芳賀サイエンスラボ

光の分解と合成

Posted on: 2015年1月24日

2015年1月24日 於 筑波大学

●目的
太陽の光でも電灯の光でも色の成分のスペクトルに分解すること
ができます(虹は自然がつくるスペクトル)。かんたんな分光器を作
っスペクトルを見ます。その後,3色のLED(発光ダイオード)を使
っ光の色をまぜあわせて合成色を調べます。影もおもしろいよ。

●参加者
講師: 芳賀先生、久保利加子先生

お手伝い:久保友汰くん、荒木さん

スタッフ: 遠坂尚子

午前:キッズ18人/保護者8人
午後:キッズ3人/保護者2人

参加者計: 31人

●所要時間
【午前】
9:40~ 受付と分光器作成の実演
9:55~ 分光器の作成
10:40~ 光の特徴の説明
10:45~ LEDの説明
11:20~ 光のジュースの作成
12:05~ 光(色)の説明
12:15~ 後片付け 

【午後】
13:40~ 受付と分光器作成の実演
13:55~ 分光器の作成
14:25~ 光の特徴の説明
14:30~ LEDの説明
15:00~ 光のジュースの作成
15:45~ 光(色)の説明
15:50~ 後片付け 

●内容
今回は、「光の分解」「光の合成」という2つの大きなテーマがありました。
前半の「光の分解」では、分光器の作成を行ってさまざまな種類の光の観察をしました。
後半の「光の合成」では、LEDを材料に使用して、光の三原色を混ぜ合わせて色の三原色を作る実験を行いました。また、LEDと電球の違い、絵に様々な色の光を当てた時の見え方の違い、光の屈折などについて学びました。
講師は、「光の合成」は芳賀先生が担当され、「光の合成」はサイエンスキッズのお母さまの久保利加子さん(くぼさん)が担当されました。

「光の分解」
IMG_1072

「光の合成」
IMG_1073

●スタッフ感想
<遠坂尚子>
一つの回で光の分解と合成が学べるたいへん充実した回だったと思います。また、芳賀先生が分光器の作成の実演をなさったり、久保さんが光の合成をジュースの混合に例えて説明なさったりといった工夫が各所にみられる回でした。
ただ、今回は午前と午後の班分けを行っていませんでした。そのため、午前に参加者が集中してしまい、午後はキッズよりもスタッフのほうが多いという事態になってしまいました。そのおかげで私はキッズに交じって実験や工作を楽しむことができましたが、やはり班分けは事前に行っておいたほうが良いように感じました。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類1年
遠坂尚子

広告
タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。