芳賀サイエンスラボ

土って,おもしろい!

Posted on: 2017年3月18日

2016年3月18日 於 筑波大学農林技術センター

●目的
土には様々な機能がある。その機能を簡単な実験を通して体感してみる。実際にフィールドに出て土壌を触ることで土を身近に感じる。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ:内田誠子、遠藤一樹、菅野志瞭

午前:キッズ10人/保護者 7人

参加者計: 17人

●所要時間
【午前】
9:30~ 参加者受付、あいさつ、土壌の紙芝居(土壌のでき方)
9:50~ 土壌断面まで移動、断面観察
10:20~ 3グループに分かれて色水吸着実験と土色・土壌構造の観察
11:15~ マイクロモノリスの作成手順説明と作成
12:00  終了

●内容
土壌の紙芝居…土壌はどのようにできるのか、土壌の大事な役割とは何かを紹介しました。
土壌の断面観察…層に分かれていることを現場に出て確かめてもらいました。
土色・土壌構造の観察…A層とB層で土色が異なることをマンセル土色帖で確認しました。さらに、層によって土壌構造にも違いがあることを確かめました。
色水吸着実験…土壌は水を浄化する力があることを簡単な実験で確認しました。
マイクロモノリス作り…現場で見た土壌の断面を写真立てサイズに再現しました。

●スタッフ感想

<内田誠子>
今回3人の学生スタッフのうちの一人として参加させていただきました。私自身は初めての参加で、土壌が生成する過程の紙芝居を担当しました。今回のタイトルは「土っておもしろい!」でしたが、参加者のみなさんには土っておもしろい!と感じていただけたでしょうか。私自身、土壌について日々おもしろい!と感じることはたくさんります。しかし、それを限られた時間で実感とともにわかりやすく伝えることはとても難しいと改めて感じました。今後は、知りたいと思う気持ちが高まっていくような工夫を企画に加えてゆけたらと思います。当日は、キッズのみなさんがこちらから投げかけた問いに対してすぐに答えてくれて、嬉しかったです。キッズのみなさんへ、そして私自身に対するメッセージでもありますが、問題に正解する・しないも大切、でも、どうしてそうなるのだろう?と考え続ける楽しさをこれからも忘れないでいてほしいなと思います。貴重な時間をありがとうございました。

<遠藤一樹>
集まったキッズたちと同じ年頃、私は夏の研究所の一般公開が楽しみだったのを思い出す。なにをしたか、なにを学んだかは全く思い出せないが、研究というものが、なんだかすごいことで、楽しいかったという記憶だけはある。それと同じように、今回集まってくれたキッズたちにも「なんか楽しかった」という記憶が少しでも残ってくれればいいなと思う。しかし、この「なんか楽しい」という思い出になるには、我々スタッフの力量がかなり重要だ。とてもとても難しいということが理解できた。上手く伝え、対話できたか分からないが、少なくとも私はなんか楽しかった。

<菅野志瞭>
わたしは去年もスタッフとして参加しましたが、去年は生憎の雨で室内で行いました。今年は晴れていたので、いい天気の中屋外でできて気持ちが良かったです。前回とは参加する子も違ったので、教え方をそれぞれの子に合わせて行う必要があると感じました。人に自分の思っていることを伝えることは難しいと毎回感じます。段取りをスムーズにできるようにもっと準備する必要があると思いました。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物資源学類4年
菅野志瞭

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。