芳賀サイエンスラボ

木の葉の葉脈を調べる

Posted on: 2017年9月24日

20170924日 於 筑波大学

  • 目的

葉脈標本作成を通して、植物の葉の構造を考える。

  • 参加者

講師: 芳賀先生

スタッフ:高瀬勇気、 杉原翔吉

午前:キッズ18人/保護者13人

参加者計: 31人

  • 所要時間

【午前】

9:30~ 受付と葉脈についての説明

10:00~ ヒイラギモクセイの葉脈標本作成

11:00~ 採集してきた植物の葉で葉脈標本作成に挑戦

11:50~ まとめ、解散

12:30  後片付け

  • 内容

芳賀先生により、葉脈の構造と働きについて解説を受けた後、キッズ達は芳賀先生が用意した炭酸ナトリウム溶液で煮込んだヒイラギモクセイの葉の葉脈標本作成に挑戦しました。ブラシを優しく葉にたたきつけ、葉肉を取り去っていきます。出来たものはアイロンで平らにした後ラミネーターで採集場所や名前の記録と共に閉じました。

  • スタッフ感想

<高瀬勇気>

今まで様々な葉脈標本を見てきましたが、そこまで関心を持つことはなく、自分で作ろうともしませんでした。しかし今回初めてやって見て葉肉の中から葉脈を発掘するかのような感覚はとても面白く、実際に手を動かしてみることの大切さを再確認しました。個人的には炭酸ナトリウムで煮込む前と後で何がどう変化したのか、質問された時にうまく答えられなかったことが反省点ではありましたが、なぜ煮込む前のヒイラギモクセイをブラシで叩いても葉肉が取れないのか、何人かに聞かれた抱きやすい疑問のようなので、今これを読んでいるあなたがスタッフならその答えを準備していきましょう。自分で好きな葉を取って来るの良いのですが、煮溶けてしまう葉もありました。成功を優先させたいキッズには楓の葉や、その他硬く厚い葉をお勧めすると良いと思います。全体的にキッズもスタッフもとても楽しむことができ、良い回だったと思います。

<杉原翔吉>

葉脈標本を作る際にしっかり、採集場所や作成者・種名を記録しておくのサイエンス・キッズらしいなと思いました。また、葉脈だけを残して葉肉を切れに取り去るのはなかなか根気のいる作業ですが、それが対象の葉をよく見る機会となると思います。実際にキッズ達にも細かく張り巡らされた葉脈を観察して葉の淵までしっかりと葉脈が走っている様子に驚いたりしていました。炭酸ナトリウムで煮込むとペクチンなどによる結合が切れることにより葉肉が取れやすくなります。反省としては、根気がいる作業で飽きてしまわないようその都度今見えているものを解説するなどの声掛けをすること。自由に葉っぱを選ぶ際には、柔らかすぎる葉っぱや平行脈の葉は選ばないようしっかり声掛けしておくべきだったことです。

 

記入者

筑波大学 生命環境学群生物学類2年

杉原翔吉

広告
タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。