芳賀サイエンスラボ

Archive for 10月 17th, 2017

2017年10月09日 於 筑波大学

●目的
特別オープン会。水ロケットの工作を通じて作用反作用などの力を学ぶ。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 谷口心平 椎名瞳 藤井啓太

サポートスタッフ:久保漱汰 藤田麻里

午前:キッズ43人/保護者30人
午後:キッズ15人/保護者10人

参加者計: 98人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
10:10~   工作
11:00~   打ち上げ場へ移動
11:10~    打ち上げ開始
~12:10    解散

【午後】
13:20~ 受付と説明
13:40~    工作
14:15~     打ち上げ場へ移動
14:30~    打ち上げ 開始
~15:30  解散

●内容

ペットボトルと牛乳パックをつかった、水でとぶロケットを工作して実際に打ち上げる。

 

 

 

 

●スタッフ感想
<谷口心平>
今回はペットボトルロケットの工作実験だった。ロケット本体の工作は材料の準備や作業も簡易で参加のキッズたち年齢問わずも滞りなく作成することが出来た。打ち上げでは100mを越えるロケットも出ていてよくできていた。秋晴れの空に打ち上がるロケットが印象的だった。作用反作用の説明にも熱心にききいり、ペットボトルにつまった空気の力などにも触れることができたり多くの気づきが出来たと思う。ロケット本体は簡単に作成できるが、発射台などは市販のもの購入して行うためもっと多くの回数を打たせて上げたかったが時間の都合で出来なかったのが残念。次は上手く参加人数が分かれると良いなと思う。

去年のJAXAとの共同で行った企画をベースに行った。今回はその際の担当であった藤井さんのご協力のもと、資料やスライド、説明などは去年のものを活用した。事前の準備としては粘土や画用紙の購入とノーズコーン台紙作成、リハーサルなどがあった。空気入れも無いため借用した。打ち上げは虹の広場で行ったがそこには水道がないため、水タンクを実験室から運搬した。広場中央にむけ4台の発射台を設置し、それぞれスタッフがついて空気の注入などを補助した。誤作動による打ち上げや、空気注入のポンプも子どもの力では十分ではないので一人一つは大人がつく必要があった。また反省として、ペットボトル側の接続のゴムパッキンを打ち上げの際に紛失してしまう失敗がおきた。外れやすいので器具の受け渡しは発射台の側で行うようにしたい。

今回はサポートとして以前からサイエンスキッズにお手伝い頂いていた久保さんと藤田さんにもご協力いただいた。オープン会且つ人気の企画で多くの参加があったためありがたかった。また藤井さんには前年の資料を元に当日の説明までお手伝いいただきとても助かった。こういった資料を個人でなく団体で共有できるよう考えたい。

 

<椎名瞳>
今回は水ロケットの実験でした。自作したロケットを実際に飛ばし、作用反作用について体感することができました。
ロケットの工作は、とてもスムーズに進み、羽や先端の部分に工夫をして様々なロケットを作成していました。牛乳パックを用いたので、羽の取り付けが簡単にできて良かったと思います。この時に粘土をもう少し多めに入れた方が、よく飛ぶ印象がありました。
打ち上げには、ランチャーを4台用意しましたが、全員の分を打ち上げるのには時間がかかりました。空気を入れる際、キッズのみでは重く、時間がかかるのでスタッフや保護者の方が手伝うことで時間が短縮できたのではないかと思います。少ない打ち上げ回数でしたが、水を多く入れた場合と少なくした場合を比べてみたり、空気の量を調節して飛距離を試しているキッズもいました。工夫した結果、たくさん飛んだキッズ達はとても楽しそうでした。また、水ロケットはどこに飛ぶかわからないので、安全に十分注意して回収することを徹底しなければならないと思いました。

<藤井啓太>                                                                                                                                                                                                          今年は昨年度JAXAさんと合同で実施した水ロケットをサイエンスキッズ特別回に行いました。実際に工作の手順をキッズの前で説明することになったのですが、午前中のキッズたちのようにたくさんいる場で伝えきれなかったのか、上手く作れなかった子が一部いて申し訳ない気持ちになりました。
それでも、発射角度や、ノーズコーンのねじれの方向、水の量などで飛ぶ距離がどう変わるかなどをみんなで考察しながら水ロケットを楽しむことができました。
真夏(秋)でしたが、そんな方程式を少しは楽しめたのではないかなと思います。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類2年
谷口 心平

広告
タグ:

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー