芳賀サイエンスラボ

Posts Tagged ‘筑波大学天久保池

2015年6月20日 於 筑波大学構内天久保池
●目的
単純な道具を使って、工夫しながら釣りを体験する。
●参加者
講師: 芳賀先生
スタッフ: 浅井 仁、須藤裕子、吉野葉月
午前:キッズ19人/保護者19人
午後:キッズ12人/保護者10人
参加者計: 60人
●所要時間
【午前】
9:30~ 受付
9:45〜10:00 説明、エサ探し
11:00〜12:30 釣り実践、釣れた魚の解説、解散
【午後】
13:30~ 受付
14:45~15:00 説明、エサ探し
15:00~16:30 釣り実践、魚の解説、解散
●内容
針付きの糸、農作業用の笹だけを使って簡易な釣り竿を作成し、自分たちでエサのミミズを探し、実際に釣りができるか体験した。
●スタッフ感想
<浅井 仁>
自分は山間部で育ったので釣りというよりはつかみ取りの方が得意だが、準備の段階で釣りの知識に触れられたので良かった。前日が土砂降りだったので心配はしていたが、当日は気持ちよく晴れたので安心した。今回は単純な道具を組み合わせて釣りをする、ということで、本当に釣れるのか、と思っていたが、ブルーギルやブラックバスを子供たちが次々と釣り上げていたので驚いた。辛かったのは、50人分の針を買うこととそれらを糸に結び付ける作業だった。もっとスタッフ総出で取り組めば効率が良かったかもしれない。声をかけなかった自分のミスだ。午前は入れ食いではないが、あちらこちらからひっきりなしに子供が釣った魚をぶら下げて走ってきた。しかし午後になり魚も多少は学習したのか、あまり頻繁には釣れなくなっていた。それでもほぼ全員の子供がギルを楽しそうに釣っていたので良かった。餌にはミミズを森の落ち葉をどかして探したが、触れないという声が多かったのが印象的だった。土を触っていれば普通に出会える生き物だが、あまり触れたことがないようなので驚いた(子供だけではないが)。やはり最近は自然体験をする機会が少ないのかな、と思った。サイエンスキッズを利用して、もっと生き物に触れる機会が増えれば子供のこころももっと豊かになると思う。子供たちは純粋に釣ることを楽しんでいたが、命をいただくというのはどういうことかなど、こうした取り組みの中で、彼らが何かをつかんでくれたら嬉しい。今回釣れたのはブルーギルとブラックバスで、どちらも特定外来種であり、生きたままでの移動はきんしされている。今回の回では釣りだけでなく、外来種などへの対処方法を簡単に教えることができて良かった。子供たちがこれからも釣りや魚に興味をもっていってくれたらうれしい。
<須藤裕子>
今回のサイエンスキッズは、釣りを工夫しようというものでした。キッズには最初に竿と釣り糸、バケツを渡し、餌であるミミズの採取からはじめ、採取後に釣りを2スポットでしました。餌をつける際に、ミミズを一定のサイズに切らなければならない場合もあり、ミミズが苦手なキッズが最初は触るのにも一苦労でしたが、会の終わりには慣れて、餌のミミズを簡単そうに針につけている様子は、キッズの成長を見ることができて嬉しかったです。会の後半では釣り糸に石などの重りをつけることや、切れてしまった釣り糸の切れ端から新しい糸を結ぶことで釣り糸を長くするなど、様々な工夫をするキッズを見ることができとても良かったです。
さらに、午前と午後を通してほとんどのキッズが魚を1匹以上釣れることができ、中には一人で5匹も魚を釣ったキッズもいてとても驚きました。
反省としては、午前はキッズの数が多く、すべてのキッズとコミュニケーションが取れなかったのが残念でした。また、餌のミミズがなくなってしまうキッズもいたため、スポットを変える際に餌の採集時間を設ければよかったと思いました。午後については、怪我をしてしまったキッズが出てしまったため、もう少し注意を向けていればよかったと思います。
<吉野葉月>
今回のサイエンスキッズ『釣りを工夫しよう』では、子供たちが針と糸と棒だけで、魚を釣ることが出来ました。なんと、1匹も釣れない子供はいませんでした。少なくとも1匹は釣れていて、とても楽しんでいる様子でした。数人の子供は餌のミミズを自分で探して自分でとることが出来ました。ミミズが苦手という子供は、サイエンスキッズスタッフにミミズをとってもらっていました。しかし、はじめはミミズが苦手だった子供たちも、釣りが楽しくなるにつれて、知らず知らずのうちにミミズを手で触れるようになっていました。このように、子供たちのちょっとしたことの成長が見れてとても嬉しかったです。
すこし残念だと感じてしまったのは、親がいたために、子供が親を頼りすぎてしまう場合も見られました。また、親がいろいろと子供に口出ししている様子も伺えました。今回は野外でしかも池での魚釣りだったので、親が心配で側にいてもらうことでとても助かりました。しかし、子供たちが一回親から離れてすべて自分でやっている姿を、お母さんお父さんには陰から見守っててほしかったなと少々思いました。
しかし親子で楽しく釣りを楽しんでいて、子供たちは魚もつれて満足して帰っていったので、本当によかったです。「またやりたいー」といって帰っていった子供たちが、またやるかどうかは本人次第ですが、その気持ちがとても大切だと私は思いました。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学二年
浅井 仁DSC_1258

DSC_1323


2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー