芳賀サイエンスラボ

地震のメカニズム

Posted on: 2015年2月25日

2015年2月22日 於 霞ヶ浦環境センター

●目的
地震について理解を深める

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 三澤文香、中井彩加

午前:キッズ14人/保護者8人
午後:キッズ5人/保護者4人

参加者計:31人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
10:15~ 地震発生のしくみに関する模型を用いた実験
10:30~地震計の原理に関する実験
10:45~地震計の工作
12:30  終了

【午後】
13:30~ 受付と説明
14:05~ 地震発生のしくみに関する模型を用いた実験
14:10~ 地震計の原理に関する実験
14:30~ 地震計の工作
16:30  終了

IMG_2043[1]

IMG_2044[1]

●内容
地震発生のしくみについて理解を深め、地震計を手作りしました。
今回作った地震計はペットボトルの中にコイルを固定し、そのコイルの中を磁石が通るようにしてあります。地震が発生するとぶら下げてある磁石は動かず、ペットボトルとコイルが地震に合わせて動くため誘導起電力によりコイルに電流がながれます。今回はハンディ・オシロスコープというフリーソフト(http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se376225.htmlよりダウンロードしました。)
をもちいてパソコンで揺れの観察も行いました。

●スタッフ感想
<三澤文香>
今回は様々な道具を使い地震を測定する方法を学びました。内容も濃く、少人数だったのでじっくりと出来たのは良かったと思います。私のソフトの起動が上手にいかず使えなかったのは事前にしっかりとするべきだったなと反省しています。自宅でもソフトをダウンロードすることで今回の実験は簡単に行うことが出来るのでご自宅でも是非やってみて下さい。

<中井彩加>
今回のサイエンスキッズは実験2つに工作と盛りだくさんの内容だったため、特に午前中にきてくれたキッズは地震の波形を観察するところまでたどりつかなかった人も多かったかと思います。私のパソコンが雑音を拾ってしまって波形が見れてもうまく観察できなかったりしたので、もっと事前に調節しておくべきでした。波形はご自宅のパソコンでも見れるのでその際にはゆらす方向や強さを変えてどのような波形になるかを観察してみてもおもしろいかなと思います。個人的には地震計の仕組みを初めて知り、電磁誘導を用いていることに驚きました。他にも様々な製品に応用されているとは知っていたのですが、どんな製品に用いられているのか調べてみると新たな発見があるのではないかと思いました。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類1年
中井彩加

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。