芳賀サイエンスラボ

見えない放射線を見るのだ!

Posted on: 2017年2月26日

2017年2月26日 於 筑波大学

●目的
普段は目に見えない放射線を目に見える形にして実感する

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ:轡田圭又、谷口友梨

午前:キッズ18人/保護者10人
午後:キッズ4人/保護者4人

参加者計: 36人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
10:00~ 霧箱工作の説明、工作開始
11:15~ 外に出て放射線量の測定
12:00~ まとめ、解散

【午後】
13:30~ 受付、工作開始
14:15~ 解説
15:00~ 外に出て放射線量の測定
15:30~ まとめ、解散

●内容

放射線が見えるような装置である、霧箱を実際に工作しました。
霧箱はアルコールの蒸気で満たした箱では、放射線が放出されるとその周囲が瞬時に結露するので白い煙のような形で観察することができました。

s__6225969 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-26-20-52-43  

後半では、外のいろいろな場所での放射線量を測定しました。

s__6225972 s__6225973 s__6225971

●スタッフ感想
<谷口友梨>
今回のイベントでは、言葉では聞いたことがあっても実際に見ることはできない放射線を実感する実験ができました。霧箱では放射線が見えた時にキッズが喜んでいる姿が印象的でした。また、後半に外に出て放射線量を測定した時にも、キッズたちが思い思いの場所の放射線量を測定しましたが、どこが数値が高い場所か考えながらいろいろなところで測定していて良かったと思いました。今回、霧箱を制作する時にドライアイスを用いましたが、今回のイベントの内容とは別にドライアイスにも興味を持っていたので、イベントの趣旨に関わらず、様々なことに興味をもつ、キッズたちの様子も印象的でした。今回のイベントで興味を持ったことをさらに掘り下げてほしいと思いました。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類2年
谷口友梨

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。