芳賀サイエンスラボ

冬の森に生き物を探す

Posted on: 2017年1月21日

2017年1月21日 於 牛久自然観察の森

  • 目的

生き物の越冬状態を観察する。

  • 参加者

講師: 芳賀先生

スタッフ: 相澤良太、平山夏樹

午前:キッズ22人/保護者19人

参加者計: 41人

  • 所要時間

【午前】

9:00~ 受付と説明、梅の木の話

9:45~  移動

9:55~  カブトムシの幼虫探し

10:15~  生き物を探しながら移動

10:45~ DVD観賞

11:05~ 生き物を探しながら移動

11:30~ ホソミオツネントンボの観察

11:50~ 移動

12:00~ 解散

  • 内容

まず、梅林で植物は皮が残っていれば生きていけるという話が芳賀先生からあった。その後、DVDの準備のある芳賀先生と別れ、牛久自然観察の森が落ち葉を集めたところで、腐葉土をかき分けてカブトムシの幼虫探しを行った。その後、移動しつつ、クワコの繭や、カマキリの繭、スズメバチに噛まれてボロボロになった杉の木などを観察した。移動先の観察者でサイエンスキッズが過去に取材を受けた動画をみた。そのあと、ホソミオツネントンボを観察した。

  • スタッフ感想

<平山夏樹>

厳冬期の活動でしたが、好天に恵まれました。今回は芳賀先生には観察舎でのプロジェクターの準備と片付けに専念してもらい、観察ルートはスタッフ2名による進行でした。メインであるカブトムシの幼虫、ホソミオツネントンボのほか、ノウサギの糞、ハラビロカマキリの卵、モズのはやにえ等が観察できました。下見の段階では見られたゴマダラチョウの幼虫を当日見つけることができず残念でした。ビデオは毎年使用しているネイチャーセンターではなく観察舎での上映でしたが、観察舎の解錠が9:30~だったのが誤算でした。そのため事前に予定していたルートを急遽変更しての実施となりました。観察の森内は複数のルートが存在するので、行きと帰りで別のルートを通ってみることが新たな発見をするうえで大切だと感じました。

<相澤良太>

今回は、ハカセの意向でスタッフ主導の回でした。事前下見で牛久自然観察の森のスタッフの方に教えてもらった観察ポイントをもとに、解説・説明を行いました。例年観察されていた、ゴマダラチョウの幼虫やウスタビガの繭が観察できず残念でしたが、冬の生き物の探し方を知ることができたのではないかと思います。近年、牛久自然観察の森でオオムラサキも見ることができるようになってきたそうなので、今後ゴマダラチョウ・アカボシゴマダラ・オオムラサキの幼虫の比較もできるかもしれません。今回フィールドで観察できなかったので、あらかじめ数個体採集しておいて、もし当日に見つけることができなかったときに観察できるようにしておくといいと思いました。

 

記入者

筑波大学 生命環境学群生物資源学類2年

相澤良太

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。