芳賀サイエンスラボ

Posts Tagged ‘牛久自然観察の森

2018年1月20日 於 牛久自然観察の森

●目的
冬の牛久自然観察の森で生き物たちの冬越しの様子を観察する。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 平山夏樹、金谷彩

午前:キッズ9人/保護者8人
午後:キッズ12人/保護者12人

参加者計: 44人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付、ノウサギの糞と梅の木の観察
10:00~ カブトムシ幼虫観察
11:00~ ゴマダラチョウの幼虫
11:10~ ホソミオツネントンボ探し
11:30~ 観察者でビデオ視聴
11:45  解散

【午後】
13:00~ 受付、ノウサギの糞と梅の木の観察
13:30~ カブトムシ幼虫観察
14:10~ ゴマダラチョウの幼虫
14:30~ ホソミオツネントンボ探し
14:45~ 観察者でビデオ視聴
15:00  解散

●内容


カブトムシの幼虫の観察の様子
芳賀先生がカブトムシの一生についての説明しています。


ゴマダラチョウの幼虫
ひとつの葉の裏に2匹の幼虫がいました。

●スタッフ感想
<平山夏樹>
昨年に引き続き今年もこの回を担当しました。最初の集合場所である駐車場奥の梅林にノウサギの糞が見られたのでキッズに紹介したところ、「汚い」と思わずに手にとって観察するキッズが多く、印象的でした。
カブトムシの幼虫は午前中の部では掘った場所が悪かったようで、10分ほど探しても全体で2匹しか見つからず残念でした。自分の手で掘って幼虫を見つけることで感動が生まれるので、できればキッズ全員に最低一匹は自力で見つける体験をさせてあげたかったです。午後の部は掘る場所を変えたところ、キッズほぼ全員が幼虫を発見できました。エリアには落ち葉を積んだ山が幾つかあるのですが、落ち葉が高く積み重なって腐葉土の層が厚そうな山を狙うのが良さそうです。
ホソミオツネントンボは昨年はコジュケイの林での探索でしたが、今年は観察舎奥のオトシブミの林での探索でした。コナラの木にいることが多く、人の目線~膝くらいの高さの小枝に擬態していることが多いです。個体数は例年よりもやや少なめでしたが、木の枝に擬態して越冬する様子に感動したキッズも多かったことだと思います。

<金谷彩>
今回は、牛久自然観察の森で、ホソミオツネントンボとカブトムシの幼虫を探しました。その他にも、キッズたちは、積極的に池をのぞきこんだり葉っぱを裏返したりして、オオカマキリの卵や、青や黒、赤の木の実をみつけたりと楽しんでいたように思います。
ホソミオツネントンボは温めるとしんでしまうので、息を吹きかけないように、また触れたり近づいたりしないようにするという先生の注意を守れていたと思います。
カブトムシの幼虫は、必ずしも深いところで見つかるわけではなく、湿り気のあるふかふかの土にいたように思います。そのため、午前の部では2匹しか見つけることができませんでしたが、午後の部では違う場所で探したので1人1匹ほど見つけることができました。
カブトムシの幼虫は、齢ごとに体が大きくなっていくらしく、今日見つけた幼虫で、大きいものではキッズの手のひらほどあったのが驚きでした。
保護者の方にも探すのを手伝ってもらったりと、みんなで一緒に楽しむことができたと思います。

記入者
筑波大学 生命環境学群 生物資源学類3年
平山夏樹

広告

2016年1月16日 於 茨城県牛久市「牛久自然観察の森」

●目的
茂った葉に邪魔される夏に比べると、冬の森は見通しが良くて観察しやすいです。冬越しをしている蝶やトンボやカブトムシ(幼虫)も発見できるかな?

●参加者
講師:芳賀先生
スタッフ:大久保雅人、須藤裕子、平山夏樹
午前:キッズ 13人/保護者 10人
午後:キッズ 23人/保護者 18人

参加者合計:64人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付
9:45~ 観察開始
10:10~ カブトムシの幼虫探し
10:30~ 観察に向け出発
10:40~ 越冬中のトンボ探し
11:00~ 観察に向け出発
11:40~ DVD観賞
12:00 解散

【午後】
13:30~ 受付
13:45~ 観察開始
14:10~ カブトムシの幼虫探し
14:30~ 観察に向け出発
14:40~ 越冬中のトンボ探し
15:10~ 観察に向け出発
15:40~ DVD観賞
16:00 解散

●内容
今回のサイエンスキッズの会は、牛久自然観察の森で、主に越冬中のトンボ(ホソミオツネントンボ)やカブトムシの幼虫を探して観察しました。他にも、木の芽や落ち葉の裏についている昆虫なども観察しました。
会の最後では、今回の会では確認できなかったが、過去に牛久自然観察の森で確認された昆虫などがうつっている動画を観賞しました。

以下 会の様子
S__417825 見つけたカブトムシの幼虫

S__417826 トンボ探しの説明

S__417828 実際に見つけた越冬中のトンボ

 

S__417829 マユについての説明

S__417830 梅の木についての説明

S__417832 カブトムシの幼虫探し

S__417834 マユ探し

S__417836DVD鑑賞

●スタッフ感想
<大久保雅人>
今回は、牛久自然観察の森での観察などの会でした。
まずカブトムシの幼虫探しでは、あれほど多く幼虫が見つかるものなのかと驚きました。また、冬眠中のカエルも見つけることが出来たため大変面白かったです。道具を使わずに手で土を掘っていくのも久しぶりの感覚でとても懐かしい気持ちになりました。
フィールドでの観察では、鷹が鳩を食べたであろう跡や、ゴマダラチョウの幼虫を見つけたりと普段見られない動植物を見ることができました。
また、植物や動物の知識の無さを実感しました。知っている事を話してみても 断片的な知識しかなく、他の植物と話を繋げられない事などに気がつきました。
今回は野外で寒い中でも、子供たちが元気に動き回っていたので、今後も、子供たちが自主的に野外で遊んで発見をする子になればいいなと思いました。それと同時に、このような環境を守り、整備していかなければならないなと強く感じました。

<須藤裕子>
今回のサイエンスキッズでは、牛久自然観察の森で昆虫の採取や観察などを行いました。最初にカブトムシの幼虫を探しましたが、私が想像していた以上にたくさんのカブトムシの幼虫が見つかり、驚きました。午前の会では、キッズの人数も少なかったため、キッズ全員がカブトムシの幼虫を見つけられましたが、午後の会ではキッズが多かったのと、採取範囲が限られていたため、幼虫を見つけられないキッズもいました。そのため、スタッフ側からも幼虫がいそうな場所などをアドバイスしておけばよかったと思います。また、幼虫を探した後に、きちんと元の場所に幼虫を戻し、土もかけていた姿に感心しました。
その次に、越冬中の木に擬態しているトンボを探しました。はじめはなかなか見つけられなかったキッズも、だんだんとコツを覚えてきて、木を見た瞬間に「トンボここにいる!」と嬉しそうに見つけられたことに、私も嬉しく思いました。
さらに、牛久自然観察の森では、カワセミの生育が確認されていますが、今回の会では午前午後どちらもカワセミをキッズと一緒に見ることができず残念でした。

<平山夏樹>
寒い季節の活動でしたが、キッズたちが熱心に生き物を観察する姿が印象的でした。ホソミオツネントンボは木の枝に擬態しているため簡単には見つからないのですが、キッズたちが自力で見つけて喜ぶ姿を見て嬉しく思いました。午後は気温も上がり参加人数も多くなったため、スタッフの人数は3人で適切だったと感じました。
途中で芳賀先生がコジュケイの説明をした時に私がスマホの動画でコジュケイの鳴き声を再生しました。こうすることで「ああ、この鳴き声の持ち主か!」といった感じでキッズは理解してくれたと思います。こうした対応をこれからも取り入れたいと感じました。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類2年
須藤裕子

・会場名:牛久自然観察の森
・天気: 晴れ・くもり・雨
・キッズ人数: 午前22人,午後25人
・親人数: 午前26人,午後23人
・スタッフ:○H川,M,M浦
・準備した物品:特になし
・配布物:特になし
・材料費の有無(金額):なし
・使った物品のリスト(足りなくなったものがあれば数量):特になし
・キッズの持ち帰り品:特になし
・内容の流れ(時間配分):
・キッズの様子:
・父母の様子:
・事故:特になし
・怪我などのトラブルの有無(あれば、詳細):特になし
・スタッフの数が適正だったか、多すぎ、少なすぎ(あと何人)

・反省点,改善点
H川
子供の人数は多くなかったが、保護者の方も含めると人数が多く、先生の説明が
全体にいきわたらなかったように思う。保護者の方の人数も考慮に入れて、2つ
の班に分けて散策することも考えたほうがいいと思う。散策自体は、大人も子供
も入り乱れて楽しんでいた。越冬をする動物の様子を見ることのできる貴重な回
だと思った。この回をきっかけに冬でもフィールドに飛び出していく子供たちが
増えるといいと思う。芳賀先生の出演したテレビも大評判だった。

M
ちょっと人数が多かったように思う。2班位に分かれたほうが良かったかもしれ
ない。特に午後は人数が多く、森の中での列が長くなっていた。後ろのほうでは
先生の話がよく聞こえなかった。
ホソミオツネントンボを探すところでは、キッズが楽しそうに探していたのでよ
かったと思う。親御さんも一緒になって探していたのも良かったと思う。

M浦
今回のキッズは森で生き物を探す会で、昆虫をメインに子供たちが楽しく、特に
「ホソミオツネントンボ」を探せていてスタッフとしてもとても楽しかった。ホ
ソミオツネントンボはなかなか見つからない分、みつかると子供たちも食い入る
ように観察していた。「可愛い!」という声も多く上がり、自然屋の私としては
とてもうれしかった。今回みたDVDの中で芳賀先生が言っていたように家の中に
いるのではなくフィールドで試行錯誤する楽しさをぜひ子供たちが感じてほしい
と思う。


広告
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カテゴリー