芳賀サイエンスラボ

“進化”ってどういうこと?

Posted on: 2014年12月27日

2014年12月27日 於 茨城県自然博物館

●目的
博物館の展示を見ながら、地球ができてからの生物の進化の過程を理解する。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 今村優希、浅井仁、坂入愛

午前:キッズ16人/保護者14人
午後:キッズ1o人/保護者9人

参加者計: 49人

●所要時間
【午前】
9:30 開館
9:50 「茨城県の外来無セキツイ動物」(池澤先生) 30分
10:15 「宇宙・地球・生物の進化」(芳賀先生) 30分
10:45 展示の見学 80分
12:05 全班解散

【午後】
13:30 芳賀先生による導入
13:40 池澤先生のおはなし
14:20 芳賀先生のおはなし
14:45 展示の見学
16:05 解散

●内容
1.茨城県自然博物館 首席学芸員の池澤広美先生に「茨城県の外来無セキツイ動物」のお話をしていただいた。
S__5734439

2.進化の学習の基礎として、芳賀先生による「宇宙・地球・生物の進化」についてのお話をした。
3.3班に分かれ、各展示を説明しながら回った。
4.芳賀先生が第2展示室「地球の生いたち」の最後のコーナーで人類の進化の講話をした。
S__5734435

●スタッフ感想
<今村>
 今回は、各スタッフと子供たちのコミュニケーションがより大切な回だったように思います。わたしは、初めに学芸員さんのお話に出てきた外来種を見るために水の生き物の展示に行き、その後、進化の展示コーナーに行きました。博物館のビデオのおかげもあって、みな大体の進化の流れが分かったようでした。ストロマトライトや、魚竜、恐竜のロボットなどに興味を持つ子が多く、説明をするとメモを取っている子もいました。
 反省としては、進化の展示では、恐竜のロボットが奥にあることを知っている子供もおり、走って行ってしまう子もいたので、きちんと一緒に回ることを伝えておくべきでした。また、第1,2,3グループそれぞれが進化のコーナーに入る時間をきちんと打ち合わせできていなかったので、他のスタッフが困ることのないよう、きちんと決めておくべきでした。

<浅井>
茨城県立科学博物館は素晴らしいところだった。 短時間で子供達にどんな説明をするか考えるのは難しかったが、一緒に見て回るなかで、また新たな発見もあって有意義だった。今回は以前科学博物館を訪れたことがあるというキッズも多かった。そういった子でも楽しめる紹介の仕方も模索したい。

<坂入>
 今回は、スタッフの得意分野によって各班で内容が大きく異なっていると思います。わたしの班は、地球の誕生や進化を学ぶ前段階として、まず第1展示室「進化する宇宙」を見学しました。これに関しては、天体観測の経験などに基づく簡単な天体の話や、予習した宇宙の話をしました。次に、第3展示室「自然のしくみ」を見て、得意分野の菌類の話を中心に、いろいろな生物の話をすることができました。
 話すにあたって、基本的に自由に見てもらって随所で説明するという形をとったのですが、個人的には良かったのではないかと思います。きちんと一緒に回るためには、芳賀先生のお話の時間の入れ替わりを各班で連絡をとりあってきちんと把握しておく必要があると思いました。(3班目ですが、午前は50分、午後は人数の関係で3班同時説明だったので30分ほどでした。

記入者
筑波大学 生命環境学群 生物資源学類 2年
坂入 愛

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

2014年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。