芳賀サイエンスラボ

Archive for 3月 2018

2018年03月16日 於 筑波大学

●目的
土壌のでき方、層位の変化に重点を置いて、見た目、土色、持った感じ、重さ、構造などの違いを知る。
マイクロモノリス上で学んだことをキッズが自ら再現することにより、知識の定着、より深い理解を狙う。

●参加者
講師: 芳賀先生
スタッフ: 三林 翠、島田 紘明
午前:キッズ13人/保護者12人
参加者計: 30人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と紙芝居
10:00~ 土壌断面観察、土色・土壌構造の観察、落ち葉めくり
11:00~ マイクロモノリスづくり
11:50~ まとめ、解散

●内容
土壌とは何か、土壌の層位名、土壌の生態系内での働きについてまとめた紙芝居を見てもらい、土壌に関する基礎的な知識を知ってもらった。その後、実際の土壌断面観察、同じ断面から取り出した土壌の観察、落ち葉めくりによる落ち葉が分解されて土になっていく様子の観察を行った。最後のマイクロモノリスづくりでは、その日に学んだことをキッズたちにそれぞれの作品上に再現してもらった。

●スタッフ感想
<島田 紘明>
去年までとは異なる手続き上の問題などが発生し、多少焦ったところもありましたが、当日は天気にも恵まれ、おおむね予定通り進行できました。「汚れるから触りたくない!」という子が一人もおらず、みんな積極的に土壌に触れてくれたので非常にやりやすかったです。今後どこかで土壌を見た時に、今回学んだことを思い出してくれるといいなと思いました。

<三林 翠>
子供たちに土壌の事を知ってもらい実際に触れたりしながら学びに繋げられたのでとても良かったです。

<木村美南>
今回のサイエンスキッズは土壌研の島田さん、三林さんにご協力いただき、身近だけど普段あまり気にかけることのない「土壌」について、その役割を学びました。土壌に関する紙芝居、ワークシート、島田さん三林さんのわかりやすい説明がキッズたちの理解を助け、参加したキッズたちは一気に土壌への興味を持てたと思います。私はスタッフとして落ち葉拾いの講座を担当しました。緑色の葉っぱが徐々に黄色くなり、茶色がかってきて黒く小さくなる、その過程を、実際に落ち葉を並べながら観察しました。
また今回はキッズⅠの子供達の講座で、卒業にあたり今日が最後というキッズもいました。保護者の方も今日が最後なんだな、といつもつけてもらっている名札をじっと見たり、キッズも「普通ではできない実験・経験ができて楽しかった」と話してくれてとても感慨深かったです。
これからもサイエンスキッズがキッズたちの心に残り、科学への興味のきっかけとなってその後の学びの土台となる存在であればいいな、そう思った講座でした。

<須藤裕子>
今回は土の会でした。このテーマでサイエンスキッズに参加することは初めてであり、また自分もあまり知らなかった分野だったため会が始まるまでは少し不安でした。キッズⅠ対象でしたがはじめて参加するキッズが多くてびっくり。会の最初に三林さんから紙芝居で説明がありましたが、みんな楽しそうに聞いていてよかったです。前半では土壌断面観察、落ち葉めくり、土壌の観察をローテーションで行い、私は落ち葉めくりを担当しました。落ち葉めくりでは、すべてのキッズが土壌付近になるにつれ落ち葉の色が変わっていくことに気付いてもらえてうれしかったです。反省点としては落ち葉めくりのために新聞紙に穴をあけ、観察用のシートを作ってもらったのですがキッズによって大きな穴を作ったために観察時にこちらが想定していた通りにいかなかったことがあったことです。
また、マイクロモノリス作成では最後の仕上げとして水に溶かしたボンドを吹きかけたのですが乾ききらない作品がほとんどだったため、工夫が必要だったなと感じました。

記入者
筑波大学 生命環境化学研究科 生物資源科学専攻2年
島田 紘明

広告
タグ:
2018年3月21日 於 霞ヶ浦環境科学センター

●目的
 電池なしのAMラジオを作る。
 
 ●参加者
 講師: 芳賀先生、久保漱汰さん

スタッフ:谷口心平、八畑知礼、金谷彩

午前:キッズ28人/保護者18人
 午前:キッズ14人/保護者14人

参加者計:79人

●所要時間
 【午前】
 9:30~説明
 10:00~ ラジオを作る
 11:40~ラジオをきく
 11:55~まとめと片付け
 12:00 解散

【午前】
 1:30~説明
 2:50~ ラジオを作る
 3:20~ラジオを聞く
 3:30~まとめと片付け
 3:35 解散

●内容
 基盤にコンデンサーや抵抗、コイルなどをつけてラジオを作る。その後、そのラジオを使ってラジオを聞く。

●スタッフ感想

<久保漱汰さん>

昨年度から二回目の電子工作の回に出席した。昨年度と同等のきっとだが、基盤のメーカーが変わったらしく、アンテナに繋がるパターンが迂回することなく、正方形で埋められていた。これは線密度が異なる部分が増えるため、アンテナの性能を下げる要因となる(後で出典出します)。また、講習波回路においては接近したパターン同士がコンデンサの役割を示す傾向が大きくなるが、この基盤のパターンではそれに対するアプローチがされていなかった(比較した画像を探してますが出てきてきてませんごめんなさい)。このため、昨年度よりも聞くことのできた人が少ないのではと感じた。
工作ではスタッフに対してキッズが多いと感じた。保護者の方が横についてくれたのがありがたかった。半田ごてによる事故は残念ながら防ぐことはできなかったが、怪我をした子を対応している間、他の子には目がいかなくなるので、班の数プラス1人スタッフがいると安心できると思う。
キッズの年齢層の乖離が大きいため、それぞれの学年にあった説明ができればと思っていたが、時間がなかった。その歳の頃の自分を振り返ってみてもそのような説明は望んでいないような気がする。このため、くわしい説明資料は配布するようにすればよいのではと思う。

<八畑知礼>

今回は工学を専攻している久保さんから、仕組みや工作についてご指導いただいた。ラジオの仕組みなどについては、キッズだけでなく、スタッフも勉強になったと思う。残念ながら、雨天のため外にアンテナを立てることができなかったので、実際にラジオを聞くことができたキッズはごくわずかだった。しかしはんだを使った工作などは普段触れることのない分野であり、緊張しながらも意欲的に工作に臨んでいたキッズが多かったため、実りのある活動になったと思う。

<谷口心平>

今回は鉱石ラジオの作成を行った。前年度の経験を生かし、はんだの使い方から学んだ。各班に学生がつき、火傷のないように細心の注意をはらいながら行った。午前午後ともに多くのキッズが参加してくれ、少し対応に漏れがあったが、楽しくラジオ工作できた。
芳賀先生のお話にあったように、こども時代に熱中してしまう科学分野がいくつかある。この回で工学に魅せられたキッズがいたなら、とても嬉しい。これからもサイエンスキッズで、科学者の芽生えのお手伝いが出来ればと思う。

<金谷彩>

ラジオを作るのに夢中になりはんだでやけどしてしまうキッズが何人かいました。次は何らかの工夫が必要そうです。
はんだの持ち位置、コンデンサを少し基板から離してつけること、つける順番など注意点が多くて難しかったのですが、保護者の方に協力してもらい、上手に作ることができました。
雨の影響か、外に出れず多くの人がラジオを受信することができませんでした。家に帰ってもう一度試してみてほしいです。

記入者
 筑波大学 生命環境学群生物学類1年
 金谷彩

2017年3月18日 於 筑波大学

●目的
定規やコンパスを使わずにケーキなどの七等分に挑戦してみる

●参加者
講師: 芳賀先生
スタッフ: 須藤裕子、照屋林一郎
午前:キッズ13人/保護者7人
午後:キッズ6人/保護者3人
参加者計: 32人

●所要時間
【午前】
9:40〜 すいえんさー鑑賞
10:10~ 紙を7等分してみよう
10:40〜 ロールケーキを7等分みよう
11:20〜 ホールケーキを7等分してみよう
12:00〜 片づけ、解散

【午後】
13:10〜 すいえんさー鑑賞
13:20~ 紙を7等分してみよう
13:50〜 ロールケーキを7等分してみよう
14:30〜 ホールケーキを7等分してみよう
15:30〜 片づけ、解散

●内容
定規やコンパスを用いずに、長方形の寒天ゼリーや、丸い紙皿に入った寒天の7等分に挑戦した。また芳賀先生が考案した『振り子法』により紙の長さを様々に等分する方法に挑戦した。

●スタッフ感想
<須藤裕子>
会の最初に、すいえんさーというNHKの番組を視聴しました。実はこの番組に7等分するヒントおよび方法がバッチリのっていたのですが、いざ援践!となるときっちり7等分するのが難しそうで、ほとんどのキッズがどこかのピースが不均等になってしまったことが多かったです。また、寒天を固めたものをロールケーキ、ホールケーキに見立てました。キッズによって多少大きさや深さは異なってしまいましたが、スムーズに会を進められる、にはちょうど良い材料だったのではないかと思います。

<照屋林一郎>
今日は、寒天をケーキ代わりにして、七等分するという実験でした。映像で見たとおりとは言っても、なかなかに等分というのは難しいんだなと理解しました。それでも、少しでも正確でありたいとするキッズの姿はとても良かったです。鋭い刃を持つ包丁を使わずに切れる点もキッズが怪我する心配が無いので安心して実験出来ました。うちに帰っても色々と応用できることだったので、家族で参加された方々にも良い情報になっていたようで、とても良かったです。自分も機会があれば使いたいと思います。

記入者
筑波大学生命環境学群生物学類
須藤裕子

タグ:

2018年3月18日 於 霞ヶ浦環境科学センター

●目的
一枚の紙から工夫して正多面体を作る

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 木村美南、中井彩加、水木陽菜

午前:キッズ26人/保護者22人
午後:キッズ16人/保護者11人

参加者計: 79人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
10:00~ 正四面体の作成
11:00~ 正八面体の作成
12:30  後片付け

【午後】
13:30~ 受付と説明
14:00~ 正四面体の説明
15:00~ 正八面体の作成
16:30  後片付け

●内容
今回の講座では、一枚の折り紙から正四面体と正八面体を作成しました。まずは、それらを作るためのゼット定規を作成し、そのゼット定規を活用して正四面体と正八面体を作っていきました。

作った多面体を利用してオイラーの多面体定理を学びました。

●スタッフ感想
<木村美南>
今回は、一枚の紙から正多面体をつくるというとても面白い講座でありましたが、その分キッズにとって難しい点も多かったです。正確性が求められるため、話を聞く前に折ってしまう子やうまく折れない子は途中であきらめてしまい紙をくちゃくちゃにしてしまうこともありました。もう一回やってみよう、ともう一度一から教えると何とかできるのですが、周りとの差を気にしたり落ちこんでしまったりしたのでうまくフォローすることが大切だと実感しました。

大変なところもありましたが、一枚の紙から正四面体と正八面体が作れることにはみんな感動していて、覚えるまで何回も折る子や持ってきたオリガミクスの本を見ながら正二十面体に挑戦する子もいて楽しかったです。また、オイラーの定理を考えることで図形への興味も広がったようでした。

<水木陽菜>

折る線が少しずれるだけで綺麗に多面体を完成させることができず、とても繊細な作業が必要となる回でしたが、多くのキッズたちは集中力を途切らせることなく完成させていたのに驚きました。根気のいる作業に、もう無理、と諦めずに、分からなかったら聞いて、最後までやり遂げようとする姿が印象的でした。
2つの正多面体を作ったあと、芳賀先生からオイラーの法則を教えてもらいました。目の前にない正十二面体や正二十面体の辺の数、面の数を頭の中で考えて答えるキッズもいて、想像力が確かさにも驚かされました。これを機に幾何学の面白さに気づくキッズがいると嬉しいなあと感じました。
私自身のこととして、実際に何度か折ってみることで、聞かれたらスムーズに答えることができたのは良かったと思います。改善点としては、言葉で説明するのが難しく、手を取って教えてあげることも多かったのですが、できるだけキッズの力だけで完成させるための工夫がありそうだな、と思っています。

<中井彩加>

今回は平面から4面体と8面体を作る試みで、全て折り線をつけてから立体に組み上げました。折り線がきっちり折れていないと上手に組み立てられないので、その点に関して苦戦していたキッズもいました。、きっちり折るということに関しては、端と端や線と線を合わせることを何度も呼びかけるしかないかもしれないと思いました。今回は親子で折ってもらったので、中には難しい部分を親御さんに折ってもらったキッズたちもいたかもしれませんが、根気強く進めることが大切で、逆に根気強く進めさえすれば折りあげることができるので、再び挑戦してみてほしいと思いました。
個人的には多面体の表面に折り筋もなく出来上がるので、その点が美しく、他の多面体を折ることにも挑戦してみたいと思いました。同じように今回の取り組みで興味を持ったキッズがいたら、もっと難しい多面体にも挑戦してみてほしいです。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類2年

木村美南

 

2018年3月10日 於 霞ヶ浦環境科学センター
●目的
チョウの鱗粉転写を通して、チョウの翅の構造とチョウの分類について学ぶ

●参加者
講師: 芳賀先生
スタッフ: 水木陽菜、佐野千佳歩、OB長澤さん、OG今村さん
午前:キッズ18人/保護者9人
参加者計: 27人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
10:00~ 転写標本制作
11:00~ 名前の同定
11:30~ まとめ
12:00  後片付け

●内容
採取してきた蝶を標本にするのは、専用の道具をそろえるところから始めて、時間がかかったり、細かな作業になったりと大変ですが、今回行った転写標本は家庭にある道具で簡単に標本を作ることができます。
これは蝶に翅が鱗粉と呼ばれる体毛が発達してできた粉でおおわれていることを活かした方法です。
まず、採取した蝶の翅を付け根からピンセットを使って切り取ります。

 

次に普通紙に蝋をまんべんなく塗り、さっき切り取った蝶の翅の上下2枚を少し離して位置を整えながら置きます。半分に折って、上から強くこすりつけると、転写されます。最後に蝶の名前と今日の日付、転写標本の製作者の名前を記録して完成です。

●スタッフ感想
<水木陽菜>
最初は、翅を切り取るときに蝶に触れるのを怖がっているキッズもいましたが、作業を進めていくうちに抵抗なく蝶に触ることができていて、これをきっかけに昆虫と触れ合う機会が増えればいいな、と思いました。
今回使用した蝶は購入したものなので、生息地がばらばらで、茨城には生息していない蝶や日本産のものではないものなども多く、多種多様な転写標本が出来上がりました。綺麗に完成させるには、しっかり蝋を塗ることと、挟んだのちに強くこすることなのですが、蝋の塗りが足りなかったり、我慢できずに途中で開いてしまったりしてうまく転写できないこともありました。集中力が途切れてしまいそうなキッズを見つけて、一緒に完成することができらばよかったな、と反省しています。
転写標本は今回初めて知ったのですが、手軽にできてかさばることなく記録として取っておけるので、とても良い方法だと思いました。個人的にもぜひ挑戦してみようと思います。
今回はスタッフのOB・OGの方々にもお手伝いしていただきました。ありがとうございました。

<佐野千佳歩>
個人的な反省として、今回初めてのスタッフ参加だったので、指示待ちになってしまったことを次回は改善したいと思います。転写作業はキッズにとって、力の加減が難しいようで、羽が破けてしまうことが多々ありました。また、転写されきっていない内に紙を開いてしまい、翅がずれてしまったこともありました。どのように、どれくらいまで、といった加減を言葉で伝えることは難しいので、成功例を見せるなど指標があっても良かったかもしれないと感じました。ただ、最終的にはほとんどのキッズが、スタッフや博士のアドバイスなどから綺麗な標本を1つは完成させていました。今度は失敗しているキッズには、次はこうしてみよう、といったアドバイスを積極的にしていきたいです。今回はキッズの知識量に圧倒されてしまいました。事前に蝶の大まかな分類だけでも知っておくと、同定しやすかったと思います。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物資源学類1年
水木陽菜

2018年2月25日 於 霞ヶ浦環境科学センター
●目的
気象の実験を通して、身近な天気の仕組みを知り、
気象現象に興味を持ってもらう。

●参加者
講師: 芳賀先生
スタッフ: 谷口心平、八畑知礼、吉野葉月
午前:キッズ20人/保護者18人
午後:キッズ17人/保護者15人
参加者計: 74人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
10:00~ 雲の実験
10:30~夕焼けの実験
11:00~ 竜巻の実験
12:00~ まとめ、解散

【午後】
13:00~受付とはかせから竜巻の説明
13:30~雲の実験
14:00~ 夕焼けの実験
14:30~竜巻の実験
15:30~まとめ、解散

●内容
「雲の実験」
炭酸ペットボトルの中に線香の煙と水蒸気を入れて雲を作る。
「夕焼けの実験」
牛乳のコロイド溶液に、懐中電灯で光を当て、光源に近い場所と遠い場所の色の差を比べる。
「竜巻の実験」
ドライアイスで視覚化した空気を扇風機で吸い込み、竜巻を起こす。

●スタッフ感想
<谷口心平>
今回のサイエンスキッズは特別会。気象に関する実験をいくつか行った。準備は吉野さんに一任した。自分は以前他団体で行った記憶をもとにお手伝いした。はじめての気象実験会でスタッフも試行錯誤しながら行ったなか、キッズたちはとても主体的に取り組んでくれ、班の友だちとも協調しながら実験を組み立ててくれた。芳賀先生の問いかけにも対しても真剣に考え、素晴らしい理論立てと結論を示してくれて感動した。これからもずっと科学の種をつないでいってほしい。

<八畑友礼>
今回のサイエンスキッズでは雲、夕焼け、竜巻という3つの気象現象に注目し、それらを再現する実験を行った。初めての企画ということもあり手順や方法が確立していない中で、キッズたちはよりわかりやすい結果を得るために工夫しながら実験を進めていた。中には私たちスタッフが思いつかない創意工夫を見せてくれたキッズもいて、その発想力にはとても驚かされた。また今回の企画では実験ごとに工作が必要だったが、工作を通してキッズたちが互いに協力することができたと思う。自分より幼いキッズに教えてあげたり、作業を分担したり、自分の意見を伝えたりと、グループ活動ならではの光景を見ることができた。大人の研究者も実験を行うときの協力は不可欠であり、協力して1つのものを作る活動は科学の世界にとどまらない。そのような面においても、今回の経験がキッズたちの財産になってほしいと強く感じた。

<吉野葉月>
私が企画した今回の実験は、初めてという事もあって、結構バタバタでした。なので、本番、午前中はうまくいかないことが多かったです。しかし、午前中の子供達もその親御さんも成功させようといろいろな方法を試してくれました。その甲斐もあり、当初考えていた実験とは変更して午後行い、午後は大成功でした。午前中の皆さんには少し申し訳ありませんが、ともにより良い実験を作っていく上では、とても良い勉強になったと思います。失敗から学べることはたくさんあって、私は今回、多くのことを学びました。私に多くの発見をくれた午前中の皆さん、ありがとうございます。来年も、是非このイベントをやらせていただきたいです。今年よりもパワーアップした実験を期待していてください。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類3年
吉野葉月

2018年1月27日 於 筑波大学
●目的
身の回りには目で見る事が出来ない生き物(微生物)がたくさんいます。
その小さい生き物は、私たちの生活でも活躍していて、例えば今回の実験で使った酵母菌はパンを作ったり、お酒を造るのに活躍します。
実験ではイースト菌(酵母の仲間)が糖分を分解していることを確認しました。

●参加者
講師: 芳賀先生、﨤町先生
スタッフ: 中鉢友彰 1人
午前:キッズ18人/保護者11人
参加者計: 29人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
10:00~ 実験
11:30~ まとめ、解散
12:00  後片付け

●内容
イースト菌が糖分を用いて代謝を行い、二酸化炭素を出していることを見てみる!
・酵母ビーズの作製(酵母が散らばらないようにする)
ドライイーストを水で溶き、アルギン酸ナトリウムに加えた。
注射器でこの溶液を一滴ずつ塩化カルシウム溶液に滴下して酵母の球状のビーズを作製した。
酵母を球状のビーズにまとめることで、溶液は濁らず気泡など、観察しやすくなる。
・反応をみる
酵母ビーズを塩化カルシウム溶液から取り出し、砂糖水(グラニュー糖を溶かした)へ入れた。
しばらくすると酵母ビーズは水面へ浮き上がり、ビーズの周りには気泡が発生した。
ビーカーを密閉し、マッチを近づけるとマッチの火はすぐに消えてしまった。

酵母は糖からエネルギーを得る時に、二酸化炭素を出すことが分かった。
実際は二酸化炭素の他にもアルコールを出している。
酵母は糖からエネルギーを得る時に、二酸化炭素を出すことが分かった。
実際には二酸化炭素の他にもアルコールを出している。


●スタッフ感想
<中鉢友彰>
今回、サイエンスキッズ二回目の活動で初のスタッフ1人という事で、実験に興味を持たせられるかな、接せるかな…などと緊張していましたが、実験の説明が始まると集中して話を聞き、実験では目をキラキラさせながら手を動かして、気になったことはどんどん質問してきてくれたので安心しました。
実験はキッズが楽しく酵素の働きが見れるように工夫されていて、キッズも楽しみながらビーズを作り、二酸化炭素の排出が確認できたのではと思います。
今回実験で見れなかった糖の減少やアルコールの産生が可視化出来たらもっといいなと思いました。
又、今回は顕微鏡で実際にイースト菌をみてもらいました。
キッズによって反応は様々で色んな感想を聞けて良かったです。
保護者の方も一緒に酵母について学べた活動だったと思います・

記入者
筑波大学 生命環境学群 生物学類1年
中鉢友彰

タグ:

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

広告