芳賀サイエンスラボ

オリガミクス(7)台形箱

Posted on: 2016年5月28日

2016年5月28日 於 霞ヶ浦環境科学センター 

●目的
折り紙で通常の長方形の箱と台形箱を作り、構造の違いを見る。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ:難波成玄 菅野志瞭

午前:キッズ7人/保護者7人
午後:なし

参加者計: 14人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
9:45~ 長方形箱を折る
10:15~ 大きな紙で台形箱(浅型)を折る
10:30~ 大きな紙で台形箱(深型)を折る
11:00〜好きな方の台形箱を小さな紙で折る
12:00〜まとめ、解散

●内容
まずA3の紙で長方形の箱を折る。
次に大きな正方形の紙で台形箱の浅型と深型をそれぞれ折り、小さい紙でも挑戦していく。最後に、自分が作った中で一番小さいものをホワイトボードに貼った。

IMG_6778IMG_6781

●スタッフ感想
<難波成玄>
今回でオリガミクスは2回目でした。初めに折り目をつけるのは面倒ではありますがそこから折り目に沿って形が現れていく様子はとても楽しかったです。今回は比較的簡単でしたが、箱が開かないように紙でとめる工程があったりと作り込まれていて感心しました。また深さを折り目をつける段階でわかりやすく調節できるため応用も効きそうだと思いました。構造自体は単純なため、すぐに覚えてより小さな紙で折ることに挑戦するキッズも多かったです。僕も小さいものに挑戦してみましたが楽しかったです。

<菅野志瞭>
わたしの折り紙の記憶は小学生のときに夢中になった以来だったので、久しぶりに折り紙をしました。
芳賀先生のオリガミクスは、折る線を全てつけてから一番最後に組み立てる方法で作品を作っていくので、最後まで何を作っているのかわかりません。折り線を頼りに、立体の形を想像して、徐々に出来上がっていくのが今までにない折り紙のカタチで、とても面白いと思います。今回の参加者は、大人も子供も頭を使いながら、手先を使いながら真剣になっていました。わからない手順を教える時に、本人が立体を理解できていないと説明自体をわかってもらえない部分があって、説明するということの難しさを改めて感じました。

記入者
筑波大学 生命環境学群 生物資源学類 2年
難波成玄

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

2016年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。