰化植物の観察
12:00    終了・解散

参加人数が少なかったため、午前中のみ実施。

●内容
筑波実験植物園見学
植物園内を研究員の方に案内して貰いながら、見て回った。クイズや写真を見せながらの解説を頂いた。また、セコイヤ・メタセコイヤの違いでは落ちている種を拾って比較したり、バニラの木では匂いを嗅いでみるなど、子どもの興味を引くような説明も多く行って頂いた。上記の他、野菜の花(様々な菜の花)・コシガヤホシクサ・着生植物などについても観察を行った。

帰化植物の観察
筑波大学内の多目的グラウンドに移動して、植物の観察を行った。事前に調べていた植物については、その名前を一覧にしたプリントを芳賀先生が作ってくださった。これを子どもたちに配布し、見た植物に丸をつけてもらった。名前のわからない植物や、疑問に思ったことは芳賀先生とスタッフに聞いてもらうことで解決した。最後に、多くの子どもたちが見つけられなかった植物については全員を集めて、実物を見せ、芳賀先生からご解説頂いた。

●スタッフ感想
生命環境科学研究科 生物科学専攻1年次 岡安祐佳
 植物園見学では、研究員の方からていねいな解説をしてもらいながら、見学をすることが出来ました。知識が無いと注目できない植物の紹介も多く、普段自分たちだけで回るのとは一味違った植物園を感じてもらえたのではないかと思います。しかし、移動の際は子どもたちがそれぞれ見たいものの方へ行ってしまい、大きく広がってしまうことがありました。注意を促すと一旦は戻ってくれましたが、再び興味があるもので立ち止まってしまう、ということもありました。子どもたちの興味は優先したいですが、集団としてのまとまりを持った行動に誘導していけるように、気をつけたいと思いました。
 多目的グラウンドでは、子どもたちが積極的に植物を観察するとともに、質問もたくさんしてくれました。「面白い形!」や「この花きれい!」など、それぞれの草花について感想を持ってくれたようだったので、気に入った植物だけでも子どもたちの印象に残ってくれたらと思います。
また、今回のテーマは「帰化植物」でしたが、興味を持った子どもは少なく、帰化植物への理解が進まなかった点が、大きな反省点だと思います。この要因には、帰化植物が何なのか伝えないまま観察を始めてしまったことや、ほとんどの植物が帰化植物であり探すことのわくわく感が持てなかった、ということが挙げられます。始めに帰化植物の説明をしてから観察を開始する、また、反対に在来植物を探してもらうといった形の方が、子どもたちにも興味を持ってもらえたかも知れないなと感じました。

生命環境科学研究科 生物科学専攻1年次 福田あずみ
今回のサイエンスキッズは植物園の見学と筑波大学構内での観察会との二部構成でした。植物園見学では、施設職員の方の案内の元、園内の一部を見て回りました。噛み砕かれた丁寧な解説やクイズ形式での問いかけに子どもたちも楽しみながら見学が出来たようでした。一方で、横道に逸れてしまったり別のものに興味を惹かれてしまったりするキッズたちの誘導が上手く出来なかったように思います。子どもたちの好奇心を妨げないようにしつつ、集団行動を円滑に進めるのは難しいと感じました。
 後半、大学構内での観察会では子どもたちから次々と質問を受け、子どもたちの意欲の高さを目の当たりにしました。しかし、テーマであった「帰化植物であるか否か?」については子どもたちにはあまり重視されなかったようで、純粋に様々な草花に触れる機会に変 わっていたようにも思います。フィールドの中で爆発する子どもたちの好奇心やエネルギーは素敵なものですが、それを如何に集約し、ただ「遊ぶ」のではなく思考する機会に変えていくかは技量の問われるところなのだと感じました。

記入者
筑波大学 生命環境科学研究科 生物科学専攻1年次 岡安祐佳

広告

2014年4月13日 於 霞ヶ浦環境科学センター・多目的ホール
●目的

自分自身の目や体を使って実験し、身近なサイエンスを体験する

●参加者
講師: 芳賀先生
スタッフ: 狩野絵史子、木村郷子、角田淳平、今村優希
午前:キッズ39人/保護者35人
午後:キッズ30人/保護者28人
参加者計: 151人
●所要時間
【午前】
9:40〜 芳賀先生講話
10:00〜 Black Boxの中を当てる
10:35〜まとめ
10:40〜実験①
11:00〜実験②
11:20〜実験③
11:40〜実験④
11:50〜メビウスの輪作り
〜12:05 終了
【午後】
午前に同じ

●内容

【体を使ったサイエンス】

ハンガーを頭につけると首が勝手に回ってしまう、指を離してじっと見ていると勝手に指がくっついてしまう、壁に横向きで体をつけると壁から遠い側の足をあげようとしても上がらない、壁につま先をつけるとつま先立ちできなくなる…など体をつかって不思議な現象を体験し、それがなぜなのかを考えた。また、重心について学んだ。

自分自身でサイエンス1

【目を使ったサイエンス】

2枚の硬貨をこすると3枚に見える、ラップの芯を片目にあてて両目で手を見ると手に穴が開いて見える、色のついたプラ板を頭の後ろから近づけると色を勘違いする、ものが見えなくなる場所がある、横に振っている振り子が回って見える…など、目を使って不思議な現象を体験し、それがなぜなのか考えた。また、目で物を見ている仕組みを学んだ。

DSCF5078

●スタッフ感想
<狩野>
今年度のキッズの1回目ということもあり、
参加率も高く多くの子に科学の入口を体験していただけたと思います。
個人差はありますが、ブラックボックスでも最初は
ただただ振るだけでしたが、後半はゆっくり傾けるなど、
探り方が変わる様子がみれました。
不思議を体験した時に自然に「なんで?」という言葉が聞けたことがうれしかったです。

<木村>
今回は初めてのサイエンスキッズということで、はじめは緊張している子も見受けられました。しかしブラックボックスの中身を調べはじめると、真剣な顔で箱を調べていて、集中しているようでした。今回の活動から、いろいろなことに疑問をもってもらいたいと思いました。

<角田>
今回は入ったばかりのキッズ3の子どもたちが多かったので、まだ流れがスムーズに行かず、少し戸惑う場面もありましたが、サイエンスキッズの楽しさを分かってもらえていたら嬉しいです。
僕は壁を使った重心の移動に関する部分を担当したのですが、基本的にはどの子どもも思った通りの動きをしてくれました。
「重心」というキーワードをメモしてくれる子どもが多かったです。
午後はコインが3枚に見える実験も行いましたが、これは実物のお金より別のコインを用意した方が良かったと思います。
また、僕がもう少し目の錯覚や身体のバランスの維持について予備知識を用意しておくべきだったと思いました。

<今村>

今回は自分自身を使った実験ばかりだったので、興味を持ってもらいやすかったのかなと思います。「なんでだと思う?」と声をかけると、皆それぞれ考えた答えが返ってきたので嬉しかったです。人数も多く、1人1人に目を配りきれていなかったので、もっと広くキッズに声をかけるようにすべきだったと思います。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類4年
今村優希


2014年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー