芳賀サイエンスラボ

Archive for the ‘キッズIII’ Category

2017年4月16日 於 筑波大学

●目的

自分の眼や耳の感覚、腕や指で温度や触れる感覚を調べたり確かめたりしてみよう

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 新堀 剛史、中井 彬恵

午前:キッズ32人/保護者23人
午後:キッズ23人/保護者11人

参加者計: 89人

 

●所要時間
【午前】
9:40~  ブラックボックスの実験
10:20~   それぞれの実験(芳賀先生:回転、新堀:神経・脈拍、中井:重心)
11:20~  錯視の観察(ドラゴンのペーパークラフト)
12:00   後片付け

【午後】
13:40~  ブラックボックスの実験
14:20~     それぞれの実験(芳賀先生:回転、新堀:神経・脈拍、中井:重心)
15:20~  錯視の観察(ドラゴンのペーパークラフト)
16:00      後片付け

●内容
ブラックボックスの実験では、「音を聞く」や「転がしてみる」といった観察を行うことで閉ざされた箱の中にあるモノを当てました。ただ振るだけではわかりませんが、観察することで謎を解くまさに科学を体験することができたと思います。

その後の各スタッフの実験では非常にかんたんな実験ながら興味深い結果が観察できたと思います。ぜひ家でも試してみてください。

ドラゴンのペーパークラフトでは皆さん錯視を観察できたようです。凹みが凸に見えるだけでなくどこから見ても目線の合う不思議なドラゴン。様々な錯視の紹介があったので、ぜひ「どうして」を考えてみなさんも錯視図を作ってみてください。

ドラゴンの製作に取り組むキッズ

●主宰者の一言

新入会キッズにとっては初めての回であったが,会場の2B403実験室への道案内スタッフを2人配置したため,ほとんど迷った人はいなかったが,学園東大通りの筑波大学中央口が,大学敷地全体ののやや北側に位置しているため不安を感じた運転者からの問い合わせ電話が数件あった。
昨年度まで,キッズⅠの冬に設定してあった「ガードナーのドラゴン」を,視覚の錯覚と言うことで,この回に入れたため,やや時間的に窮屈な感じがあった。また,参加人数が多い割にはスタッフを2人と少なく指定してしまったため,3班編成にして,その1班に芳賀もローテーションに組み込んだうえ,スペースとしてエレベーターホールを使用したためため,他の2班の実施状況を見ることができなかった。回転椅子を使った平衡感覚の体験では椅子の脚の固定が不十分で,今後の課題となった.(芳賀)

●スタッフ感想
<新堀 剛史>
サイエンスとはなんだろう。この問に対し様々な科学者が向き合って来ました。その中で僕が一番好きな答は朝永振一郎先生の「不思議と思うこと、それが科学の芽です、よく観察して確かめ、そして考えること、それが科学の茎です。そして最後にナゾが解けること。それが科学の花です。」と言うものです。サイエンスキッズの中で、たくさんの科学の芽が芽生えると思います。その中で一つでも花を咲かせることができれば大成功です。今回のテーマも難しく言えば、感覚と判断、回転の腕の長さと速さの関係、神経の分解能、重心位置と姿勢制御、脈拍と振動、錯視といった芽があります。興味がある芽を探し出して花を咲かせてください。

<中井 彬恵>
今日は「自分自身でサイエンス!」というテーマでスタッフとして様々な実験をお手伝いさせていただきました。
最初はブラックボックスの中身を当てよう!というテーマでしたが、箱を傾けたり箱同士を比べたりしてよく考えた子はコツを掴んで全問正解することができたようです。分からなくても試行錯誤を重ねて検討する科学者としての姿勢を体験してくれたらなと思います。
他にも自分自身の体の不思議を体験してもらったりしましたが、その理由を子どもたちも分かりやすいように伝えることの難しさを痛感しました。
普段何気なく自由自在に操っている自分の体も、意外と言うことを聞いてくれない場合が多々あります。そのことを体感し、あわよくば「なぜ?」を突き詰めて身の回りの不思議なことを追及してくれたらいいなと思いました。

筑波大学 理工学群工学システム学類2年
新堀 剛史

タグ:

2017年3月4日 於 筑波大学

●目的
牛乳パックの長さをはかって線を引き、はさみとカッターナイフで切り、輪ゴムとビニールテープを使ってびっくり蛇を組み立てる。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 平山夏樹、坂入愛、谷口友梨

午前:キッズ16人/保護者11人
午後:キッズ18人/保護者13人

参加者計: 62人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
10:00~ 蛇の胴体作成
10:55~ 説明
11:00~ 輪ゴムかけ、頭・箱の作成
12:00  終了

【午後】
13:30~ 受付と説明
14:00~ 蛇の胴体作成
15:00~ 説明
15:10~ 輪ゴムかけ、頭・箱の作成
16:00  終了・片付け

●内容

1.牛乳パックを3個使い、1個で箱を作り2個で蛇を作る。

2.蛇に使う牛乳パックはカッターで底を切り落とし、4等分する線を引いてハサミで切る。

3.牛乳パックを輪切りにしたものを8個作ったのち、ビニールテープで接着する。

4.各パーツに切れ込みを入れ、輪ゴムを引っかける。

5.余った牛乳パックの切れ端で頭や尻尾を作り、胴体に接着する。

6.最後に箱を作って中に蛇を入れることで、箱を開けた瞬間に蛇が飛び出す「びっくり蛇」が完成する。

●スタッフ感想
<平山夏樹>
今回の工作は易しい内容なので、低学年のキッズでも比較的取り組みやすかったと思います。カッターを使う場面とはさみを使う場面があるので、その使い分けには十分注意が必要です。安全面からカッターの使用はなるべく避ける方針で取り組みましたが、はさみを使うべき場面でカッターを使おうとするキッズがいたため、スタッフが注意しました。親子で協力して作るキッズと一人で取り組むキッズがいたため、完成に時間差が出てしまいます。早く作り終わったキッズは余りの4つ目の牛乳パックを使って胴体を更に長くしてみるなどして、時間を持て余さないようにできればよいと感じました。

<坂入愛>
今回は比較的易しい工作であるため,低学年から高学年まで楽しめていたと思います。カッターやはさみを使用する中で,線を引いてから切ることを徹底したり,カッターの使い方の指導をしたりすることで怪我を防げていて安心しました。しかし,高学年のキッズや保護者の方が多く手伝ってくれているキッズは胴体をつなげるまでの作業が早く終わってしまい,退屈そうにしているのが目立ちました。そこでさらに何か発展の内容を取り入れられたら良いと思いました。また,箱の設計はキッズの工夫に任せていたので,いろいろな箱ができてとても面白いと思いました。折角なので,面白い構造のものは他のキッズに向けて紹介ができると良いのではないかと思いました。作業では,左利きのキッズが2人いたため,左利き用ハサミがもう1つあると良いと思いました。

<谷口友梨>
今回のイベントは牛乳パックを用いた工作で飛び出す蛇を作る、というものでしたが、一つ一つの行程は簡単なもので作れることに驚きました。蛇の本体が完成した後も、頭や尾をつけたり、飛び出す箱を工夫したり、考えながら工作している姿が印象的でした。どうしたらよく飛び出すかなどを考えていて良かったと思います。
作業の早さに多少差が出てしまっていたのが気になりましたが、全員が完成させることができたと思うので良かったと思いました。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物資源学類3年
平山夏樹

2017年4月2日 於 筑波大学

●目的
新入会者に、サイエンス・キッズについて知ってもらい、今後の円滑なイベント運営を図る。

●参加者
講師: 芳賀先生
スタッフ: 吉野葉月、杉原翔吉

午前:キッズ22人/保護者28人
午後:キッズ26人/保護者35人

参加者計: 114人

●所要時間
【午前】
9:30~  受付
10:15~ 説明
11:30~ 解散

【午後】
12:30~ 受付
13:15~ 説明
14:30~ 解散

●内容
平成29年度にサイエンス・キッズに入会する人のための説明会。
≪保護者と子供≫
・芳賀先生の紹介
・サイエンス・キッズの活動の紹介
・A班、B班の確定

≪保護者≫…15分程度
・会計について
・芳賀先生の話

≪子供≫…15分程度
・名札の付け方
・写真撮影
・大学探検

●来年スタッフになる方への注意点
・実験室では、飲食ができないことの周知を一番最初にしておきべき。
・誘導のおかげで、道に迷わずに来れたとの声が多かったので、来年も誘導は必要。
・子供が座るので、椅子の高さを調節してあげるといいかも。
・途中、子どもと保護者に分かれて説明を行う。スタッフは子供側につくので、子どもがいなくなってしまわないように十分に気を付けなければならない。
・名札の付け方を子供に伝える際、”回収するときにクリップを短くしてからスタッフに渡すこと”も伝える。

 

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類3年
吉野葉月

 

2017年3月20日 於 霞ヶ浦環境科学センター

●目的
本文

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 久保友汰、谷口心平、久保漱汰

午前:キッズ14人/保護者9人
午後:キッズ9人/保護者8人

参加者計: 40人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
10:00~ ラジオ製作
11:00~ 外でラジオを聞く
11:50~ まとめ、解散
12:30  後片付け

【午後】
13:30~ 受付と説明
14:00~ ラジオ製作
15:00~ 外でラジオを聞く
15:50~ まとめ、解散
16:30  後片付け

●内容
今回は市販のゲルマラジオを用いてラジオを聞くことを行った。このゲルマラジオは、はんだづけを要するのでキッズたちは怪我に注意しながらラジオを作成した。作成が終わったのち外に張ってあるアンテナにそれぞれのラジオのアンテナをくくり、放送を聞いていた。

●スタッフ感想
<氏名>久保友汰

今回は霞ヶ浦環境科学センターでラジオの作成を行った。このラジオは自分がキッズだった頃と構造は変わっていなかったため説明も当時と同じ説明をキッズたちにしながら作成してもらった。外で張ったアンテナで聞くと一部のキッズたちはニュースや交通情報等を聞くことができていた。

<氏名>谷口心平
今回は、はんだづけをしながら鉱石ラジオを作成した。余り慣れないはんだごての操作も少しずつ上達して、上手く行った様子をみせてくれた。作成後は屋外に設置した導線をアンテナに、電波をさがした。実際にラジオが聞き取れた時の、感動した表情が印象的だった。「家ではどうやって聞けるのか」など事後学習にも意欲的で、参加者の学習への積極性にとても関心した。

【主宰者のひとこと】

台湾のAVIOSYS社のキット K23 Crystal Radio を使って,簡単なゲルマラジオを組み上げた。このキットには繁体字中国語と英語の説明が付いているが日本文はない。しかし,基板に部品略図がプリントされているので,ハンダ付けを初めて体験するキッズも容易に部品をハンダ付けすることができる。これはイヤホンで聴くキットで,屋外に,約60m と80m の2本の単線を張って,それで受信し,何かのアナウンス,音楽,ラジオ体操,甲子園中継などをきくことができ,電波の不思議を体験できた。会場の霞ヶ浦環境科学センターの庭園の立木を利用して張ったアンテナは,よく聞こえる場所が2か所(橋付近と四阿付近)あって,午後の部の方が良く聞こえた,
工作は研修室の実験机3台で行い,各机にスタッフ学生が1人ずつ付いた。当初予定のメンバーから1人が欠けた状態だったが,スタッフリーダーの兄で元サイエンス・キッズの東京農工大学学生が応援してくれて,とても心強かった。(芳賀)

記入者
筑波大学 生命環境学群生物資源学類1年
久保友汰

2017年1月9日 於 筑波大学

●目的
机の上に虹を作り光の性質を理解してもらう。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 久保友汰、新堀剛史

午前:キッズ17人/保護者11人
午後:キッズ10人/保護者9人

参加者計: 47人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
10:00~ 実験1
10:30~ 実験2
11:00~ 実験3
12:30  後片付け

【午後】
13:30~ 受付と説明
14:00~ 実験1
14:30~ 実験2
15:00~ 実験3
16:30  後片付け

●内容
今回はそれぞれ虹を見るために3種類の実験を行った。

まず虹ビーズを用いた実験を行った。虹ビーズとは極小のガラスのたまである。それをスプレーのりを用い黒いかみにつけることで空の虹と同じ原理で虹を観察できるというものである。

次にCDを用いた実験を行った。CDの裏面を用い牛乳パックに虹を写す装置を作り、光の別れ方を観察した。

最後に分光シートを用い分光機を作った。黒丸ポリポットを使いスリットを作り蛍光灯、電球、LEDの分光の仕方の違いを観察した。

●スタッフ感想
<氏名>久保友汰
今回の実験では自分は虹ビーズの実験を担当した。全体を通し実験は概ね成功した。虹ビーズは目に入ると目を傷付ける恐れがあったため自分と新堀君がビーズをつける作業を行った。個人的にはこの作業をキッズにやってもらうことでより虹のできかたを理解できたのではないかと思うことが今回の反省である。

<氏名>新堀剛史
サイエンス・キッズ 感想 新堀 剛史  今回は、スタッフが中心に実験を進める機会をいただき大変貴重な経験をすることができた。自分の用意したプログラムは、CDに白色光をあて回折して分光した反射光をスクリーンに映すという簡単なものであった。初めはうまくいく不安であったが、完成し虹がスクリーンに映った時のキッズたちの「やったぁ」「きれい」という声が聴けて大変良かった。また、プラポット分光器を使った実験は、光源により全く異なるスペクトルを観察することができ、フラウンフォーファー線を観察できた親子もいて非常に良かったと思う。  内容は、回析・屈折という深くつめれば非常に難解な分野だが、「虹」というとっつきやすいテーマだったので、この分野へのキッズの関心を引けたと思う。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物資源学類1年
久保友汰

2017年2月19日 於 霞ヶ浦環境科学センター研修室

●目的

一見すべて同じように見える水。でも水といっても、たくさん種類はある。それぞれの水の違いをこの実験を通して知る。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 高瀬、田村

午前:キッズ14人/保護者-
午後:キッズ12人/保護者16人

参加者計: -

●所要時間
【午前】

9:00~ 受付
9:30~ 説明
9:45~ 実験
11:45~ まとめ
12:00~ 解散

【午後】
13:00~ 受付
13:30~ 説明
13:45~  実験
15:45~ まとめ
16:00〜 解散

●内容
水道水、精製水、霞ヶ浦の水(濾過したものとそうでないもの)、ミネラルウォーター(国内産と海外産)の6種類の水及びキッズが持ってきた水について、電気伝導度、カルシウムイオンとマグネシウムイオンの濃度、塩化物イオン濃度を調べました。一見透明で同じに見える水でもそれぞれに違いがあることを学びました。

●スタッフ感想
<田村>
初めての霞ヶ浦環境科学センターでした。霞ヶ浦の水、霞ヶ浦の濾過水、水道水、
精製水、および市販の飲料水(日本産、フランス産)の電気伝導度、含まれるCa²⁺、
Mg⁺、Cl⁻の量を計測しました。刺激臭のする試薬や重金属を含む試薬を使用した
ため、実験器具や薬品の扱いに一部心配な点がありましたが、キッズたちは班で
協力し、安全に実験を終えることができました。積極的に実験に参加したがるキ
ッズも、なかなかやりたいと言い出せないキッズもいましたが、キッズ同士で譲
り合い、少しずつ打ち解け、順番に実験を行う姿に成長を感じました。午前午後
ともに実験は時間通りに終了しましたが、作業に慣れるにつれ、何滴で滴定が完
了するかなど、仮説を立てるキッズも多かったため、キッズたちが測定値につい
て独力で考察する時間があったら更に良いと感じました。

 

<高瀬>
今回の内容は正直キッズには少し難しく、使う薬品もそのまま水道に流せないものもあったので少し不安だったのですが、やってみるとキッズは数値からちゃんと意味を見出していたり、薬品によって色が変わる様子を楽しむだけでなく「これはきっと〇〇滴で色が変わるだろう」と予想しながら実験をしていたことに感心しました。イオン濃度や電気伝導度は普段あまり意識することのない数値ですが、「この数値が高いと汚い」「同じミネラルウォーターなのにこの数値が違う」など理解してくれたのは嬉しかったです。

理解の助けになるよう、また班の全員が楽しめるように努力したつもりでしたが、積極的なキッズばかりが実験の作業をしてしまったことは私たちの反省点ではあります。全員が均等に機材に触れらるように工夫することが大切だと感じました。

 

記入者
筑波大学 理工学群物理学類2年
高瀬勇気

2017年2月4日 於 筑波大学

 

●目的

色の光(LED)をコップに入れて、いろいろと混ぜるとコップはきれいな色のジュースで満たされます。光に影を作ってみると、その色もおもしろいよ。

 

●参加者

講師:芳賀和夫、久保利加子(おもしろ・ふしぎ実験隊)

スタッフ:須藤裕子、平山夏樹

午前:キッズ25人/保護者16人

参加者合計:45人

 

●所要時間

【午前】

9:30~ 受付と説明

10:00~ 光のジュースの説明

10:20~ 光のジュース作成、色の影作成

10:50~ LEDランタン作成

12:00~ 片づけ、解散

 

●内容

1:光のジュースは何でできている?

赤・青・緑のLEDを組み合わせてみたり、1色のみを紙コップの中にいれてどのような色の光のジュースができるか実験をしました。

 

2:さまざまな色の影をつくる(ゲーテの実験)

光のジュースの実験の応用としてさまざまな色の光をあて、その影の色を見ました。

 

3:LEDランタンの作成

赤・青・緑のLEDと紙コップを組み合わせたものに様々な形に型取った紙をあてはめ、その形が光として出るようにLEDランタンを作成しました。

 

写真① 1:完成した光のジュース一例

s__19021835

 

写真② 1:光のジュースを作成し、久保さんに説明を受けているキッズ

s__19021834

 

写真③ 3:完成したLEDランタン一例

s__19021838

 

写真④ 3:LEDランタンができあがり照らしている様子

s__19021836

 

●スタッフ感想

<平山夏樹>

今回は久保利加子さんによる進行で、スタッフの主な仕事は当日朝の準備と実験・工作材料の配付でした。LEDを扱うこの回は実験室の照明を付けたり消したりすることが多いので、スタッフ一人は常に照明を操作できる位置にいる必要があります。久保さんが用意してくださった準備物の量が多かったため、当日の朝は迅速かつ丁寧な準備作業が求められました。2時間半という時間に対して内容が盛りだくさんだったため、キッズとっては非常に充実した回だったと思います。しかし、進行ペースが早いため久保さんの指示を聞き逃してしまうキッズも見受けられました。スタッフの事前講習を行わなかったため、イベント本番で久保さんの指示内容を把握して、それを聞き逃してしまったキッズに伝達する必要性を大いに感じました。

 

<須藤裕子>

今回のサイエンスキッズは、サイエンスキッズの母ともいえる「おもしろ・ふしぎ実験隊」の久保さんに講師としておこしいただき、LEDを用いたさまざまな実験を行いました。普段みている白色の光が赤・青・緑の光からできることを見たキッズは、非常に興味深い様子で実験をやっている姿を見れてよかったです。また、ゲーテの実験では自分から鉛筆を立てる位置を変えたら見える影はどうなるんだろうと進んで実験をしているキッズもいて、その好奇心旺盛な様子と熱心さに感心しました。

また、会の最後では2月4日はハカセこと芳賀先生の誕生日ということで、部屋を暗くしLEDランタンをつけてハカセと2月生まれのキッズや保護者の方を一緒にお祝いしました。暗い室内にキッズたちの作ったたくさんのLEDランタンが光っている様子はとてもきれいで感動しました。キッズやその保護者、そしてスタッフの私自身も楽しめた会で非常に良かったです。

 

記入者

筑波大学 生命環境学群生物学類3年

須藤裕子

タグ:

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー