芳賀サイエンスラボ

活動内容

活動回数
4月から1年間,季節に関係なく、土曜日・日曜日・国民の休日に、毎月2回~1回活動。

年間21~23回
年間14~15回
年間12~13回

活動時間
通常回(内容によっては変わる場合があります)
午前の部:09:30~12:00
午後の部:13:00~15:30

活動場所

室内活動
茨城県県南生涯学習センター講座室
筑波大学第二学群実験室・教室,農林技術センター教室
土浦市ふれあいセンター多目的ホール
つくばエキスポセンター会議室
見学活動
茨城県自然博物館、JAXA筑波宇宙センター、産総研地質標本館、森林総合研究所、農業生物資源研究所、筑波薬用植物栽培試験場、大洗わくわく科学館、原子力科学館、東海テラパーク、アトムワールド
野外活動
筑波山一帯、霞ヶ浦一帯、北浦白鳥の里、那珂川(御前山)、高崎自然の森、牛久自然観察の森、美浦陸平貝塚遺跡、下妻オオムラサキの森、ひたちなか平磯海岸、真壁薬王院椎尾山、筑波大学構内、岩間愛宕山、水府竜神峡

牛久自然観察の森にて

牛久自然観察の森にて

活動例
クワガタと遊ぼう、ショウジョウバエの観察、ウシガエルの解剖、ウミホタルの光るなぞ、この水飲めるかな?、カメラの徹底分解、手作り弦楽器、科学マジック、霧箱実験、ブロッコリーからDNA、科学玩具の工作、家庭用品で科学実験、科学ニュース解説、動物の動きをまねる、オリガミクス平面図形、ちょうの鱗粉転写、ビーズ球顕微鏡づくり、化石の貝さがし、貝塚の貝と生きている貝、川虫を採って川虫を食べてみよう、潮だまりの生きものを見よう、正多面体折り、土の中には何が?、1枚折りで かざぐるま、立体めがねで芸術作品、アカトンボと遊ぶ、手乗りオオムラサキ、歩いて距離を測る

指導者紹介
芳賀和夫
博物館,科学館,研究所などの職員
筑波大学学生(54人)
地域ボランティア(若干人)

ねがい(目標?)
科学人が増えてほしい。

※科学人… 科学者(scientists)という意味ではない
scientifically literate persons:問題解決に当たって科学的に判断して行動できる人

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。