芳賀サイエンスラボ

Posts Tagged ‘筑波山

2017年5月28日 於 筑波山・迎場コース,冒険コース
●目的
筑波山の登山コースを歩きながら、森林・植物・昆虫などの自然観察をする。
●参加者
講師: 芳賀先生
スタッフ: 杉原翔吉、田村響子
午前:キッズ46人/保護者約60人
午後:キッズ21人/保護者20人
参加者計: 約147人
●所要時間
【午前】
9:00~ 受付と説明
9:40~   つつじヶ丘を出発、コースを歩きながら自然観察
11:35~ 筑波山神社到着、解散

【午後】
13:15~ 受付と説明
13:35~ つつじヶ丘を出発、コースを歩きながら自然観察
15:30~ 筑波山神社到着、解散
●内容

まず芳賀先生から歩く道の説明があった後、午前中は参加者が多かったため、2つの班に分けた。前の班が出発して5分ほど経った後に次の班が出発した。歩いた道は迎場(むかえば)コースと登山道から外れた冒険コースで、木や植物、森林の構造などを観察しながら筑波山神社を目指した。午前中はつくばスタイルの取材があり、記者も同行した。

写真:あずまやの屋根の植生の観察

●スタッフ感想
<氏名>

杉原翔吉

 サイエンス・キッズのこの会には去年も参加していました。去年は黄色く熟していた入り口に生えているモミジイチゴの実が今年はまだ熟していないのを見ると、今年は去年より涼しかったのかもしれません。去年も参加していたキッズIIIの子たちは何か気付いたことがあるでしょうか?

 山道は前々日の雨のせいか濡れていて滑り易くなっていましたが、午前午後通して大きな怪我をする人なく行うことができてよかったなと思います。

 筑波山神社では今年も珍しいマルバクスノキの葉の観察をしました。近くには普通の楠も生えており、去年もでしたが葉っぱの形の違いがおもしろいなと思います。午後は「マルバクスノキとクスノキの葉っぱで大きいのはどちらか?」と質問したキッズがいて、みんなでどうやったら大きさを比べられるか考えました。

 午後の会では途中からハカセにバトンタッチをされ、スタッフ達が解説をしながら山道を歩きました。反省点としては、一つ目に自分が説明するときにどうしてもだんだんと早口になってしまったこと。二つ目にバスの時間に間に合わせようとあまり止まらず、予定より少し早く山を下りてきてしまったことです。午後は午前より人数も少なく、もう少しゆったり構えて出来たらよかったです。
<氏名>
田村響子

 前日は雨で足下が滑りやすくなっていましたが、当日は暑すぎず、山道を歩くには丁度良い天候でした。

 午前中は芳賀先生が前半の班に説明し、スタッフが後半の班に同じ説明をするという流れでした。午後は山道の途中から、スタッフのみで解説、キッズたちの誘導を行いました。

 山道では森林全体の構造や植物種による戦略の差に着目した解説をし、ギンリョウソウや筑波山の固有種であるホシザキユキノシタなども観察することができました。冒険コースは急斜面や細い道を下るコースで、芳賀先生がいらっしゃらない午後は特に心配でしたが、保護者の助けもあり、スムーズに進むことができました。「スタッフより前に行かないように」「順番を崩さないように」という約束をきちんと守ってくれて、キッズたちがとても頼もしかったです。

質問してくれたキッズには説明できたことも、全体に共有しきれなかったところが反省点です。

 

【主催者のひとこと】

薄雲ながら好天に恵まれて山歩きを楽しむことができました。
午前の部では,情報誌”つくばスタイル”の取材があり,つつじヶ丘出発前に,集合場所のレストラン横広場で付添家族もふくめて集合写真を撮りました。例年同様,つつじヶ丘から筑波山神社までのコースを歩きましたが,以前は,ほとんど他人には出会わなかったのに,TX開通後に筑波山の人気が高まって行き交う人々が多くなりました。数か所の観察ポイントでは,登山路をふさがないように気を配りながら話をしなければならず,やりにくさがましました。「ヒノキ森の構造」「四阿屋根の植生」「倒木あとのスポット」などは,年々変化していて,十数年毎年見ている私にはとても興味深い場所ですが,キッズに以前の状態を思い描かせるのが難しくなったところもあります。
午後の部では,私の脚の筋肉疲労でひざのバネが効かなくなり,怪我の恐れが感じられたので、迎え場コースと(通称)冒険コースは学生スタッフに任せて,車で先回りし,男女ノ川徒渉地点で合流しました。(芳賀)

写真:倒木とギャップの観察
記入者
筑波大学 生命環境学群生物資源学類2年
田村響子

タグ:

  2017年4月16日 於 筑波山

  • 目的 春に筑波山で花を咲かせる植物の観察。自然林と人工林の比較。
  • 参加者 講師: 芳賀先生

スタッフ: 杉原翔吉

午前:キッズ21人/保護者22人

参加者計:43人

  • 所要時間

【午前】

9:30~ 受付と説明

10:00~ 薬王院へ向け出発。自然観察をしながらのハイキング

10:40~ 薬王院到着。休憩

11:00~ 薬王院出発。自然林と人工林の観察

11:30~ 下山

12:00~ 解散

12:30  後片付け

  • 内容 まず、集合場所であるつくし湖から薬王院までは、主にこの時期に花を咲かせているウラシマソウ、ニリンソウ、ネコノメソウやスミレの仲間を観察しながらのハイキングとなった。薬王院に到着後は15分ほどの休憩・薬王院見学の後、芳賀先生からとお別れして登山道を歩いた。林業従事者が使う道へ入って薬王院の裏側に周り、天然林と人工の杉植林との間に立ってその違いを観察した。ちょうどコナラの開花時期やアオキの新緑の時期であったため、それらの観察もした。キッズ達も咲いている花を発見して博士や僕に教えてくれた。

  • 主宰者のひとこと

筑波山の男体山から西に向かう稜線の中腹に古刹の薬王院があり,本堂の背後はスダジイを中心とする自然のままの暖温帯林になっている。つくし湖畔から山道を登り,薬王院で一休みした後,その自然林の裏側を見るべく,登山道をさらに上り,その途中から杣道に入って,自然林と杉植林の間の道を下りて薬王院に戻るコースは,ほとんど誰も通らないので,自然林を理解するよい観察路になる。しかし,登山道は登りがきつく,脚力が衰えた私には無理に感じられるので,サイエンス・キッズと付添父母をスタッフリーダーに引率してもらい,私は,比較的緩やかな抜け道をたどり,観察点で合流した。さいわい穏やかな陽射しで,散り始めた山の桜と新緑を満喫でできた。今年はウラシマソウの花がまだ少なかったことが心残りだった。

(芳賀)

  • スタッフ感想 <杉原翔吉> 今回は途中から一人でキッズ達を引率する場面があり、ペースを決めたり、解説をしたりするのが大変でしたが、林業関係者の道はそれほどわかりにくい道でもなく何とかみんなで歩くことができました。                                咲いている花では釣り糸のように長い糸が垂れているウラシマソウの観察が印象的でした。目立たない色の花ですが、キッズ達は葉っぱの形など芳賀先生のアドバイスをもとに次々と見つけていました。また、スミレがたくさん咲いていました。タチツボスミレのほかに色や葉の形が違うスミレがいくつかあり、植物図鑑をキッズと見ながら悩んでしまいました。

記入者 筑波大学 生命環境学群生物学類2年 杉原翔吉

 

タグ:

2015年5月31日 於 筑波山・迎場コース

●目的
筑波山の登山コースを歩きながら、森林・植物・昆虫などの自然観察をする。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 盛高佑貴、相沢良太、平山夏樹

午前:キッズ54人/保護者70人
午後:キッズ12人/保護者16人

参加者計: 152人

●所要時間
【午前】
9:00~ 受付と説明
9:50~   つつじヶ丘を出発、コースを歩きながら自然観察
11:50~ 筑波山神社到着、解散

【午後】
13:30~ 受付と説明
14:00~ つつじヶ丘を出発、コースを歩きながら自然観察
15:40~ 筑波山神社到着、解散

●内容
まず芳賀先生から歩く道の説明があった後、午前中は参加者が多かったため、3つの班に分けた。前の班が出発して5分ほど経った後に次の班が出発した。歩いた道は迎場(むかえば)コースで、木や植物、昆虫などを観察しながら筑波山神社を目指した。securedownload

写真:芳賀先生による説明の様子

 

●スタッフ感想
<氏名>
盛高佑貴

迎場コースでは多くの植物・樹木・昆虫などが観察でき、落ち葉や昆虫を熱心に観察する子ども達の目は輝いていました。途中ヤマカガシやサワガニなども見られ私もすごく楽しめました。午前中は参加人数が多かったため子ども達を統率するのが難しく、先へ先へどんどん進んでしまう子ども達を見るのに手一杯で、後方の子ども達に目を向けることがなかなか出来なかったので歩くスピードを落とすなど配慮が必要だと感じました。植物図鑑を携帯していたのですが、子ども達から植物の名前を尋ねられた際に分からないことが多かったので事前の山林の植物・樹木についての調べが足りなかったようです。午前中の下見の段階で山道の植物を十分に確認しておかなかったのも反省点の一つです。天気にも恵まれ、冒険コースでの大きな事故もなく散策を終えることができ良かったです。今回の活動で子ども達に筑波山の植生や生き物に興味を持ってもらえると嬉しいです。

<氏名>
相沢良太

今回は少し雲が多かったため涼しく、フィールド観察には適した天候でした。コースではモミジイチゴやギンリョウソウが見られ、こどもたちはイチゴを食べてみたりギンリョウソウと写真を撮ったりと筑波山の自然を楽しんでいました。午前中は参加人数が多く先へ先へ急ぎたがる子とゆっくり観察したい子がいて、まとめるのが大変でした。どんどん進むこどもたちを注意するあまり説明が手薄になってしまっていたので予めゆっくり歩くよう念を押しておくべきだったと思います。また、苔むした岩に乗り、滑り転んだ子がいたので注意を促すべきでした。午後は参加者が少なく、グループに分けずにスタッフ全員で見ることができました。コースの最後に通った冒険コースでは目立った事故はありませんでしたが、小学生未満の子も多く参加していたため予定よりも時間がかかりました。別の安全なコースも用意してあるとよかったと思います。また、下見の段階でコースの確認のみを行い、植物など説明できるものをあまり探さずに名前を聞かれたときに答えることができなかったのも今回の大きな反省の一つです。

<氏名>
平山夏樹

今回は筑波山中腹の迎場コースを散策しながら植物や昆虫などの生き物や森林の特徴を観察するということで、多くのキッズが積極的にコース沿いの変わった植物や生き物を発見し、興味深く観察する姿が見られました。午前の部ではヒバカリの幼蛇と思われる蛇を発見することができ、午後の部では沢からやや離れた陸地で大きな
サワガニを発見することができました。午前の部では参加人数が多かったため、班を3つに分けましたが、元気がよくコースをどんどん先へ進んでしまうキッズがいたため苦労しました。反省点としては、事前に下見の時間を十分に設けて頂いたのにも関わらずコースの確認程度で終わってしまったため、コース沿いの植物などについて詳細に調べておくべきでした。また、活動中に自分のスタッフ用の名札を山中に落とし、紛失してしまったので今後は同じような
ことが無いように気を付けたいです。

【主催者の一言】

この筑波山での自然観察は雨に降られることが多いのですが、ことしは多少怪しい雲行きながら雨はありませんでした。

狭い山道なので、参加人数を3つの班に分けて5分おきに出発し、途中のいくつかのポイントでは、わたしが5分ずつ3つの班に同じ話をしたあと、急いで先頭を追いかけて、次のポイントで同様にする、という苛酷なことを毎年続けてきました。しかし、もう脹脛も膝も腿も悲鳴を上げ続けてしまいます。広いところでは3つの班を一緒にして話をしたりして、杣道の冒険コースもなんとかこなして午前の部を終えたものの、特に膝が痛くなって、ついに午後の部では、最初と最後のポイントだけやって、途中は学生スタッフに任せ、わたしはドライブウェーを車で先回りして待ち受けるという、情けない為体になりました。(芳賀)

記入者
筑波大学大学院数理物質科学研究科化学専攻修士2年

盛高佑貴

タグ:

2012年5月27日     筑波山・迎場コース

●目的

筑波山の登山コースを歩きながら、森林・植物・昆虫などの自然観察をする。

●参加者

講師: 芳賀先生

スタッフ: 浅部 幸紹、井上 由香理、梅谷 絵梨香

午前:キッズ 48
午後:キッズ 39
全参加人数:講師 1 人, スタッフ 3人, キッズ 87人   計 91人

●時程

【午前】
~9:30 受付
9:30~9:40 芳賀先生お話
9:40~11:50 自然観察

【午後】
~13:15 受付
13:30~15:15 自然観察

●内容

まず芳賀先生から歩く道の説明があった後、参加者を3つの班に分けた。前の班が出発して5分ほど経った後に出発した。歩いた道は迎場(むかえば)コースで、木や昆虫などを観察しながら筑波山神社を目指した。

●スタッフ感想

【浅部】
当日は天気も良く、屋外の回としてはとてもよかった。日差しの当たるところはとても暑かったが、山道に入ってしまえば直射日光もなく、とても過ごしやすかった。今回は自然観察ということで、山道の周りの植物を見ながら歩いた。多くの植物が生えており、それを説明しながらゆっくりと歩くことができた。しかし子供たちの中には、一人でどんどん行ってしまう子供もおり、何度も注意しなければいけなかった。植物では筑波山に特徴的なツクバキンモンソウとホシザキユキノシタを観察することができた。
つつじヶ丘駅の駐車場から筑波山神社までの道は山を登るような険しい道もなく、通常ならば歩きやすい道ではあった。しかし最後に冒険コースと称し、山道ではない道を通ったが、ここはとても急斜面であり大変危険だと感じた。実際保護者が転倒し子供を巻き添えにしてしまった。行くにしても事前に大変危険な道であるため、行きたい人とそうでない人を分けるべきだった。

【井上】
初めての参加だったが、天候がよく、歩くのがとても気持ち良かった。スタッフの人数に対する子供の数が多くて驚いた。
筑波山の散歩道は幅が狭かったため、歩きながらでは担当するグループの一部の子としか接することができなかったのが残念だった。午前中では親と子が一緒に行動していることが多く、家族で植物観察や植物採取をしていて良かったと思う。
植物の知識がなく、質問されても答えれなかったのが残念だった。軽く事前に植物や見どころについて説明できるような紙を用意してみるとか、先生やスタッフで話せる時間があればよかったと思った。
途中でトイレに行きたい親子がいて、先に単独でどんどん降りて行ってしまった。集団行動を守ってもらう必要があるので、スタッフが事前にトイレが無いことを言って、先に済ませてもらう必要があった。
午後は子供たちが前を歩き、保護者が後ろを固まって歩いていたので、子供たちと接する機会が多くて良かった。子供たちは元気でどんどんとペースを速くして先に行ってしまうので止めるのが大変だった。競い合って歩くことを楽しんでいて周りの植物を全然見てくれない子が多かったのが残念だった。
コースは水でぬかるんでいたり、狭くて崖のようになっている場所があって子供が落ちそうになって危なかった。コースを事前に歩くことは難しくても、コース自体について事前に知っておきたかった。

【梅谷】
今日は参加人数が多かったこともあり、なかなかまとめることができなかった。面白い形の木や葉っぱ、朽木、実などなるべく植物に目をやるように心がけたが、早く先に進みたいようでペースを合わせるのに苦労した。
今日は快晴だったが、先日の雨の影響もあってかすべりやすい所が多かった。川辺は通過するだけではなく少し散策する時間がとれれば良かったと思う。
普段見れる虫や植物がほとんど見られなかったのは残念だったが、四阿や倒木の中を不思議そうに眺めたり、各々が気になる葉や身を見つけて興味を持ってくれたのが嬉しかった。
         

記入者

筑波大学大学院 人間総合科学研究科 フロンティア医科学専攻1年
浅部 幸紹

タグ:

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー