芳賀サイエンスラボ

オリガミクス4

Posted on: 2018年6月3日

2018年6月3日 於 筑波大学
●目的
折り紙を折って科学する「オリガミクス」を学ぶ
●参加者
講師: 芳賀先生
スタッフ: 水木陽菜、中井彩加
午前:キッズ16人/保護者13人
午後:キッズ3人/保護者3人
参加者計:35人
●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
10:00~ 折り紙の中の3丁目、4丁目探し
11:00~ 折り紙の外の4丁目、5丁目探し
11:30~ 長方形の3丁目、4丁目、5丁目探し
12:00  後片付け
【午後】
13:30~ 受付と説明
14:00~ 折り紙の中の3丁目、4丁目探し
15:00~ 折り紙の外の4丁目、5丁目探し
15:30~ 長方形の3丁目、4丁目、5丁目探し
16:00  後片付け
●内容
色を裏にして折り紙を適当に1回折った時、色のついた図形は三角形と四角形の2通りできます。

動かす頂点を1つ決めたとき、その頂点はどこまで動かすと図形が変わるのでしょうか。

三角形になる領域を3丁目、四角形になる領域を4丁目として、境目を見つけ出しました。

頂点を折り紙の外に折ると、五角形になる領域が出てきます。後半は、折り紙の外にも頂点を動かして、さらに複雑になる境目を見つけ出しました。

●スタッフ感想
<水木陽菜>
今回の内容は、芳賀先生が中学や高校で教えたこともあるという難しい内容でしたが、キッズたちの明解なひらめきと高い集中力で、スムーズに進んだことにとても驚いています。

動く角が何個かによって色のついた折り返す部分の図形が変わるわけですが、角は正方形の一辺や対角線を半径に動くので、3丁目、4丁目、5丁目の境目は円を描くことによって決まります。

原理を理解していなくても、直感的に理解してすらすらとコンパスを使いこなし、円を描いていく姿が印象的でした。

どうして円になるのか、半径はどのように決まるのか、わかりやすく伝えるようにしましたが、キッズたちは理解してくれたかな…?

私自身は今回2度目のオリガミクス4を担当したこともあり、理解して余裕をもって取り組めたかな、と思います。

応用編として、描いた図形の面積を求めてみると、また楽しいかもしれません。ぜひ挑戦してみてください!

<中井彩加>

今回はいつもと一味違ったオリガミクスでした。芳賀先生が中高生など対象にとりくんだことがあるプログラムだったので、サイエンスキッズメンバーにとっては少し難しかったと思います。それでも、概念を理解できないキッズはほとんどいなく、苦労はしていましたが、多くのキッズが三角、四角、五角領域の図がかけていました。
反省としては、教えているうちに自分が混乱してきてしまったりしたので、事前にどのような図が出来上がるかもっと細かく確認をしておくべきでした。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物資源学類2年

水木陽菜

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。