芳賀サイエンスラボ

Posts Tagged ‘ひたちなか平磯海岸

2017年4月29日 於ひたちなか平磯海岸
●目的
潮だまりに生息している生き物を観察し、親しむ
●参加者
講師: 芳賀先生
スタッフ: 森田俊平、三浦博樹、杉原翔吉、中井彩加
参加者:キッズ60人超
●所要時間
【午前】
9:00~受付開始
9:50~採集①
11:00~採ってきた生き物の観察と解説①
11:20~採集②
11:45~採ってきた生き物の観察と解説②

●内容

各々がバケツを持ち、潮だまりに生息している生き物を観察した。

皆で生き物を集め、生き物の特徴を学んだ後、すべて海に帰した。

アメフラシ、ヤドカリ、イトマキヒトデ、ヒザラガイ、イソヘラムシ、クモヒトデ、ギンボ、ウミケムシなどなど多くの生き物が観察できた。

【主宰者のひとこと】
例年のように,前日に那珂湊漁協事務所に行って, 事前に文書で依頼しておいた 平磯駐車場の鍵を借りることができた。その日は,一時的に風雨が強まったりして不安があったが,当日は快晴無風,絶好の天候に恵まれた。しかし,連休初日ということもあって,常磐道下り線が渋滞し,遅刻の連絡が相次いで,開始時間を30分近く遅らせることになったため,観察時間が少なくなった。
今回,初めて取った措置が2つあった。1つはスタッフの人手不足対策として名札の配布をやめ,参加キッズには,黄色いリボン片を安全ピンで衣服のどこかに着けてもらうことにしたことで,名札を探す手間もオープン参加者の名札を作る作業も,また終了後に名札を回収する手順も省くことができた。リボンを適当な長さに切る作業を自発的に手伝ってくれる親もいて,受付も混乱なく行えた。他の1つは,磯採集の道具として手網(熱帯魚用ネット)をキッズに渡すことをやめ,小さいバケツ様のプラスチック容器(ペンキ用品として売っている)だけにしたことである。ネットの数が揃わず,また,それを持つことによって手がふさがってしまうことも避けたいがためだったが,このことによって,キッズは網に頼ることなく素手で生きものを探すことになったためか,例年よりも多様な海岸動物が採集できたし,使用後のネットを水道水でゆすいだり干したりする作業も必要なくなり,この試みは一石三鳥の効果があった。
今回のスタッフが海岸動物の同定や説明に及び腰の人が多く,家族もふくめると100人を超える人数の指導助言を手分けして行うことができず,また,その群集の整理もままならなかったことは,事前の打ち合わせが不十分なためで,反省材料となった。
終了後,身仕舞いだけでなく,駐車したまま車内で食事をしたり,さらには浜遊びまでする家族もいて,駐車場の閉鎖に手間取ったのは,終了後に駐車場を施錠するため。速やかに出ることという注意書きをブログ案内に書き忘れ,また解散時に口頭でも伝えることを怠ったためであり,これも反省している。(芳賀)

●スタッフ感想
<森田俊平>

2017年4月29日、ひたちなか市平磯海岸で開催された「潮だまりの生き物」
へスタッフとして参加しました。この企画への参加を通して、印象に残ったこ
とが3つあります。
 まず初めに、子供たちの好奇心の強さと鋭い観察力に驚かされました。子供
たちは潮だまりを注意深く観察することでヒトデやヤドカリ、アメフラシとい
った比較的発見しやすい生き物だけでなく、非常に小さい貝やウミケムシとい
った珍しい生き物を見つけていました。
 次に、子供たちの知識の豊富さを感じました。私は磯の生き物に関する知識
がほとんどなかったため、生き物の名前や生態について教わることもしばしば
ありました。
 そして最後に、この企画でもっとも印象に残っていることは子供たちが楽し
みながら自ら知識を吸収しようという姿勢です。磯で採集した生き物を持ち寄
り、先生やスタッフの解説を聞く際、子供たちは楽しそうにそして真剣に解説
を聞き、そして自分から積極的に質問をしていました。子供たちが最高の形で
知識を吸収しているだけでなく、学ぶこと・知ることの楽しさを実際に身を持
って体感できていたということから、この企画が非常に有意義なものであると
感じました。

<三浦博樹>

4月29日土曜日、その日は初夏を思わせる晴天と、ひたちなかに吹く海風が歓迎してくれている ようでした。 サイエンスキッズの活動に参加させていただくのはこれが初めてだったので、期待と不安とで心 中を満潮にされていました。私の心中とは対照的に、平磯の海は生き物たちのゆりかご”潮溜まり” を残して沖へと清々しく引いていくのでした。さて、そんな生き物たちのゆりかごにはどんなフレ ンズがいたのでしょうか?岩にへばり付くのが得意なフレンズ、隙間に隠れるのが得意なフレンズ、 泳ぐのが得意なフレンズ。どの生き物たちも、一生懸命に生きています。参加してくれた多くの子 どもたちは、その姿に生命の尊さを学んでくれたと思います。そして、生き物と触れ合うことの楽 しさを全身で感じてもらえたと思います。今回、サイエンスキッズの活動に参加することができて 本当によかったです。

最後に。海の野うさぎ”アメフラシ”は可愛いと思います!

<杉原翔吉>

今回のサイエンス・キッズは晴れた天気での実施でしたが、薄く雲がかかっており、磯での活動にはもってこいであったなと感じます。キッズも積極的にいろいろな生き物を捕まえていて、僕もヒラムシなど初めて実際に見ることが出来ました。博士が動きのある魚にばかりキッズが夢中にならないよう、網を配らない作戦は成功したのではないかと思います。

また、今回観察した場所から岩一枚隔てた向こう側には、波を弱めるものが少なめなためか、海藻の代わりにムラサキイガイが目立っていました。時間とスタッフに余裕があれば場所による生き物の違いを見ても面白いかと思いました。

反省としては、ヨロイイソギンチャクなどはキッズ達がそもそも最初から生き物と気づいていなかったので、採集できないような生き物、生き物と気づきにくい生き物は最初や最後に紹介しても良かったかなと思いました。

<中井彩加>

最初は怖がっていたキッズたちも、会の進行とともに色んな生物に抵抗なく触れるようになっており、お皿にはいきらないほどたくさんの種類の生き物を観察できました。キッズたちはぬれるのもおかまいなしに、興味津々に観察してくれたので、よかったです。

ただ、私自身もみたこともない生物もいたので、名前や特徴がわからず、うまく説明できないことがありました。下調べに行った際にもっとよくしらべておくべきだったと反省しています。

今回は 潮間帯といって、潮の満ち引きで海面が変わる場所で主に観察しましたが、波しぶきがかかるだけの場所だったり、干潮時も海の下の場所などでは、観察できる生き物もまた違うと思います。そういった場所で観察を行い、比較してみるのも面白いのではないかと思いました。
記入者
筑波大学 学生命環境学群生物学類4年
中井彩加

広告

2015年5月6日 於 ひたちなか市平磯海岸

●目的
潮の満ち引きによって、一定時間出現する「潮だまり」。そこには普段は見られない様々な海の生き物が取り残されており、採集、観察することができる。
潮だまりの生き物採集、観察、紹介。

●参加者
講師: 芳賀先生
スタッフ: 浅井 仁、坂入 愛、山本 鷹之、須藤 裕子、三代 侑平、関口 実歩、平山 夏樹、後藤 鮎美
午前:キッズ122人/保護者110人
参加者計: 232人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付
10:30~ 採集
11:00~ 採集した生き物の紹介
11 : 15~ 採集再開
11 : 30~ 採集した生き物の紹介
12:00  後片付

●内容
自由な生き物採集
採集した生き物の説明

●主催者のひとこと
磯の海岸動物観察をサイエンス・キッズのメニューに加えたいと思い立った10年前,場所探しを始めてまもなく,ひたちなか市によい岩礁を見つけました。近くの公園には,小さいながらも駐車場もトイレも足洗い場もありました。うら寒い3月上旬にはまだ海遊びの人はなく,駐車場は空いています。最初の「潮だまりの生きもの観察」はこの狭い駐車場に車をすき間なく詰め込んで実施しました。しかし,トイレが故障していたり,一般の駐車場を独占する後ろめもたさも感じて,他の駐車施設を物色しました。そこで,岩礁からは500mくらい離れますが,夏の海水浴客のために漁港のスペースを駐車場にして立派なトイレもある場所に目を付けました。近くの店で聞いてみると,管理者は那珂湊漁業協同組合であることが分かり,紹介者も仲介者もないまま直接,組合事務所に行ってお願いをしました。さいわい漁協参与の方のご理解が得られてそこを使わせていただけることになり,もう少し水ぬるむ季節でも実施可能になりました。
 今回は3つのラッキーが重なりました。1つ目は,人事異動で交代された新しい参与の方にもご理解が得られ,5月6日の実施予定にも拘わらず,連休前の5月1日に駐車場の鍵を貸していただけたことです。2つ目は,ひたちなか市の観光協会が5月3,4,5日の3日間,その場所でイベントを組んでいたのですが,たまたま潮の良い日が6日だったので,その行事とのかち合いが避けられました。そして3つ目が当日の気象状況です。快晴無風,日差しはつよかったものの空気は清涼で,汗をかかないすばらしい天候でした。
 写真を撮るために岩山に上がって見晴らしたとき,親子誰もが,豊富な生きものの多様さに目を輝かせていることが見て取れて,その光景に喜びと感動を覚えました。 H.

●スタッフ感想
浅井 仁
今回は、サイエンスキッズのなかでも、参加人数がかなり多い回だと予想していたが、やはり多くの方が参加してくださった。車も多く、駐車場整理などは大変だった。反省としては、救急箱に絆創膏が入っておらず、とっさに使えなかったことだ。子供が多く集まり、スタッフの目が届ききらない今回のような回では、そういった準備も必要だと思った。自分は海のない土地で育ったので余計に海の生き物は魅力的だが、それは子供たちも同じだった様子で生き物を見つけては「これなんだろう?」と目を輝かせる表情が印象的だった。自分も図鑑などである程度知識はあったが、実際に探して、触って、観察できて良かった。子供にとっても一番刺激的な体験は「触る」ということだと思うし、自然体験としては最も有意義だと思う。こういった直接自然を感じる経験を、子供たちにはもっとたくさんしてほしい。もっと自由な発想で自然と向き合い、生き物に触れ、豊かな心を育てていってほしいと思った。そのために自分にできることで訳に立ちたい。今回、自分は特にウミウシを狙って探していたが、意外と見つからないもので(アメフラシはゴロゴロいたが)、生き物探しも思いのほか大変だなと改めて思った。子供も大人も楽しめた回になったと思う。図鑑をもっていったので、簡単な同定ができてよかった。防水カメラなどがあると楽しい。

坂入 愛
今回は、自分の手でいろいろな生き物に触ってもらうことができました。エビ、カニ、ヤドカリ、ウニ、ナマコ、アメフラシ、ヒトデなど、いろいろな動物がいましたが、たくさん触って、アメフラシはぶにぶにしているのかと思ったらこのへんが硬い!というような気づきが見られました。あみは原則として配らなくても良いのではないかと思いました。
反省点は、救急セットが不足していた点です。各自で確認して、ばんそうこうや消毒液を持ってくるべきでした。また、海藻やヤドカリなどが詳しく載っている図鑑がもっとあると良かったです。今回スタッフも7人いましたが、子どもの数がそれ以上に多く、サポートしきれませんでしたが、散らばるように工夫することで全体を見ることはできると思いました。

山本 鷹之
参加者が非常に多かった。磯では、子どもやその保護者が楽しそうに生き物探している様子が見られた。気持ち悪いと言いながら、巨大アメフラシを触ってきたり、カニがいたと言って手づかみする子がいたりした。中には、「こんな生き物見たことないから新種だ!」なんて言ってはしゃぎながら生き物を採っている子もいて、生き物が好きなことが伝わってきて嬉しかった。スタッフの人数もいたが、少しかたまってしまう場面もあったので気を付けたい。参加者の人数が多かったため、各自指示を出して誘導するべきであった。最後の方で、岩の上で足を滑らせて転んでしまった子がいたので、もっと岩場には注意するよう言っておくべきであった。全体が多い時は、移動時間が長くなってしまうので、スタッフの呼びかけが大事だと思った。最後に、生き物を逃がす時に、心残りな顔をしている子がいたのが印象的でした。そうやって、生き物が好きになってくれたらいいなぁと思いました。

須藤 裕子
今回のサイエンスキッズは、磯の生き物を観察する会でした。悪かった点、反省点そして最後に良かった点を順に書いていこうと思います。始めに、悪かった点と反省点です。1つ目に、今回は100人以上のキッズが参加したため、受付が大変でした。自分は受付を担当していましたが、不手際だったために時間がかかってしまい、多くのキッズと保護者を待たせてしまいました。今回の失敗を活かし、次回以降のサイエンスキッズでは、事前に名簿を見ることでどんなキッズが参加するかを確認するなど、受付をよりスムーズに改善していきたいと思います。2つ目に 、採集・観察時間が短かったためにキッズ全員とコミュニケーションを取ることができなかったのが非常に残念だったため、時間をよく見てなるべく多くのキッズとコミュニケーションを取りたいです。良かった点としては、まず、最初はヤドカリしか触れられず、ヒトデなどの生き物が怖くて近づけなかったキッズが、会の終わり頃には興味を持ってヒトデなどを観察していたことがとても良かったです。また、クモヒトデやアメフラシなど普段は見れない生き物を観察することができ、キッズにとって良い経験となったと思います。加えて、観察した生き物はきちんと磯に返していたため、とても関心したこと、会の終わりで「楽しかった!」といった声が聞けてとても嬉しかったです。次に、磯の採集・観察をするのに岩の上を利用して移動しました。この岩の上がデコボコで海藻も付着していたりと、とても足が滑りやすかったのですが、自分が見ている範囲では転んでいるキッズがいなく、さらに会全体として大きな怪我をしたキッズがいなかったのが良かったです。

三代 侑平
今回、初めてサイエンスキッズに参加させていただきました。今回は「潮だまりの生き物」ということで、生き物と触れ合ったのですが、磯の生き物はあまりよく知らず、「これなんですか?」といった質問に答えることができませんでした。しっかりと事前に予習しておくべきだったと思っています。少しお話させていただいた保護者の方が終了後に子供と一緒にお礼を言いに来てくださったので、もっと子供たちが楽しめるよう準備をしっかりと行っていきたいです。

関口 実歩
フィールドでのキッズは初めてだったが、大きな事故等がなく本当に良かった。キッズは素早い生き物、小さな生き物もよく見つけており、観察眼に驚かされた。また、何人かは動く生き物だけでなく、藻類や貝にも興味を持って観察をしていた。様々な生物の魅力に気づいてもらえたようで大変嬉しく思う。

平山 夏樹
今回が自身にとって初めてのサイエンスキッズ参加ということで戸惑う点も幾つかあったが、全体としては特に問題なく終えることができた。キッズだけでなく保護者も一緒になって生き物を観察する姿が多く見られた。普段なかなか見ることのできない多様な磯の生き物を発見し、手や網で採集して観察するという内容であったため、多くの参加者に楽しんでもらえたと思う。個人的に残念なのは、磯の生き物の名前が全然わからなかった点である。事前にもっと丁寧に下調べをしてから臨むべきであったと感じた。

後藤 鮎美
初めてサイエンスキッズに参加しました。子供たちも日常あまりできない潮だまりでの観察ができてとても楽しそうにしていました。受付があまりうまく機能しなくて暑いなか参加者の方々にお並びいただくことになってしまいました。もう少し受付を始めるまえにスタッフで確認しておくべきでした。今回のサイエンスキッズを通して磯での遊び方、楽しさ、そして危険な生き物も身近にいることを学べたかなと思います。子供たちのフィールドでの学習の現場に立ち会えてよかったです。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類2年
浅井 仁

2013年4月13日   ひたちなか平磯海岸

●目的

潮が引いたときにできる潮だまりにとり残された生き物や、そんな環境を好んで生息している生き物を探る

●参加者

講師;芳賀先生

 スタッフ;長澤、秋山、三浦、小野、守野、佐々木

 午前の参加者;キッズ 50人、保護者 52人

計 109人

●時程

 9:30~ 受付と海岸への移動、説明

 10:00~ 潮だまりで生き物採集

 11:00~ 採集してきた生き物の紹介と秋山さんによる海藻のお話

 11:50~ まとめ、解散

 12:30  後片付け

●内容

 始めに潮だまりとはどんなところか、というお話を芳賀先生がした後に、一人のスタッフあたり8~10人の子どもがついた。そして各班で、採った生き物を入れるための容器と希望者に対して網を渡し、採集に出かけた。採集を行っている時の注意として、波の方へは行かないことを伝えた。1時間程度、潮だまりの中や石の裏などを見て採集を行った。この時、アメフラシが多く見つかったので、子どもも大人もアメフラシに触ってもらった。採集を行ってから、浜に集まり採ってきた生き物を芳賀先生が紹介した。イトマキヒトデや多くの小魚を採ることができた。その中に、ワレカラやイソヘラムシ、ミドリヒラムシやアカエラミノウミウシといった見慣れない生き物もいた。また、潮だまりには多くの種類の海藻があったため、秋山さんが海藻のお話をして解散となった。

●スタッフ感想

【小野】

磯辺での会ということで保護者と一緒に参加しているキッズがほとんどでした。親も子どもも一緒になって楽しめていたと思います。また、晴れていて風もなくて本当に良いコンディションでした。反省点としては、生き物についての説明の時間がもっとあっても良かったように思います。個人的には磯の生き物の名前が全然わからなかったのが悔しかったです。もっと勉強してから行けばよかったと思いました。また、注意はしていたものの、何人かはしゃいで走って転んでしまった子がいたので気を付けたいです。

【佐々木】

天気は快晴で、絶好の観察日和でした。多くの子どもと、その御家族が参加していて、非常に賑やかな会になりました。賑やかではありましたが、そのため、後ろの方では話が聞き取りにくかったのではないかと思います。外で、これだけ大人数だったら拡声器みたいなものがあればよかったかなと思いました。そして、スタッフの捕獲した見本が全部紹介できなかったのは残念でした。何種類も生物がいて、飽きることはありませんでした。観察会は、新しい生物を見つけられるかな、という部分でワクワクします。網で捕まえても、自分の手で触ってみてほしいと思います。恐らくサイエンスキッズのみんなは今回、自分の手で触っていたと思います。子どもはみんな生き生きして、楽しそうで良いサイエンスキッズだったと思います。

【長澤】

ありふれた生き物だけではなく、「エッ、これ生き物なの!?」という発見や実際に自分で捕まえて生き物と触れ合ってみるということは、今回のようなフィールドサイエンスの醍醐味であったと思います。その点では、参加された方々に良い体験をしていただけたと思います。反省点でとしては、採集を始める前の班分けが効率良くできなかったことです。せっかく班を組んでも、広い磯辺ではバラバラになるため班を作った意味はあまりなかったように思いました。はじめにもっとスタッフの顔を子どもたちに覚えてもらうことで十分であったと思います。しかし、自己紹介があまりなかったため子どもは、どれがスタッフなのかわからないといっていました。事前に取った生き物の紹介も十分ではなかったため、生き物紹介とスタッフ紹介を一緒に行えばよかったと思いました。

【秋山】

 子どもの参加人数が多いことから、安全確保の問題が懸念されたので、各スタッフ8名ずつ子どもを割り振りましたが、ほとんどの子どもに保護者がついていたため、スタッフが心配すべきことは少なかったように思いました。私が見た限り、沖の方へ走っていくような子どももいなかったです。また、専門性の高いスタッフが多かったので、最初に集合した時にこの分類群のものを見つけたらこのスタッフに詳しく聞くように、とスタッフを紹介できれば良かったと感じました。
【三浦】

 快晴の中、タイドプールでの採集ができて非常によかったです。昨年よりもスタッフの人数も多く、安全面にも配慮できたと思います。生物採集も様々な分類群の生物が採集できました。皆、アメフラシに喜んでいたのが見ていて面白かったです。今回は難しかったが、次回はもっと採集したそれぞれの生き物の展示をうまくできたらよりよくなると思います。

記入者
長澤 亮 (生物学類 3年)

このエントリーを編集


2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー