芳賀サイエンスラボ

筑波山の森の中の道

Posted on: 2018年5月27日

 

2018年05月27日 於 筑波山

 

  • 目的

筑波山の登山コースをゆっくり歩きながら、途中で見られるもの(主に植物)を観察する。最後にみんなで冒険コースを歩く。

 

  • 参加者

講師: 芳賀先生

 

スタッフ: 佐野千佳歩、杉原翔吉、水木陽菜

 

午前:キッズ40人/保護者43人

午後:キッズ17人/保護者14人

 

参加者計: 118人

 

  • 所要時間

【午前】

09:30~ 受付と説明

09:45~  つつじヶ丘を出発、コースを歩きながら自然観察

11:55~ 筑波山神社到着、解散

 

【午後】

13:30~ 受付と説明

13:45~ つつじヶ丘を出発、コースを歩きながら自然観察

15:20~ 筑波山神社到着、解散

 

  • 内容

迎場コースを筑波山神社に向かって下りながら、道中に見られる様々な動植物の観察を行った。例えば種を広げる作戦からくる種類ごとの木の実の違いや、東屋の屋根に生えた植物の由来などをみんなで考えた。最後にキッズ達みんなで冒険コースに挑戦した。

  • スタッフ感想

<佐野千佳歩>

午前は3班に分かれたうちの2班目の先導をしたのですが、キッズが14人もいたため班が縦長になってしまいました。前の方のキッズにしか話ができず、かといって前を離れればキッズがどんどん進んでしまうため収拾がつかなくなりそうで離れられませんでした。事前にスタッフの前に行かないことをしっかり約束する、話を聞きたいキッズたちは前に固まってもらうなど工夫が必要だったと思います。また、1班にすぐ追いついてしまったので、1班が出発してから7.8分後に出発でも良かったかもしれません。午後は人数も少なく、慣れもあったのかあまり困ることはありませんでした。

観察では、テンナンショウの仲間の実が目を引きました。ギンリョウソウもキッズと探し、群生を確認できました。

キッズの中にスカートで来た女の子がおり、冒険コースで滑ってしまっていたので事前に連絡など可能ならばできたらよかったと思います。

 

<杉原翔吉>

自分は今回の参加が3回目でしたが、涼しい年、暖かい年と毎年微妙にみられる植物に違いがあり、僕自身楽しんで参加しています。今年は特に4月5月がとても暑かったこともあり、去年や一昨年見られた花やキイチゴの実などは少ない印象でした。一方で、植物は夏を前に青々としているように感じました。

毎年参加者が多いと列が長くなり、前のキッズ達の質問にしか答えられなかったり、説明が一番後ろまで聞こえているか自信がないときがあります。それでも今年は今までよりスタッフが一人多く、午前中はキッズ達を3つに分けていくことで、今までよりはそれぞれのキッズとお話しできたかなと思います。

倒木の個所などはかなり分解が進んでいて、当時の面影がだんだん見られなくなっていっていると思うので、新しく話す内容も開発していけたらなと思います。

 

<水木陽菜>

迎場コースを筑波山神社に向かって降りながら自然観察をしました。午前も午後も、自然観察日和でした。

森の中では、植物たちが太陽の光の取り合いをしていて、どうやったら1番多く光を浴びれるのか、少ない光で生きていくためには、、と色々な戦略を持っていることを学びました。木が倒れたり、鳥や風に種運びを助けてもらったりと、たくさんの要因が積み重なって森が出来ていくことを目で見て知れる回でした。

今回、筑波山の自然に少しでも詳しくなれたかなと思いますが、午前はあまり生き物を紹介することが出来なかったのが悔しいところでした。事前に植物などを知っておけば、キッズに聞かれても答えられたな、と思います。

怪我もなく、楽しく終えることができました!

 

記入者

筑波大学 生命環境学群生物学類3年

杉原翔吉

 

広告
タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。