芳賀サイエンスラボ

電池なしで聞こえるラジオ

Posted on: 2017年3月31日

2017年3月20日 於 霞ヶ浦環境科学センター

●目的
本文

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 久保友汰、谷口心平、久保漱汰

午前:キッズ14人/保護者9人
午後:キッズ9人/保護者8人

参加者計: 40人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
10:00~ ラジオ製作
11:00~ 外でラジオを聞く
11:50~ まとめ、解散
12:30  後片付け

【午後】
13:30~ 受付と説明
14:00~ ラジオ製作
15:00~ 外でラジオを聞く
15:50~ まとめ、解散
16:30  後片付け

●内容
今回は市販のゲルマラジオを用いてラジオを聞くことを行った。このゲルマラジオは、はんだづけを要するのでキッズたちは怪我に注意しながらラジオを作成した。作成が終わったのち外に張ってあるアンテナにそれぞれのラジオのアンテナをくくり、放送を聞いていた。

●スタッフ感想
<氏名>久保友汰

今回は霞ヶ浦環境科学センターでラジオの作成を行った。このラジオは自分がキッズだった頃と構造は変わっていなかったため説明も当時と同じ説明をキッズたちにしながら作成してもらった。外で張ったアンテナで聞くと一部のキッズたちはニュースや交通情報等を聞くことができていた。

<氏名>谷口心平
今回は、はんだづけをしながら鉱石ラジオを作成した。余り慣れないはんだごての操作も少しずつ上達して、上手く行った様子をみせてくれた。作成後は屋外に設置した導線をアンテナに、電波をさがした。実際にラジオが聞き取れた時の、感動した表情が印象的だった。「家ではどうやって聞けるのか」など事後学習にも意欲的で、参加者の学習への積極性にとても関心した。

【主宰者のひとこと】

台湾のAVIOSYS社のキット K23 Crystal Radio を使って,簡単なゲルマラジオを組み上げた。このキットには繁体字中国語と英語の説明が付いているが日本文はない。しかし,基板に部品略図がプリントされているので,ハンダ付けを初めて体験するキッズも容易に部品をハンダ付けすることができる。これはイヤホンで聴くキットで,屋外に,約60m と80m の2本の単線を張って,それで受信し,何かのアナウンス,音楽,ラジオ体操,甲子園中継などをきくことができ,電波の不思議を体験できた。会場の霞ヶ浦環境科学センターの庭園の立木を利用して張ったアンテナは,よく聞こえる場所が2か所(橋付近と四阿付近)あって,午後の部の方が良く聞こえた,
工作は研修室の実験机3台で行い,各机にスタッフ学生が1人ずつ付いた。当初予定のメンバーから1人が欠けた状態だったが,スタッフリーダーの兄で元サイエンス・キッズの東京農工大学学生が応援してくれて,とても心強かった。(芳賀)

記入者
筑波大学 生命環境学群生物資源学類1年
久保友汰

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。