芳賀サイエンスラボ

ストローでDNAを作る

Posted on: 2017年3月31日

2016年10月30日 於 筑波大学

●目的
4色のストローを使いDNAの模型を作る。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 久保友汰、谷口由梨

午前:キッズ15人/保護者13人

参加者計: 28人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
10:00~ 作成開始
11:50~ まとめ、解散
12:30  後片付け

●内容
赤青黄緑のストローをそれぞれDNAの塩基のアデニン、チミン、シトシン、グアニンに見立て、DNA特有の二重螺旋構造を作り構造を理解した。

●スタッフ感想
<氏名>久保友汰
今回はDNAの構造を理解してもらうため、ストローを用い、模型を作成した。キッズたちは自分達の体を作り出しているものの構造を理解するため頑張って模型を作成していた。本来DNA塩基は結合する塩基がそれぞれに決まっているためキッズたちは色ごとにそれぞれ適応するストローを組み合わせていた。この経験をもとに生物方面へ興味を持ってくれるキッズが増えてくれると幸いである。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物資源学類1年
久保友汰

広告
タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。