芳賀サイエンスラボ

Posts Tagged ‘筑波ふれあいの里

2016年7月31日~8月1日 於 筑波ふれあいの里
●参加者
講師: 芳賀先生、朝倉さん
スタッフ: 中井彩加
キッズ9人/保護者6人
参加者計: 15人
●所要時間
【1日目】
12:00~ 受付
12:30~ 自然観察ハイク(山コース)、遊び
15:00~ 朝倉さんによる果物のお話、入浴
18:00~ 夕食
19:00~ 星のお話、観察、虫の鳴き声についてのお話

20:00~ お話の森(童話の読み聞かせ)

22:00~ 就寝

【2日目】
6:00~ 朝のお散歩
7:30~  朝食
10:00~ 自然観察ハイク(谷コース)
11:30~ リモツノ虫モデレココンテスト(虫をつくってみよう)
12:00  解散

 
●内容

日中はハイキングを行い、森や川でトンボやサワガニなどの生き物の観察などを行った。入浴や食事後には星や虫の鳴き声について学ぶ夜ならではの取り組みを行ったり、イソップ物語などの童話を読み聞かせていただいた。2日目には最後のレクリエーションとして自然物を用いて思い思いに虫を作ってみるコンテストを行った。

IMG_3868 IMG_3893

IMG_3892 IMG_3894

 

【主宰者のひとこと】

サイエンス・キッズの「夏休み宿泊自然観察会」は,最も多い年では,3か所で5回やったこともあります。次第に数が減って,今年は1回になりました。これは私の体力の問題もありますが,風潮として参加希望者が少なくなっているからです。3か所のうち2か所,愛宕山,竜神峡は,コースの山路を歩くのがきつくなり,いまでは筑波山だけになりました。といっても登山ではなく観察ハイクです。中腹にある筑波ふれあいの里の実習館に宿泊(食事付き)して,周囲の山路を歩く1泊2日の行事です。親子など家族単位の参加ですが,今回初めてお祖父さんと孫2人という組み合わせ参加もありました。
日中の観察ハイクが2回,夜の観察会(天体観望も)が1回です。天候は曇り時々雨でしたが,観察会は全部屋外で実施できました。雨に降られることを考えて,室内でできる雨番組も準備しましたが,使わずじまいでした。
しかし,夜は曇りのため,星は1つも見えず,星を見る際の姿勢の体験に留まりました。日中の訪問者のための駐車場が夜は車がなくなるので,その舗装地面に仰向けに寝てしまいます。程よくぬくもりが残っていて,水銀灯を消してしまうと地面のよごれも見えないので,まず,私が寝そべってみせると,みな,寝てくれます。親もやってくれます。星を見るには最もよい姿勢です。もしも,これを第三者が見たら驚くと思います。社会的な抗議デモの1つの手法で,ダイ・インというのがあって,参加者が思い思いの格好で「死者」を真似るのが報道されたことがあり,それに似ていますが,こちらはみんな行儀よく寝て空を見上げています。
夜には,伝統的に,もう18年も続いているもうひとつの行事があります。「お話しの森」という年配女性のサークルの人たちが来て,お話し会をしてくれるのです。みな幼稚園や児童館のもと職員です。年配と書きましたが,もっと若くて皆さん現役のころから続いている行事です。おはなし,ペープサート,手遊びなどやってくれます。出演のみなさんは,夜の明かりのない山路を来てくれるのですが,お話しなどには,キッズたちががとてもよく “乗ってくれる” のでやりやすく,楽しみな会になっているというこ
とでした。
今回は,参加者の1人,小2女子の父親が,以前,私の研究室で直翅系昆虫を研究していたつながりから,親のまとめ役や室内行事の主導,野外観察の指導も担当してくれるなど積極的にかかわってくれたので,私は,体力も消耗せず,気も楽に行うことができました。(芳賀)

●スタッフ感想
<中井彩加>
今回は参加人数が少なく和気あいあいとした雰囲気で、キッズたちの元気いっぱいな様子が印象的でした。全体を通して興味津々な様子で、トンボや、チョウなど様々な生き物を観察することもできました。キッズ一人一人、その保護者のみなさまとふだんのサイエンスキッズよりも話すこともでき、より反応を感じたり、一緒に楽しむことができ、私にとっても非常に有意義な時間でした。ただ、会として大きな問題はなくよかったのですが、スタッフとしては人数確認の徹底などに反省が残りました。フィールドでのサイエンスキッズでは常に気を付けていかなければならないと改めて感じました。

今、私はこの文章をリッリッリッというコオロギの鳴き声を聞きながら書いています。今回参加してくれたキッズたちは、このような虫の鳴き声を折に触れて感じてくれるのだろうなと思います。なんだか今までよりも風流を理解できる人になったような、そんな気さえします。

 
記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類3年
中井彩加

広告

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー