芳賀サイエンスラボ

Archive for the ‘キッズII’ Category

2018年1月20日 於 牛久自然観察の森

●目的
冬の牛久自然観察の森で生き物たちの冬越しの様子を観察する。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 平山夏樹、金谷彩

午前:キッズ9人/保護者8人
午後:キッズ12人/保護者12人

参加者計: 44人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付、ノウサギの糞と梅の木の観察
10:00~ カブトムシ幼虫観察
11:00~ ゴマダラチョウの幼虫
11:10~ ホソミオツネントンボ探し
11:30~ 観察者でビデオ視聴
11:45  解散

【午後】
13:00~ 受付、ノウサギの糞と梅の木の観察
13:30~ カブトムシ幼虫観察
14:10~ ゴマダラチョウの幼虫
14:30~ ホソミオツネントンボ探し
14:45~ 観察者でビデオ視聴
15:00  解散

●内容


カブトムシの幼虫の観察の様子
芳賀先生がカブトムシの一生についての説明しています。


ゴマダラチョウの幼虫
ひとつの葉の裏に2匹の幼虫がいました。

●スタッフ感想
<平山夏樹>
昨年に引き続き今年もこの回を担当しました。最初の集合場所である駐車場奥の梅林にノウサギの糞が見られたのでキッズに紹介したところ、「汚い」と思わずに手にとって観察するキッズが多く、印象的でした。
カブトムシの幼虫は午前中の部では掘った場所が悪かったようで、10分ほど探しても全体で2匹しか見つからず残念でした。自分の手で掘って幼虫を見つけることで感動が生まれるので、できればキッズ全員に最低一匹は自力で見つける体験をさせてあげたかったです。午後の部は掘る場所を変えたところ、キッズほぼ全員が幼虫を発見できました。エリアには落ち葉を積んだ山が幾つかあるのですが、落ち葉が高く積み重なって腐葉土の層が厚そうな山を狙うのが良さそうです。
ホソミオツネントンボは昨年はコジュケイの林での探索でしたが、今年は観察舎奥のオトシブミの林での探索でした。コナラの木にいることが多く、人の目線~膝くらいの高さの小枝に擬態していることが多いです。個体数は例年よりもやや少なめでしたが、木の枝に擬態して越冬する様子に感動したキッズも多かったことだと思います。

<金谷彩>
今回は、牛久自然観察の森で、ホソミオツネントンボとカブトムシの幼虫を探しました。その他にも、キッズたちは、積極的に池をのぞきこんだり葉っぱを裏返したりして、オオカマキリの卵や、青や黒、赤の木の実をみつけたりと楽しんでいたように思います。
ホソミオツネントンボは温めるとしんでしまうので、息を吹きかけないように、また触れたり近づいたりしないようにするという先生の注意を守れていたと思います。
カブトムシの幼虫は、必ずしも深いところで見つかるわけではなく、湿り気のあるふかふかの土にいたように思います。そのため、午前の部では2匹しか見つけることができませんでしたが、午後の部では違う場所で探したので1人1匹ほど見つけることができました。
カブトムシの幼虫は、齢ごとに体が大きくなっていくらしく、今日見つけた幼虫で、大きいものではキッズの手のひらほどあったのが驚きでした。
保護者の方にも探すのを手伝ってもらったりと、みんなで一緒に楽しむことができたと思います。

記入者
筑波大学 生命環境学群 生物資源学類3年
平山夏樹

広告

2018年1月8日 於 筑波大学

●目的
どのような仕組みで虹が作られているのか考えながら、自分でも再現できるようにする。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 木村美南、藤井啓太

午前:キッズ15人/保護者12人
午後:キッズ12人/保護者6人

参加者計: 48人

●所要時間
【午前】
9:30~ 虹づくりに挑戦
10:00~ 夕日づくりに挑戦!
11:00~ プラポット分光器づくり
11:50~ まとめ、解散
12:30  後片付け

【午後】
13:30~ 虹づくりに挑戦
14:00~ 夕日づくりに挑戦!
15:00~ プラポット分光器づくり
15:50~ まとめ、解散
16:30  後片付け

●内容
光の屈折や光による屈折率の違いを利用して虹づくりにチャレンジしました。
まず、懐中電灯にアルミテープを張って細い光が出るよう加工し、水を入れたペットボトルにその懐中電灯の光を当てることで
スクリーンに見立てた白い画用紙に虹をうつすことに挑戦しました。
次に、その水の入ったペットボトルに空気中のゴミを表すために牛乳を入れ、下から懐中電灯の光を当てることで
ペットボトルの中に夕日を作りました。
最後に、回折格子と、花を売るときに用いられるプラポットを使って芳賀先生オリジナルの「プラポット分光器」を作り、
それを覗きながら光を見ることで虹を作りました。


●スタッフ感想
<木村美南>
今回の講習では、内容の欄にも書いたように、光の特性に関する様々な実験を行いました。
水を入れたペットボトルに懐中電灯の光を当て、紙に虹を映す実験では、どのような角度でペットボトルに光を当てればいいのか、といったことを
光の屈折の仕組みから考え、試行錯誤する様子が印象的でした。ようやく作れるようになると、「虹が作られることってすごいことなんだ」と驚き、喜んでいました。
また、空気中のちりやほこりに見立てた牛乳を入れ、ペットボトルの下から懐中電灯を当てると、ペットボトルの中の溶液は同じ色が均一だったはずなのに、懐中電灯の光が赤い夕陽のように見れ、子供たちも驚いていました。同じ班の子のペットボトルを並べ、横から懐中電灯をあて、そのペットボトルたちの色の違いを楽しんでいる子もいました。
プラポット分光器は、回折格子とプラポットを用いて虹の見える望遠鏡のようなものを作り上げました。スライドである色を出し、
その色の組成を調べるなど、虹について深く学ぶことができたと思います。
私もキッズに交じって光の仕組みを学びながら楽しく虹を作ることができ、とても良い講習でした。

<藤井啓太>
今回のサイエンスキッズでは,光の特性を大きくわけて3つ学びました.
1つ目の虹は屈折と呼ばれる性質です.赤色の方が屈折しにくく,青色の方が屈折しやすいことによって起こります.光をどの向きで入れたら綺麗に虹ができるのか,みんなで考えながら試行錯誤できてよかったと思います.
2つ目の夕日は散乱です.机の上で見る夕陽は如何でしたか.上ってすぐの月が赤いのも同じ性質によるものです.短い距離だと青くなる昼間の空が青い理由まで楽しめた子もいたようでした.
3つ目の分光で遊んだのは,干渉によるものです.ガソリンスタンドや洗車場で水たまりに虹色が見えるのと似た原理です.プロジェクターの色を変化させることで,光には様々な色が混ざっていることが確認できました.
個人的に不思議だったのは,プロジェクターで黒い光を出したときに,白と同じようなスペクトルが観察されたことです.
原理としては,出力しない=黒とされているようですが….
と皆さんも身の回りの不思議に目を向けてみてくださいね.

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類1年
木村美南

タグ:

2018年1月7日 於 北浦白鳥の里

●目的
水鳥の観察を行う。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 相澤良太、金谷彩

午前:キッズ21人/保護者24人

参加者計:48人

●所要時間
【午前】
9:10~受付
9:30~ 観察
9:45~説明
10:00~ 観察、餌やり
~11:20  まとめ、解散

●内容
水鳥が何種類いるのか、どの種類なのか、何をしているのか、水に近づくもの、近づかないものの違いは?など、様々な点から水鳥を観察する。

1515286704344s.jpg

 

P_20180107_084717.jpg

 

P_20180107_094920.jpg

 

【主宰者のひとこと】
今回の天候は,晴天微風で寒さに凍えることなく水鳥に親しむことが出来た。白鳥は,例年多いコブハクチョウが少なく,逆にオオハクチョウが多くその幼鳥も混じっていたが,集合時に多数いた白鳥は下流の溜まりや沖合に集団移動して,間近に触れることは出来なかった。ここ数年の通例としてオナガガモが優占していて,他の水鳥は少ないながら,ホシハジロ,キンクロハジロ,オオバンが観察できた。ユリカモメは相変わらず多く,他の大型のカモメ(種不詳)も認められた。

従来,この場所を管理し,給餌していた「白鳥を守る会」は解散したものの,有志として元会員が自発的に駐車スペースの白線引きや定時給餌などを続けておられて,サイエンス・キッズの見学も歓迎してくれた。

これほど間近に野生動物を観察できる場所は他にはなく,今後も地元有志の努力に期待するところ大である。(芳賀)

 

●スタッフ感想

<相澤良太>
今回の観察では7種の水鳥を観察することができました。特にキンクロハジロとホシハジロが観察できてよかったと思います。ホシハジロは比較的ちかくで観察することがでましたが、キンクロハジロは沖にいることが多く、双眼鏡がないと観察しにくいことが残念でした。キッズにも双眼鏡があると、この2種はもちろん、多数いたオナガガモやオオバンなどを詳細に観察することができ、さらに楽しむことができると思います。ただ餌をあげるのを楽しむのではなく、なかなか近づくことができない野生の鳥をよく観察し、少しでもおもしろいと思えるところを見つけてもらえたら嬉しいと思います。スタッフとしても解説ができるよう事前勉強をすべきであったと思います。

生物資源学類3年
相澤良太

<金谷彩>
今回の水鳥の観察では、優先種のオナガガモのほかに、キンクロハジロ、オオバンなどを観察することができました。また、少し珍しいホシハジロなどを近くで観察する事ができました。
全体として、6種類ほど観察できるそうですが、多い子は7、8種類ほど見つけることができたようです。キッズたちは鳥を驚かさないようにゆっくり歩くという先生の注意をきちんと守れていたと思います。
一様に鳥が見えても細かく見るとたくさんの種類がいたり、同じ種でも少しずつ模様や性格が違っていて驚きが多く、私自身もキッズと一緒に楽しむことができました。また、保護者の方も一緒になって楽しむことができたと思います。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類1年
金谷彩

2016年11月23日 於 宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センター

●目的
サイエンスキッズ秋の特別会!
JAXAの方々から宇宙にまつわる話を聞き、また工作実験を通して宇宙について考える。

●参加者
講師: 芳賀先生

JAXAスタッフ:西顕太郎、小澤悟、白澤洋次

スタッフ: 新堀剛史、藤井啓太、椎名瞳、水木陽菜

参加者計: 200人

●所要時間
【午前】
9:15~ 受付
9:30~ イントロ
~移動~
10:00~ 講義
10:20~ 熱気球工作
10:50~ 打ち上げ
11:20~ 大型気球打ち上げデモ
11:40~ まとめ
12:00解散
【午後】
12:45~ 受付
13:00~ イントロ
~移動~
13:30~ 講義
13:50~ 熱気球工作
14:20~ 打ち上げ
14:50~ 大型気球打ち上げデモ
15:10~ まとめ
15:30解散

●内容
今年のJAXA会は、「熱気球」を題材としました。
気球と宇宙とはあまり結びつかないかもしれませんが、宇宙近傍まで気球で行くことができたり、火星上などで気球で観測する研究()があるなど、宇宙開発とも深く関わっているようです。


宇宙近傍まで気球で上昇し、ダイブする映像

今回は、大型で薄いポリ袋にドライヤーで熱気を入れて気球を制作しました。
午前と午後で上がる高さが異なり、温度差がシビアに出ることがわかりました(どれくらい上がるか、計算を試みましたが、ポリ袋が断熱でないため計算がうまくできませんでした。)。

工作風景

また、JAXA側の方は、より大型の気球を作り、ガスコンロで熱して打ち上げました。
これにはカメラを取り付けて、上から撮影しました。


大型気球の打ち上げ。

【反省】
・新堀
2回めのJAXA会で今回はスタッフリーダーを努めました。藤井さんのサポートのお陰でなんとか完遂できて良かったです。
熱気球が題材ということで去年の水ロケットに比べ華やかさにかける実験だったので少々不安だったのですが、キッズたちは非常に楽しそうにやって頂いてとても良かったと思います。大型気球の打ち上げでは、午前午後ともうまく打ち上がり上空から写真が取れたので良かったなと思います。
来年もこのメンバーで取り組めればと思います。

・藤井
3年目になりますJAXA回ですが、今年の熱気球は僕が去年からずっとやりたかったものでした。昨年、どうしても熱気球が作りたくなって、冬の気温(5℃程度)の密度から、浮遊に必要な容積や、浮かせることのできる質量の計算などを行いました。
残念ながら今回の午後に参加されたキッズたちの熱気球は浮きませんでしたが、10℃気温があがると密度が0.1kg/㎥も変化することを物語っている結果だったかと思います。キッズの実験は、暖かい空気をドライヤーで吹き込んでいるため、内部の気圧が多少上昇してしまっている反面、JAXAの人たちが行った実験は、体積がほぼゼロの空気を暖めて体積を大きくすることで(密度がかなり低下している)浮かせているため、周囲の気体の温度の影響を受けにくかったのかと思われます。
実際に家で行ってみてどうだったでしょうか。浮きましたか?
失敗も成功も実験ならではの経験です。みなさんも身の回りの不思議を実際に工作して体験してみてくださいね。

・椎名
今回は、熱気球の実験をおこないました。工作手順は簡単でしたが、実際に浮く様子には見応えがありました。袋の中の空気を温めると、袋の外の空気との密度の差ができて浮力が生まれる様子が体感できたと思います。
実際に浮かべる際には、ドライヤーがとても熱くなるのでスタッフ側にも注意が必要であると思いました。また、室温を低く調節しないと上手く上がらないので、事前に室温を把握しておく必要があると思いました。

・水木
宇宙や物理に専門的な知識があった訳ではなかったのですが、楽しそうだなと思ったのが始まりでJAXA回を担当することになりました。
何回か行ったミーティングでは、スタッフのみなさんの知識にただただ圧倒され、私が役に立てるのか不安でしたが、計り知れない好奇心に触れることができたのはよい経験になったなと思っています。
今回は熱気球を扱い、キッズたちもイメージしやすい気球と、広大な宇宙との結びつきを学びました。私も初めて知ることが多く、スタッフとして楽しむことができました。
当日は、袋の口をセロハンテープで留めるのを苦戦するキッズが多く、セロハンテープの使用量が上がる高さを決める大きな要因だったので、丁寧に見てあげるべきだったと反省しています。作業には真剣な顔で取り組むキッズも、上手く浮かんだときに嬉しそうな表情を見せてくれたのがとても印象的でした。
ブレーカーが落ちてしまったりなどのトラブルはあったものの、JAXAスタッフの皆さんによる実験で、高く浮かぶ気球の下でキッズたちがとても楽しそうにカメラに向かう様子が見れて良かったです。

2017年10月29日 於 筑波大学

●目的
身近にあるストローでDNAモデルを作ることによって、DNAの構造を視覚的に学ぶ。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ:新堀 剛史、吉野葉月

午前:キッズ18人/保護者10人
午後:キッズ5人/保護者5人

参加者計: 38人

●所要時間

【午前】
9:40~ DNAの説明
10:15~ 工作の説明
10:30~ 工作開始
12:00   片付け

【午後】
13:00~ DNAの説明
13:20~ 工作の説明
13:40~ 工作開始
15:30  片付け

●内容
太さや色の違うストローを組み合わせてDNAの二重螺旋構造の模型を作る。GとC、AとTのみが対応するようにストローの長さを調整し、実際に模した構造になる。
中にステンレスワイヤを入れてねじって螺旋状を固定する。
R0060165
R0060178●スタッフ感想
<新堀剛史>
今回は、DNAモデルをストローで作った。工作手順は単純作業の繰り返しだったが、キッズⅠ・Ⅱのみで、親御さんの手伝いもあり素早くできたように思う。

記入者
筑波大学 理工学群工学システム学類2年
新堀剛史

2017年11月19日 於 筑波大学

●目的
ゴムの実験を通して、ゴムの性質を知る

●参加者
講師: 久保利加子さん、芳賀先生

スタッフ: 谷口友梨

午前:キッズ11人/保護者9人

参加者計: 20人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
10:00~ ゴムの性質についての実験
10:30~ 工作
11: 15~ 生ゴムのボールを作ってみよう
12:00  後片付け

●内容
まず、ゴムの性質について簡単な実験を行いました。
ゴムは伸びる、摩擦がある、音を吸収する、電気を通さない、など、たくさんの性質を確認しました。

次に、スーパーボールを落とした時にその衝撃でストローを飛ばすための工作をしました。
どういう形にストローをしたら良く飛ぶかを考えて試しました。

最後に、生ゴムのボールを作りました。

 

●スタッフ感想
<谷口友梨>
今回の実験では、ゴムを使った色々な実験を通して、ゴムの色々な性質に触れることができました。工作を通して、どのように飛ばしたら良く飛ぶかを考えるキッズたちの様子がとても印象的でした。
身近なゴムですが、このように改めて性質について考えることは少ないと思います。今回の実験を機に、ゴムの性質やどのように使われているかなど考えてみると面白いのではないかと思いました。

記入者
筑波大学生命環境学群生物学類三年
谷口友梨

2017年10月28日 於 筑波大学
●目的
家庭にあるもので科学実験を行う。
●参加者
講師: 芳賀先生
スタッフ: 水木陽菜、須藤裕子、中井彩加
午前:キッズ25人/保護者21人
午後:キッズ15人/保護者14人
参加者計: 75人
●所要時間
【午前】
9:30~ 受付、実験①指1本で重いものを持ち上げる
10:15~3人のスタッフによる実験(5つ)
11:30~実験⑦偏光板で芸術作品
11:50~まとめ、解散

【午後】
13:00~ 受付、実験①指1本で重いものを持ち上げる
13:45~3人のスタッフによる実験(5つ)
15:00~実験⑦偏光板で芸術作品
15:20~ まとめ、解散

●内容
・指一本で重いものを持ち上げる
プラスチック板にフックを取り付け、水をつけたプラスチックのコップの淵に密着させ、空気の押す力を利用してコップを持ち上げた。コップの中に乾電池や水を重りとして入れ、取り付けたフックに引っ掛けた指1本で持ち上がることを体験した。

・1枚の紙で強い橋コンテスト
B5の印刷用用紙から折ったり丸めたりなどして橋を作成、それがどれくらいの重さに耐えるかキッズ間で試行錯誤してもらった。

・アルミ箔UFO
IHヒーターを使って電磁気を利用し円状に切ったアルミ箔を浮かせた。

・どっちがゆでたまご?ゆでたまご?
暗い部屋で卵に光を当て、光を透過するかどうかでゆでたまごとなまたまごを見分けた。

・つまようじを刺しても割れない風船を作ろう
膨らました風船の表面にセロハンテープを貼り、ゴムの伸縮を抑えることでつまようじを刺しても割れないことを学んだ。

・ふわふわ浮く風船をボールにしてみよう
風船にビニールテープで重さをつけることで、ゴムの性質を活かし、毬つきのできる風船を作った。

・偏光板で芸術作品
3Dメガネで使われている偏光板で貼り重ねたセロハンテープを挟み、光に当てることで重ねた回数によって色が変わることを学んだ。

●スタッフ感想
<水木陽菜>
私が担当したのは風船を利用した2つの実験で、風船の性質をキッズたちと考えながら進めていきました。まず、膨らました風船に穴をあけると縮もうとする力が働き、割れてしまうことを学び、それがゴムの性質であることを踏まえ、風船をボールのようにしてみようと工夫しました。
担当した実験について反省点が多かったと感じています。まず、風船を題材に選んだことで、遊びではなくサイエンスにする工夫が必要だったことです。キッズたちが風船に夢中になってしまったり、割ってしまったりして集中力を失わさせてしまい、科学との結びつきを伝えきれなかったと反省しています。風船の周りにビニールテープを貼る作業は難しく、一人に一つ風船を配り、空気を入れる作業から行ってもらうったため、時間的なロスも多く、特に最初の班ではテープを何周まわすかで生じる差などを感じてもらうことなどができなかったように思います。
午後のサイエンスキッズでは午前の反省点を活かし、テープを貼る前、貼った後の体感の違いを比べてもらったり、一人ひとり風船を割らないようサポートしてあげることでスムーズに進めることができました。
今回、初めてスタッフリーダーとしてサイエンスキッズに参加しましたが、勉強になることが多かったように思います。

<須藤裕子>
今回のサイエンスキッズは身近なもので科学実験、ということでキッズに様々な実験をしてもらいました。実験の数が多くじっくりと実験が行えるか不安でしたが、満足そうにハイタッチをして帰るキッズを見れて安心しました。
私がプレゼンした実験は1枚の紙から強い橋を作る、といったものでした。橋の強度を測定するものとして電池が何個入るかをものさしとしたのは良かったのですが、重り入れが小さく電池が入らなくなってしまったので測定する方法をより入念に考えておくべきでした。また、用意した紙が最後の方ではなくなってしまい、一部のキッズでは作れる橋の数が制限されてしまったのが残念です。
今回の会ではスタッフも実験を行う側であった都合、ローテーションを組んだことで参加したすべてのキッズとまんべんなくコミュニケーションが取れたことが非常によかったです。

<中井彩加>
今回の構成は芳賀先生による実験とスタッフが担当する実験が分かれていた。私はキッチンにあるものを題材に2つ実験を行った。
一つ目のアルミ箔UFOは単純に現象としておもしろいので、興味を引き付けることができた。説明の際にはリニアモーターカーを例に出したが、キッズたちが浮いていることに自ら気が付いてくれたり、原理を説明してくれたりした。ただ現象を見て面白いだけではなく、解説まで取り組めたのは私自身にとって大きな収穫となった。
二つ目の生卵とゆで卵を見わける実験では、キッズたちに様々な方法で見わけてもらった。直観だけではなく、根拠を見つけて説明できることが大切だったが、私自身がもっと忍耐強く説明を聞き出す努力が必要だったと感じた。

記入者
筑波大学生命環境学群生物資源学類1年

水木陽菜

タグ:

広告
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カテゴリー