芳賀サイエンスラボ

Posts Tagged ‘ミュージアムパーク茨城県自然博物館

2018年12月15日 於 ミュージアムパーク茨城県自然博物館

●目的
博物館を活用して、自らの五感を使って生物の進化に触れる。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 中島拓幹、水木陽菜

午前:キッズ17人/保護者14人
午後:キッズ14人/保護者11人

参加者計: 56人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付
9:40~ 茨城県自然博物館 資料課 中嶌さんの講義(ホトケドジョウ)
10:10~芳賀先生の講義(進化)
10:40~ 展示見学ツアー
12:00 現地解散

【午後】
13:30~ 受付
13:40~ 茨城県自然博物館 資料課 中嶌さんの講義(ホトケドジョウ)
14:10~ 芳賀先生の講義(進化)
14:40~ 展示見学ツアー
15:30 解散

●内容

・茨城県自然博物館 資料課 中嶌さんによる、ホトケドジョウに関するお話

 

・芳賀先生による生物の進化のお話

 

・茨城県自然博物館の見学ツアー

 

 

 

 

 

●スタッフ感想

<中島拓幹>

小学生のころ、博物館に行ったことのある人はどれくらいいるのでしょうか。参加してくれたキッズたちは、比較的博物館に行ったことのある子が多かったように思います。博物館には、これまで多くの科学者たちがたくさんの時間とお金をかけて研究してきたものがたくさん集まっています。そして専門家たちが、分かりやすく、楽しく実物を実感し、学んでもらうことを研究して、これらを展示しています。人生の中で、実際に見聞きするモノは限られている私たちにとって、これはとても大きな財産であり、たくさんの人に訪れてみてほしいと思っています。参加してくれたキッズたちは、展示をみて多種多様に反応してくれ、思ったことを僕にも伝えてくれて、とても嬉しく思いました。また、芳賀先生の解説を、展示とともに興味深そうに聞いているキッズの姿も印象的でした。

また皆さんは、恐竜のジオラマ展示をじっくり見ていると、何か気づきませんでしたか?そうです、ティラノサウルスに羽毛が生えていたり、手が小さくなっていたり、トリケラトプスにカラフルな色がついていたりしていましたね。このように、最近の研究結果が反映されていている展示にも気づくと、また様々な興味がわいてくる気がしますね。科学は絶対不変のものではなく、変わってゆくものであることも、展示が教えてくれることの一つです。

周りの友達にも、博物館にこんなものがあった!とか、楽しかったよ、なんて誘ってみてくださいね。

 

<水木陽菜>
わたし自身進化の分野が好きなので、今回のサイエンスキッズを楽しみにしていました。
芳賀先生からの事前講義を踏まえながら、展示物を紹介、解説して見て回りました。スタッフは高校生物の教科書レベルの進化を復習しておくと、自身でも理解しながら説明できるかなと思います。地球が誕生し、偶然にも生物がうまれて、長い時間をかけて進化を重ねて魚類、両生類、哺乳類が次々出現していく様子がわかる展示に、みんなわくわくしてくれたかな?二酸化炭素を使って光合成する生き物が出てきたことで酸素が蓄積し、生き物が陸上に上がることができて、試行錯誤を繰り返して今の私たちがいます。今回見た化石は、全て私たちと遠いところでつながっていると思うと不思議な気分になりますね。
いつか今回の展示を学校で習う日が来ると思います。教科書の写真だけでなく、自分の目で見るという経験は記憶にもよく残るし、溢れる興味も倍増するように思います。変な形の化石だなとか、こんなに大きなアンモナイトもいたんだ、とかどんな些細なことでも、目で見て感じたことを覚えていて欲しいなあと思います。スタッフも、意外と小さいんだね、とか自分が持った感想をキッズに伝えていくだけでも、キッズが興味を持つきっかけになるかなとも思いました。

 

記入者

筑波大学 理工学群応用理工学類3年
中島拓幹

広告

2014年12月27日 於 茨城県自然博物館

●目的
博物館の展示を見ながら、地球ができてからの生物の進化の過程を理解する。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 今村優希、浅井仁、坂入愛

午前:キッズ16人/保護者14人
午後:キッズ1o人/保護者9人

参加者計: 49人

●所要時間
【午前】
9:30 開館
9:50 「茨城県の外来無セキツイ動物」(池澤先生) 30分
10:15 「宇宙・地球・生物の進化」(芳賀先生) 30分
10:45 展示の見学 80分
12:05 全班解散

【午後】
13:30 芳賀先生による導入
13:40 池澤先生のおはなし
14:20 芳賀先生のおはなし
14:45 展示の見学
16:05 解散

●内容
1.茨城県自然博物館 首席学芸員の池澤広美先生に「茨城県の外来無セキツイ動物」のお話をしていただいた。
S__5734439

2.進化の学習の基礎として、芳賀先生による「宇宙・地球・生物の進化」についてのお話をした。
3.3班に分かれ、各展示を説明しながら回った。
4.芳賀先生が第2展示室「地球の生いたち」の最後のコーナーで人類の進化の講話をした。
S__5734435

●スタッフ感想
<今村>
 今回は、各スタッフと子供たちのコミュニケーションがより大切な回だったように思います。わたしは、初めに学芸員さんのお話に出てきた外来種を見るために水の生き物の展示に行き、その後、進化の展示コーナーに行きました。博物館のビデオのおかげもあって、みな大体の進化の流れが分かったようでした。ストロマトライトや、魚竜、恐竜のロボットなどに興味を持つ子が多く、説明をするとメモを取っている子もいました。
 反省としては、進化の展示では、恐竜のロボットが奥にあることを知っている子供もおり、走って行ってしまう子もいたので、きちんと一緒に回ることを伝えておくべきでした。また、第1,2,3グループそれぞれが進化のコーナーに入る時間をきちんと打ち合わせできていなかったので、他のスタッフが困ることのないよう、きちんと決めておくべきでした。

<浅井>
茨城県立科学博物館は素晴らしいところだった。 短時間で子供達にどんな説明をするか考えるのは難しかったが、一緒に見て回るなかで、また新たな発見もあって有意義だった。今回は以前科学博物館を訪れたことがあるというキッズも多かった。そういった子でも楽しめる紹介の仕方も模索したい。

<坂入>
 今回は、スタッフの得意分野によって各班で内容が大きく異なっていると思います。わたしの班は、地球の誕生や進化を学ぶ前段階として、まず第1展示室「進化する宇宙」を見学しました。これに関しては、天体観測の経験などに基づく簡単な天体の話や、予習した宇宙の話をしました。次に、第3展示室「自然のしくみ」を見て、得意分野の菌類の話を中心に、いろいろな生物の話をすることができました。
 話すにあたって、基本的に自由に見てもらって随所で説明するという形をとったのですが、個人的には良かったのではないかと思います。きちんと一緒に回るためには、芳賀先生のお話の時間の入れ替わりを各班で連絡をとりあってきちんと把握しておく必要があると思いました。(3班目ですが、午前は50分、午後は人数の関係で3班同時説明だったので30分ほどでした。

記入者
筑波大学 生命環境学群 生物資源学類 2年
坂入 愛

12月7日(土)「“進化”ってどういうこと?」

●目的

博物館の展示を見ながら、地球で起きた進化の流れを理解する

●参加者

講師;芳賀先生

スタッフ;今村, 網本, 角田

参加者;キッズⅢ 30人、キッズⅡ 5人、保護者 25人
計 60人

●場所

ミュージアムパーク茨城県自然博物館

●時程

9:30〜 受付開始
9:45〜 動物研究部 池澤さんによる「コケムシのお話」10:15〜 芳賀先生講話「生物の進化」
10:45〜 博物館内の見学
12:00〜 まとめ、解散
12:45〜 受付開始
13:00〜 動物研究部 池澤さんによる「コケムシのお話」
13:30〜 芳賀先生講話「生物の進化」
14:00〜 博物館内の見学
15:25〜 まとめ、解散

●内容

初めに、動物研究部の池澤さんがコケムシとはどんな動物かを紹介しました。その後芳賀先生が、地球が誕生し、その後地球で無機物が有機物に変化し、生物が生まれ、陸上に進出し、ヒトが誕生するまでの生物進化の歴史をお話をしました。博物館内の見学では、子どもたちを7人くらいずつの3つのグループに分け、各グループ1人ずつのスタッフが案内して回った。土壌生物のコーナー、水生生物のコーナー、骨格標本のコーナー、と様々なコーナーをスタッフの誘導で回りました。最後は、地球の進化コーナーに行って芳賀先生に人類の進化の講義を受け、解散となりました。

●スタッフ感想

【今村】

今回のサイエンスキッズは、スタッフの知識が試されたように思います。それぞれのスタッフの個性が発揮された面白い会になっていた反面、もっと事前学習をしておけば詳しく説明できたのに…と思う面も多くありました。どんな展示があるのかだけでも、もう少し早く知って臨みたいなと思いました。自由度が高かった分、時間にもルーズになってしまいがちだったので、きちんと時間を決めたり、芳賀先生の説明が終了した時点でスタッフが連絡を取り合うようにするべきだったと思います。人数が多く、親御さんたちに頼る部分も多かったので、もう少しまとまって誘導できるように次からは心がけたいです。

【網本】

今回の感想なのですが、芳賀先生の解説のあと3組に別れて行動した後きっちり何時までに戻るといった打ち合わせをしておけばよかったと思いました。また、展示の解説でも3人である程度知識を共有しておけばもう少しうまく解説出来たと思います。
全体的にはキッズ達も恐竜や哺乳類の標本を見て楽しんでおり、また何度か来たことのあるキッズも新しい発見があったようでよかったと思います。

【角田】
今回のサイエンスキッズではいつもとは違い、スタッフの個性が強く出る会だったので、最初はかなり緊張しましたが、どのキッズも言うことを聞いて一緒に回ってくれて、話も聞いてくれたので良かったです。
先生方のお話はキッズには少し難しい部分があったように思いましたが、個人的にはとても面白く、後で多少噛み砕いてキッズにも教えることができました。
全体としては比較的順調だったと思いますが、順番が前後してしまったり最後にうまく集まることができなかったりしたのは反省点だと思います。
キッズも僕らも博物館を十分に楽しむことができたと思います。
キッズが進化の流れについて多少でも興味を持ったり考える機会となっていれば嬉しいです。

記入者
筑波大学生命環境学群生物学類
今村 優希


2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

カテゴリー

広告