芳賀サイエンスラボ

ストローで音の実験

Posted on: 2015年3月17日

2015年3月14日 於 筑波大学

●目的
ストローを使って様々な音を出す。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 都築清歌、大久保維人、須藤裕子

午前:キッズ 22人/保護者 18人
午後:キッズ 16人/保護者 8人
参加者計: 64人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
9:50~ 工作と体験
10:10~ 説明
10:20~ 工作と体験
11:30~ まとめ
12:00~ 解散、後片付け

【午後】
13:30~ 受付と説明
13:50~ 工作と体験
14:10~ 説明
14:20~ 工作と体験
15:30~ まとめ
16:00~ 解散、後片付け

●内容
今回のサイエンスキッズでは、ストローの片方の穴を塞ぎ、もう片方の穴から口から空気を吹き込むと、空気が振動し、音が出るという仕組みを利用して笛を作った。
笛を作る過程では、ストローを一定の長さに切るためのはさみと、一方の穴を塞ぐための着火剤を用いた。また、ストローから音を出すには一方の穴を塞ぐだけでよく、着火剤がなくても塞ぐことで音がでた。

↓↓ 工作している様子
S__16015451

↓↓ 完成したストロー笛
S__16015450

↓↓ 完成したストロー笛をもって集合写真(午前の部)
S__16015448

↓↓ 完成したストロー笛をもって集合写真(午後の部)
S__16015452

●スタッフ感想
<都築清歌>
 基本をハカセが初めに説明し、その後はキッズの主体性に任せ本人の好きなように工作させるのは、サイエンスキッズらしいやり方だと思いました。スタッフも似たように事前講習を行いましたが、その講習でスタッフが試したこと以上の創造力をキッズは発揮し、2時間半という短い時間でしたが、個性的な楽器が沢山生まれました。
 反省点としては2点あります。1つ目は事前講習でライターの火が付きづらいことに気が付いたにも関わらず、それをハカセに伝えそびれたため、当日会の途中でハカセがライターを買いに行くことになってしまったことです。ハカセからも注意されましたが、スタッフしか気付かないことは多々あるので、報告は徹底すべきと思いました。2点目は会の最後で火傷が発生してしまったことです。会の中盤あたりから3人くらいのキッズが実験とは関係のないことでライターを使って遊んでいることに、気が付いてはいました。もう少し注意して観察し、声を掛けるなどケガの発生を予防する対策を取るべきでした。
 しかし全体としては、夢中に工作に没頭するキッズが多く、一生懸命に活動しているその姿はとても印象的でした。
 私事ではありますが、私はサイエンスキッズ2期生として小学校4年生のころから中学生まで活動し、高校生の頃もスタッフに混ぜて頂き、大学の6年間も時間を見つけては参加させて頂きました。私のサイエンスキッズの活動がこの会で締めくくられたことを本当に嬉しく思っています。キッズとしてもスタッフとしても、サイエンスキッズの活動がとても好きでした。続けることは大変なことですが、これからもサイエンスキッズが続いてくれたら嬉しいなと思います。来年度からは社会人として勤めることになりつくばを離れますが、陰ながらこれらも応援することができたらなと思っています。長い間、大変お世話になりました。

<大久保維人>
 今回、ストローで音の実験のスタッフをして、子供たちの様々な工夫に驚かされました。
 ストロー笛を吹かずに、ストロー笛を叩いても音が変わることに遊んでいる中で気がついた子などもいて素晴らしい観察力だなと思いました。
 また、ストロー笛が上手く吹けないときにうまく吹いている人の吹き方をじっくり観察するなど向上心なども素晴らしいと思いました。
 さらに、色が違うストローを交互に配置したり、テープで模様を作り貼り付けたりと子供たちの持ち物へのこだわりなども感じることができました。
 私は、今回初めてストローで笛を作ったのですが、穴の形や場所、吹き方の形などで音が変化し、鳴ったり鳴らなかったりすることに気がつくことができました。今回の体験をもとにしてストローでリコーダを作ってみようと思っています。再度ストローで音の実験を行う際にデモンストレーション出来るようにしたいです。

<須藤裕子>
 今回のストローを用いた音の実験では、ストローを笛のように見立てて口から空気を吹き込み、音を出すのですが、最初の体験でなかなか上手に吹けず、苦戦しているキッズが多かったです。そのため、スタッフがこまめに一人一人にコツを教えることができたことがよかったです。
 反省としては、午前の会では火がつかない着火剤が多く、途中で買い足さなければならなかったため、事前に着火剤の点検をしておくことと、会の中盤以降では着火剤で遊び、火傷をしてしまったキッズもいたため、そのようなキッズにはもう少し注意をすることをしておけばよかったです。
 また、全体としては様々な長さのストロー笛を作るキッズなど、 工作をするうえで試行錯誤をするキッズが多く、一生懸命に工作しているキッズを見ることができ、とても良かったです。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類1年
須藤裕子

広告
タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。