芳賀サイエンスラボ

Posts Tagged ‘国土地理院

2017年03月05日 於 国土地理院

●目的
お隣のパラボラアンテナが解体されて少しさびしい?国土地理院の敷地内に立つシンボル、観測塔。この位置や高さをエジプト人の技や身の回りの道具を使って測る。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 杉原翔吉

午前:キッズ11人/保護者7人

参加者計: 18人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付
9:35~ 国土地理院館長小田さんの説明
9:50~ 芳賀先生のお話
10:15~ 観測塔までの距離の測量
11:00~ 観測塔の距離の測定
12:00~ 解散、後片付け

●内容
国土地理院館長の小田さんの国土地理院や観測塔についてのお話を聞いた後、芳賀三青による測量方法の説明があり、その後外に出て実際に観測塔までの距離と観測塔の高さを測りました。

測量の際には巻き尺などの「測るためのもの」は極力使わず、一メートルごと印をつけた縄を用いて3:4:5のエジプト三角形から直角を作るなど、「身近なものを使って工夫して測る」ことに挑戦していました。


●スタッフ感想
<杉原翔吉>
芳賀先生の説明で出てきたエジプト三角形。川の氾濫後、土地を分けなおすための測量術と説明されていましたね。この川の氾濫はエジプト人にとって作物を作るための栄養豊富な土を運んできてくれる恵みの面もあったようですが、エジプト人は洪水から避難することはできたのでしょうか。実はエジプト人は明け方にシリウスという星が光っているのを合図に洪水が起こる時期が近付いていることを知り、避難していたという話があるから驚きです。
今回のサイエンス・キッズでは目盛りのついた「測るためのもの」は極力使わないようにしました。今は円を描く、同じ距離を移すにはコンパス、角度を測りたければ分度器があり、天気を知りたければ天気予報を聞くことが出ます。でも時には今回専用の道具を使わずに測量に挑戦したように、身近なもので代用したり実際に空を眺めてみる時間も作ってみてはどうだろうかと感じました。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類1年
杉原翔吉

広告

2015年3月15日 於 国土地理院

●目的
国土地理院(つくば市北郷)の大パラボラ(VLBI)の近くに立つ観
測塔は地域の測量の中心です。その位置と高さを古代エジプト人が使
っていたわざを参考にしながら測ります。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 中井彩加、河合あかり、三澤文香

午前:キッズ18人/保護者14人

参加者計: 32人

●所要時間
【午前】
9:30~ 国土地理院の方、芳賀先生の測量に関する説明
10:15~ 観測塔の計測
12:00  解散、後片付け
●内容
国土地理院の方から測量についての歴史等のお話を伺った後に芳賀先生から測定の方法の説明を受けました。
説明が終わった後に実際に外に出て観測塔までの距離、観測塔の高さの計測を行いました。
IMG_1298
〈国土地理院の方からの説明〉
IMG_1304
〈観測塔までの距離を測定する〉
IMG_1306
〈観測塔の高さを測定する〉
距離の測定ではグループごとで結果の違いが生まれましたが、高さの計測ではどのグループも正解に近い値を計測することが出来ました。
●スタッフ感想
<中井彩加>
今回のサイエンスキッズは三平方の定理を用いて観測塔の高さを計測したのですが、同じ値を測るのに誤差が大きくでてしまい測定に時間がかかってしまいました。測定方法への理解が甘かったので、もっとしっかり確認しておくべきだったと感じました。最終的な値はどの班も近い値になっていたので、工夫すれば直接測ることが難しいものも測ることができるということを感じてもらえたのではないかと思います。高学年の子が多かったので、一歩理解を進めて三平方の定理を用いていたということまで理解してもらえるといいなと思いました。
<三澤文香>
今回のサイエンスキッズは直角三角形の比に関する性質を使って観測塔までの距離、観測塔の高さを計測しました。また実際に測定するだけではなく測定の歴史についても知ることが出来たので多くのことを学べたのではないかなと思いました。しかし内容が小学生に対しては難しく、もう少しみなさんが理解して測定できるように説明するべきだったなと反省しています。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類1年
三澤文香

【メンバー】E谷、K林、Y田、S木
【天気】晴れ
【受付での配布物・提出物】
【キッズの数】午前: 、午後:
【活動場所】国土地理院

【活動報告】
E谷
反省:小さい子の興味を引くのがなかなか難しかった。大きい子(中学生)は精度を上げようと何度も自ら挑戦していて、こちらからほとんど教えずに自分たちでやっていた。
意見:この測定法だと誤差が大きく出てしまうのが難点だと思った(特に距離)。水平・垂直を子供たちに厳密に教えるのはなかなか難しいので、精度を上げる場合は補助の道具が必要だと思う。

K林
ちょっとした傾き加減で精度が大きく変わってしまう。しかし、精度を求めすぎると、子供たちが飽きてしまった。また、測定の原理を理解できたかも不明。
飽きさせず、分かりやすく、楽しく説明できるようになにか工夫が必要そうだ。
教えるのが難しかった。
スタッフ一人に対して一グループを教えるのが精一杯だった。

Y田
子供たちが途中で飽きてしまうのを止められなかった。真剣な子とふざける子に分かれてしまい、協力させるのが難しかった。
距離の測量の際、縄と棒が平行になっているかをわかりやすくするため、おもりつきのヒモを棒の両側にぶら下げるといいと思う。

S木
子供たちへの伝えもれなど個人的に反省すべき点は多々あったので次回への課題としたい。しかしながら、子供たちは丁寧に観測をしてくれたように思う。
改善点としては班毎の観測値の開きがとても大きかったので、装置に改良が必要であるように思われる。
筒からまっすぐに対象を捉えることは難しいことだが、答えに近い値を出すために重要な点である。筒の覗き方は人によって中心がずれてしまったり、同心円の中心が判別しづらい状態であったので、やはり筒に十字のターゲットを付けることは必要であると感じた。
また、少ない道具だけで測ることも大切なこととは思うが、再度計測する班には補助の材料を与えるのも良いと思う。観測塔までの距離を測る際に、ロープに対して水平に保つ板の両端に同じ長さの棒を当てるなどすれば、高さも水平に保たれロープの真上に板を持ってくることができるので、誤差は減少するのではないか。

E谷


2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー