芳賀サイエンスラボ

線虫!どんなにおいが好きかな?

Posted on: 2014年9月23日

2014年9月23日 於 筑波大学
●目的
線虫について知ってもらうこと、また、匂い物質と線虫の行動の関係に興味をもってもらうこと

●参加者
講師: 芳賀先生、坂本先生
スタッフ: 坂本研究室より 新井さん、栗野さん、ダナポーンさん
中井 彩加
午前:キッズ27人/保護者19人/キッズの兄弟6人
午後:キッズ17人/保護者9人/キッズの兄弟2人
参加者計: 86人
●所要時間
【午前】
9:30~受付
9:40~線虫について説明、観察
10:30~実験操作練習、本番(待ち時間は線虫のスケッチ)
11:55~まとめ、解散
【午後】
13:30~受付、線虫について説明、観察
14:30~実験操作練習、本番(待ち時間は線虫のスケッチ)
15:50~まとめ、解散
●内容
坂本先生からの線虫の特徴や変異体について説明後に線虫を観察し、化学走性の実験を行なった。

<線虫の化学走性の実験>
材料
プレート①(6㎝、線虫を保存)
プレート②(9㎝、寒天プレート)
プレート③(9㎝、寒天プレート)
チューブ①(S溶液)
チューブ②(エタノール)
匂い物質
(チューブ③(イソアミルアルコール)黒●(DMSO)赤●(オクタン酸)★(酢酸))
スクレーバー(白金線)
爪楊枝
ピペット
マジックペン

手順
1、プレート②にAとBを結ぶと直径になるような点A,Bと円の中心に印をつける。
2、真ん中にS溶液をたらし、線虫をスクレーバーで3,4匹移動させる。
3、Aにエタノール、Bにイソアミルアルコールを爪楊枝で一滴たらす。
4、3,40分以上たったらプレートを傾けて結果を観察する。
  (プレートの乾き具合で短時間では軌跡がうまく観察できないことも多い)
5、同様の操作をプレート③でも行う。ただし、Bにたらす匂い物質をかえる。
IMG_1318
↑実験の様子
IMG_1317
↑結果が出るまでは線虫のスケッチを行いました。
●スタッフ感想
<中井彩加>
今回は普段は保護者として参加していただいている坂本先生のご協力で、大学で行うような実験をさせていただき、キッズたちにとってはとても貴重な体験になったと思います。ほとんどの子達にとって線虫を見るのは初めてで、興味深そうに観察している姿が印象的でした。実験結果は時間内にうまく観察できませんでしたが、家に帰ってからプレートをのぞいてみて驚いてくれているのではないかなと思います。今回実験は研究室の方々が指示してくださったのですが、観察の際、特に光学顕微鏡を使う際に顕微鏡をのぞきながらステージを上げてしまいプレートを割ってしまった子が何人かいたので、その点に関してはスタッフとしてもっと私がキッズたちに注意を促すべきだったと感じました。また、顕微鏡を用いる際はピント合わせなど毎回キッズたちが戸惑う場面があると思うので、実演しながら説明するなどそのつど丁寧に対応していく必要があると感じました。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類1年
中井 彩加

広告
タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

2014年9月
« 8月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。