芳賀サイエンスラボ

光のジュース

Posted on: 2018年2月11日

2018年02月03日 於 筑波大学 2B503
●目的
光の色が三原色により構成されていることを理解する。
●参加者
講師: 久保利加子さん
スタッフ: 轡田圭又 木村美南
午前:キッズ18人
午後:キッズ19人
参加者計: キッズ 37人 保護者
●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
10:00~ 光のジュースの説明
10:20~ 光のジュース作成、色の影作成
11:00~ 光の工作
12:00~ 片づけ、解散

【午後】
13:30~ 受付と説明
14:00~ 光のジュースの説明
14:20~ 光のジュース作成、色の影作成
15:00~ 光の工作
16:00  後片付け
●内容
始めに光の色が光の三原色からできていることを学び、赤、緑、青のそれぞれの発光ダイオードが入ったコップを作り、それそれの色を混ぜ合わせるとどうなるのか確かめました。
その後、自作のLEDのランタンを作成しました。
さらに様々な光を用いた道具も体験しました。


●スタッフ感想
<轡田圭又>
今回は芳賀先生ではなく久保利加子さんによるサイエンスキッズでした。
光の三原色を用いた実験のキッズたちに好評でしたが久保さんに用意していただいた光のおもちゃ各種もキッズたちに大変好評でした。そのおもちゃの種類の多さに自分たちも圧倒されました。
光という身近なものでありながらも奥の深い実験であり、キッズたちの得たものが多かったようでした。

<木村美南>
今回は「光のジュース」というタイトルのようにLEDを用いたカラフルな実験で、子供たちはもちろん大人も楽しめる実験でした。
はじめの実験の、赤、青、緑の三色のジュースを組み合わせてシアン、マゼンタ、イエローの三色を作り出す”マジック”には子供達もびっくりしており、「本当にシアンになった!」「すごい!」と、とても興奮気味でした。
その後の鉛筆のカラフルな影の実験では、色のある影が出る仕組みを学び、保護者の方もその仕組みにびっくりされていました。
最後のおもちゃ作りは、各々が自分の好きなように色を塗り、その色が、光によって何色に変化するかを楽しんでいました。ハッピーバースデーの歌も歌いましたね!2月生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます。
このように光の不思議を楽しみながら学べていました。とても良い講習だったと思います。
最後に今回の講習をやってくださった久保さん、ありがとうございました。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物資源学類2年
轡田圭又

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カテゴリー

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。