芳賀サイエンスラボ

画像

カエルの解剖

Posted on: 2016年6月4日

2016年6月4日 於 筑波大学

●目的
カエルを解剖することを通して人体との共通性や非共通性を見出す。また日本に生息するトウキョウダルマガエルやダルマガエルなどの生息域などを学ぶ。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 久保友汰、相澤良太、杉原翔吉

午前:キッズ21人/保護者12人
午後:キッズ15人/保護者10人

参加者計: 58人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
10:30~ 小型のカエルの観察
11:30~ トウキョウダルマガエルの解剖
12:00~ まとめ、解散
12:30  後片付け

【午後】
13:30~ 受付と説明
14:30~ 小型のカエルの観察
15:30~ トウキョウダルマガエルの解剖
16:00~ まとめ、解散
16:30  後片付け

●内容
今回は一人一つのトウキョウダルマガエルを用意することができなかったため、カエルの生態や解剖の目的などをスライドで紹介した後、小型のカエルの観察を行った。

DSC_0201

アマガエルなどの小さなカエルに麻酔をかけピンセットとえつき針を用いて外見的な特徴を観察した。テーブルごとに出た意見を集約し発表も行った。

DSC_0204

その後スタッフがトウキョウダルマガエルの解剖を行い内臓の位置などを確認した。DSC_0206

●スタッフ感想
<久保友汰>

今回はカエルの解剖を行いました。事前採取で思うようにカエルが取れず、キッズに解剖をしてもらえなかったことは非常に残念でした。しかしキッズは小さなアマガエルからも人体と共通している点や人体と異なる点を積極的に見つけ出していました。またスタッフが解剖をしている時も、食い入るように観察をし、非常に高い興味関心を持っていることを感じさせてくれました。次回以降はカエルをいかにたくさん確保するかが問題になると思います。

<相澤良太>

今回は一人一匹解剖とはいきませんでしたが、身近にいるカエルをじっくり観察するいい機会になったと思います。「ヒトとの相違点」は私も思いつかなかったようなことをキッズがどんどん挙げていて何度も驚かされました。解剖はカエルの数の関係でスタッフによる演示となりましたが、キッズは身を乗り出して興味津々に観察し、解説を聞いていました。このとき、机の大きさの関係から見られない子も出ていたので、全員が見られるような方法を考える必要があると思いました。また、個人的に勉強が足りなかったと感じたので事前にもっとよく勉強しておこうと思いました。

<杉原翔吉>

今回のサイエンスキッズでは、午前午後ともに麻酔したアマガエルなどの子ガエルを用いてのカエルの外形の観察、前日に大学生が解剖実験に用いたウシガエルを用いて口腔の観察を行った。内臓の観察は午前、午後でそれぞれウシガエル、アカガエルを用いて行った。

良かった点としては観察前に芳賀先生の説明で人体との相違点、類似点を探すというテーマが示されていたこともあり、参加者が観察時間いっぱいを使って手の形や口の中の様子を観察し、「上にだけ歯みたいなものがついている」ことや「前足には4本しか指がない」ということを発見していたことだ。

反省点としては、1つ目に午後のほうが自分の担当していた班内では気付きが多かったこと、つまり自分は午前でやっと実験の流れを理解していた。もっと自分なりにキッズたちへのヒントの出し方を用意してくるべきであった。2つ目に自分が解剖それ自身やその説明に一生懸命になってしまい、後ろから身を乗り出して観察してくれていた子に腕がぶつかったり、大きい子で解剖が見えなくなってしまっている小さい子になかなか気が付けなかったりしたことだ。今回内蔵の観察は自分が解剖を実演して机の周りに集まったキッズ達に見てもらう形をとったのだが、もう少しゆとりが必要であった。3つ目に今回は子供たちとの話すことに夢中になり実験の用意を他のスタッフや芳賀先生にしていただくことがおおかった。スタッフとして周りに目を向けなければならない。
本文

記入者
筑波大学 生命環境学群生物資源学類1年
久保友汰

広告
タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。