芳賀サイエンスラボ

オリガミクス(4)

Posted on: 2014年6月29日

・日付
2014年6月22日(日)

・場所
霞ヶ浦環境科学センター

・参加者
講師:芳賀先生
スタッフ:網本壮一郎、今村優希、梅谷絵梨香
午前:キッズ17人/保護者7人
午後:キッズ8人/保護者1人

・所要時間
【午前】
9:00 設営
9:30 開始
9:40 20箇所の紙上の点に角を動かした時に出来る図形の確認
9:45 三角番地と四角番地の領域探し
10:00 芳賀先生からの説明
10:05 三角番地と四角番地の境界作図
10:40 芳賀先生からの説明
10:45 休憩
10:55 再開
五角番地も含めた紙の内と外の領域作図
11:40 答え合わせ
11:50 芳賀先生からの説明

【午後】
13:25 受付
13:35 開始
13:40 20箇所の紙上の点に角を動かした時に出来る図形の確認
13:50 三角番地と四角番地の領域探し
14:05 芳賀先生からの説明
14:20 三角番地と四角番地の境界作図
14:35 芳賀先生からの説明
14:40 休憩
14:50 再開
五角番地も含めた紙の内と外の領域作図
15:15 答え合わせ
15:25 芳賀先生からの説明

・内容
色のついた面を裏にした正方形の紙を一度だけ折ると色のついた部分が三角形または四角形になる。そこでまず紙の内部に決められた一つの角を折った時、どの場所に角を持っていったときどのような形ができるのかを20か所検証した。角を持っていったとき三角形ができる領域を三角番地、四角形ができる領域を四角番地と仮に呼び、20か所の点の配置から予想される三角番地と四角番地の領域をコンパスを使って作図した。角が一つだけ動くと三角形、二つ動くと四角形になることから三角番地は円の1/4の扇形を二つ組み合わせた時に重なる領域になり、残りの領域が四角番地になった。
また、紙の外に角を持っていった場合五角形が出来る領域がある。そこで今度は紙の外側も含めた領域を考え、一つの決められた角を動かしたときに出来る図形の領域を完成させた。完成した分布図を色分けするとまるで虫の顔のような模様になった。

・スタッフ感想
網本
今回は普段のオリガミクスとは一風変わって紙を一度折って作れる図形の分布域を作成するという内容で最初は慣れないところがあり説明を行いにくかったが、午前の後半や午後ではある程度分かりやすい説明が出来るようになってよかったです。キッズも最初は戸惑っている様子の子が多かったが頭で理解してからは楽しそうにコンパスで作図しており、楽しんでもらえてとてもよかったです。
反省点としてはコンパスのいくつかがネジが緩んでいたり蓋が空かなかったりと不備があったためあらかじめスタッフでどのコンパスなら使えるのかを確認しておけばよかったです。また内容がなかなか難しかったため特に低学年の子は集中出来なかったり、逆に高学年の子は早々と原理を理解して最後はやることがなくなるということがあったので、時間に余裕があればやる予定になっていた長方形での作図などは終わった子から順次渡してもよかったのではないかと思いました。

今村
今回は折り紙でモノを作るオリガミクスではありませんでしたが、コンパスを使ってどういう境界を引けばいいのかと頭を使う内容だったので、集中して取り組んでいたように思います。なぜこの境界線になるのかを理解したとき、子供たちが嬉しそうにしていて私まで嬉しくなりました。
少し難しい内容だったので、低学年の子供たちは苦労しているようでしたが、実際に紙を折りながら示すと納得していました。高学年の子たちは、面積を計算したり、別の形に挑戦したり、+αの楽しみ方をしていました。学年によって反応が大きく違う会だったように思います。
反省としては、午前は境界線の説明が上手くできていなかったので、もっと分かり易く教えられるようにきちんと準備してから臨むべきでした。また、作業に集中できないキッズに楽しんでもらう方法も考えなければならないと思いました。

梅谷
今回は作品を作るのではなく、折り紙のある角 (主頂点) がどこにあるときにどのような形ができるかを調べ領域図を描くという普段のオリガミクスではあまりやらないテーマでした。それでもコンパスを使ったり、色塗りをして、「おもしろかった」という声が聞こえました。「紙内町」の中で領域を調べているときは、ノルマが終わった後も「ここはどうかな、ここがあやしいな」というところを細かく調べていた子はそれなりの結果を導き出せていました。コンパスで領域図を作成する際、なぜ今この線を引くのかを教えるのが苦労したけれども、なんとかキッズたちもついてきてくれてよかったです。しかし難しいテーマであった分、わからない子に普段以上につきっきりになってしまった気がします。色の塗り方には隙間なく塗りつぶす子や斜線で簡潔にまとめる子など様々な個性が感じられて見ていておもしろかったです。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類3年
網本壮一郎

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

2014年6月
« 5月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。