芳賀サイエンスラボ

音を吸い取る注射器

Posted on: 2014年11月29日

2014年11月24日 於 霞ヶ浦環境科学センター
●目的
密閉された容器の中の空気を外に出すことで、「音」が小さくなる様子を観察する。そして、減圧によって音が小さくなることを確かめ、音は空気によって伝わっていることを理解する。
●参加者
講師: 芳賀先生
スタッフ: 山本鷹之、中井彩加
午前:キッズ32人/保護者10人
午後:キッズ13人/保護者8人
参加者計: 63人
●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
10:00~11:50 音を吸い取る注射器作り
12:30  後片付け
【午後】
13:30~ 受付と説明
14:00~ 15:50 音を吸い取る注射器作り
16:30  後片付け
●内容
注射器に穴をあけたり、テープでふさいだりと加工をして、ソース差しに連結させた。そして、注射器のピストンを出し入れさせて、ソース差しの中に入った風船の変化を観察したり、防犯ベルの音の大小が変化するのを観察した。
●スタッフ感想
<氏名>山本鷹之
細かい作業や危険な器具を使う作業があったのですが、全員のキッズが怪我することなくそれらの作業を終えることが出来て良かったと感じています。ただ、今回の実験のキーワードは減圧だったのですが、作業中これらのことを伝えることができませんでした。キッズもスタッフも工作に集中してしまい、最も重要な原理現象についての説明がかけてしまいました。そのせいか、キッズ終了後、工作したことに満足し作ったものはいらないと口にするキッズがいたのが大きな反省です。それでも、完成したもので、風船が膨らむ様子や音が小さくなる様子を楽しんでいたのを見ることが出来たので、今後も興味を持ち続けられれば幸いです。スタッフはその回の中で目的を幾度か確認するよう心掛ける必要があると感じました。
<氏名>中井彩加
今回の実験は細かい調節が多く、難しい作業もあったので実験前は不安だったのですが、うまく完成したキッズが多く、安心しました。ただ、途中で遊び始めてしまうキッズもいて、風船など、道具の管理をもっとしっかり行うべきだったと感じました。また、作るという作業だけでいっぱいいっぱいになってしまったのですが、どうすれば上手く作れるかといったコツを伝えるよりも、もっと問いかけたりして、今回であれば宇宙のことなどに興味を持ってもらえるようにしたいと感じました。勉強してみると、星のでき方といったスケールの大きな話を感じることができる実験だったと思うので、キッズたちも今回の実験から興味をもって自分で調べてみて欲しいと思いました。
記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類1年
山本鷹之

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

2014年11月
« 9月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。