芳賀サイエンスラボ

Posts Tagged ‘筑波大学天久保池

2017年06月18日 於 筑波大学 天久保池

●目的
単純な道具を使って、工夫しながら釣りを体験する。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 谷口心平、内田麟太郎、宇野友駿

午前:キッズ30人/保護者20人

参加者計: 50人

●所要時間
【午前】
9:15~
9:45~ 池へ移動、説明、ミミズとり
10:00~釣りの開始
11:45~ まとめ、解散
12:30  後片付け

 

●内容
針と釣り糸、糸巻き、農業用篠竹の最低限の装備から、創意工夫をしながら実際に釣りが出来るか体験した。

●スタッフ感想
<谷口心平>

今回の活動では、ミミズを自分たちで確保するところから始まり篠竹に糸をまいてみたりおもりを付けてみたりと、みんなで工夫しながら釣りを楽しんだ。天気は曇り、この時期にしては少し肌寒かったが日差しがない分、楽に活動できた。キッズたちは細い釣り糸の取り扱いやエサとなるミミズへの戸惑いはあった様子だったが、その他はとてものびやかに遊んでいて良かった。魚はブルーギルとブラックバスが釣れた。以前の同企画に比べると数は少ないが、短い時間の中で何度も歓声があがっていた。また今回はとても大きなアオダイショウ発見したり、様々な生き物とも出会うことが出来て楽しかった。企画の最後には水槽代わりの衣装ケースにいれられた魚たちをこどもたちが一生懸命観察している様子が印象的だった。普段の生活ではみることの出来ない生物なので良い経験になっただろうと感じる。

事前の準備として、針、釣り糸、糸巻きの用意をした。駅近くの釣具店で店員さんにききながら35人分をそろえた。その後、他スタッフの二人と協力してそれらを取り付ける作業を2時間ほどかけ行った。また下見として実地でブルーギルを釣ったり、総合D棟の散水栓の使用許可を事務室でうけとるなどした。注意点や釣りのコツなどを当日話せるように準備するとよい。

<内田麟太郎>

今回のサイエンスキッズは「釣りを工夫しよう」というものでした。内容としては、最初に釣りの餌となるミミズをキッズたちに採集してもらい、その後それを使って魚を釣るというものでした。ミミズを捕まえ、それをちぎって小さくしてから針に通すのは、苦手なキッズも多く、素手でミミズが触れないというキッズもいました。近くから平たい石を持ってきて、それを使って切ってみるよう促したところ、かなり楽に切れるようになったようでした。
今回は、昨年などに比べて魚が取りづらかったようでした。今回は二箇所に分かれ、時間ごとに場所を変えるといった形式でしたが、魚よく釣れる場所が限られていて、手前側は特に釣れなかったようです。また、糸を竹竿に括り付ける際、糸が絡まってしまい、かなり時間を取られてしまった人もいました。糸が絡まりにくいような保存の仕方を考えたほうがいいかもしれません。

<宇野友駿>

今回のサイエンスキッズは子供達が竹竿、釣り糸、針だけを使用し工夫して魚を釣ろうというものだった。餌とするミミズを捕まえる事から始めたが自分はミミズがさわれない子が多いのではと思っていたがほとんどの子がさわれていたので驚いた。竹竿に釣り糸をつけるところで仕掛け巻きで仕掛けが絡んでしまい仕掛けを外すことができないという声が多く聞こえた。自分達が仕掛けを仕掛け巻きに巻く時に絡まない様にもっと注意を払っておけば良かったと反省した。自分でおもりを持参している子や、短い木の棒をウキの代わりに使っている子など他にも様々な工夫をしている子が見れて良かったと思う。事前の下見でよく釣れるポイントを見つけていたのだがそのポイントで全員に釣りをさせてあげられなかったのが残念だった。全ての子が釣れたわけでは無かったが、恐らく全員が水槽で魚に触れ合えたと思うのでその点は良かったと思う。芳賀先生の指示を上手く伝えられなかった点や班わけが上手くいかなかった点は反省したい。

記入者
筑波大学 生命学群生物学類2年
谷口心平

広告

2015年6月20日 於 筑波大学構内天久保池
●目的
単純な道具を使って、工夫しながら釣りを体験する。
●参加者
講師: 芳賀先生
スタッフ: 浅井 仁、須藤裕子、吉野葉月
午前:キッズ19人/保護者19人
午後:キッズ12人/保護者10人
参加者計: 60人
●所要時間
【午前】
9:30~ 受付
9:45〜10:00 説明、エサ探し
11:00〜12:30 釣り実践、釣れた魚の解説、解散
【午後】
13:30~ 受付
14:45~15:00 説明、エサ探し
15:00~16:30 釣り実践、魚の解説、解散
●内容
針付きの糸、農作業用の笹だけを使って簡易な釣り竿を作成し、自分たちでエサのミミズを探し、実際に釣りができるか体験した。
●スタッフ感想
<浅井 仁>
自分は山間部で育ったので釣りというよりはつかみ取りの方が得意だが、準備の段階で釣りの知識に触れられたので良かった。前日が土砂降りだったので心配はしていたが、当日は気持ちよく晴れたので安心した。今回は単純な道具を組み合わせて釣りをする、ということで、本当に釣れるのか、と思っていたが、ブルーギルやブラックバスを子供たちが次々と釣り上げていたので驚いた。辛かったのは、50人分の針を買うこととそれらを糸に結び付ける作業だった。もっとスタッフ総出で取り組めば効率が良かったかもしれない。声をかけなかった自分のミスだ。午前は入れ食いではないが、あちらこちらからひっきりなしに子供が釣った魚をぶら下げて走ってきた。しかし午後になり魚も多少は学習したのか、あまり頻繁には釣れなくなっていた。それでもほぼ全員の子供がギルを楽しそうに釣っていたので良かった。餌にはミミズを森の落ち葉をどかして探したが、触れないという声が多かったのが印象的だった。土を触っていれば普通に出会える生き物だが、あまり触れたことがないようなので驚いた(子供だけではないが)。やはり最近は自然体験をする機会が少ないのかな、と思った。サイエンスキッズを利用して、もっと生き物に触れる機会が増えれば子供のこころももっと豊かになると思う。子供たちは純粋に釣ることを楽しんでいたが、命をいただくというのはどういうことかなど、こうした取り組みの中で、彼らが何かをつかんでくれたら嬉しい。今回釣れたのはブルーギルとブラックバスで、どちらも特定外来種であり、生きたままでの移動はきんしされている。今回の回では釣りだけでなく、外来種などへの対処方法を簡単に教えることができて良かった。子供たちがこれからも釣りや魚に興味をもっていってくれたらうれしい。
<須藤裕子>
今回のサイエンスキッズは、釣りを工夫しようというものでした。キッズには最初に竿と釣り糸、バケツを渡し、餌であるミミズの採取からはじめ、採取後に釣りを2スポットでしました。餌をつける際に、ミミズを一定のサイズに切らなければならない場合もあり、ミミズが苦手なキッズが最初は触るのにも一苦労でしたが、会の終わりには慣れて、餌のミミズを簡単そうに針につけている様子は、キッズの成長を見ることができて嬉しかったです。会の後半では釣り糸に石などの重りをつけることや、切れてしまった釣り糸の切れ端から新しい糸を結ぶことで釣り糸を長くするなど、様々な工夫をするキッズを見ることができとても良かったです。
さらに、午前と午後を通してほとんどのキッズが魚を1匹以上釣れることができ、中には一人で5匹も魚を釣ったキッズもいてとても驚きました。
反省としては、午前はキッズの数が多く、すべてのキッズとコミュニケーションが取れなかったのが残念でした。また、餌のミミズがなくなってしまうキッズもいたため、スポットを変える際に餌の採集時間を設ければよかったと思いました。午後については、怪我をしてしまったキッズが出てしまったため、もう少し注意を向けていればよかったと思います。
<吉野葉月>
今回のサイエンスキッズ『釣りを工夫しよう』では、子供たちが針と糸と棒だけで、魚を釣ることが出来ました。なんと、1匹も釣れない子供はいませんでした。少なくとも1匹は釣れていて、とても楽しんでいる様子でした。数人の子供は餌のミミズを自分で探して自分でとることが出来ました。ミミズが苦手という子供は、サイエンスキッズスタッフにミミズをとってもらっていました。しかし、はじめはミミズが苦手だった子供たちも、釣りが楽しくなるにつれて、知らず知らずのうちにミミズを手で触れるようになっていました。このように、子供たちのちょっとしたことの成長が見れてとても嬉しかったです。
すこし残念だと感じてしまったのは、親がいたために、子供が親を頼りすぎてしまう場合も見られました。また、親がいろいろと子供に口出ししている様子も伺えました。今回は野外でしかも池での魚釣りだったので、親が心配で側にいてもらうことでとても助かりました。しかし、子供たちが一回親から離れてすべて自分でやっている姿を、お母さんお父さんには陰から見守っててほしかったなと少々思いました。
しかし親子で楽しく釣りを楽しんでいて、子供たちは魚もつれて満足して帰っていったので、本当によかったです。「またやりたいー」といって帰っていった子供たちが、またやるかどうかは本人次第ですが、その気持ちがとても大切だと私は思いました。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学二年
浅井 仁DSC_1258

DSC_1323


2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー