芳賀サイエンスラボ

Posts Tagged ‘茨城県潮来市「白鳥の里」

2016年1月7日 於 北浦白鳥の里(潮来市)

●目的
野生の水鳥を望遠鏡なしで間近に観察し、餌やり体験を行う。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 平山 夏樹

午前:キッズ18人/保護者16人

参加者計: 34 人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
10:00~ 観察
10:15~餌やり
11:00~ まとめ、解散

●内容
dsc_0854

最初の場所ではコハクチョウ、コブハクチョウ、オナガガモ、オオバン、ユリカモメが観察できました。多数のユリカモメに混じって1羽だけセグロカモメも確認できました。

dsc_0861

白鳥を守る会の方に来てもらい、お話をして頂きました。

dsc_0858

最初の場所から100mほど移動した場所では、少数ながらカルガモ、ホシハジロの姿も確認できました。

●主宰者のひとこと

かってはホシハジロだった優占種がこのところオナガガモに取って代わり,来場者の多いエリアのほとんどを埋めつくすばかりになっていました。しかも,優先の度合いが年々大きくなって,子どもたちに多種多様な水鳥を観察させたいと思っているのに,ちょっと残念な状況でした。おまけに,岸近くにはコブハクチョウのみでオオハクチョウ,コハクチョウは沖合に出ていて,肉眼での観察はできませんでした。
対岸の鹿嶋市須賀で最近,死んだユリカモメから鳥インフルエンザが確認されたという報道があって,そ影響も懸念されましたが,出席率が下がることもなく,親子で水鳥とのふれあいを楽しみました。(芳賀)

●スタッフ感想
<平山 夏樹>
鳥インフルエンザの影響により中止が懸念される状況ではありましたが、無事に決行することができました。キッズが階段に座って芳賀先生の説明を聞いている途中にコブハクチョウが近づいてきたので、危険だと思い追い払いました。コブハクチョウの中には他種に対して攻撃的であったり人間の服に噛み付く個体もおり、注意が必要です。餌やりの際には、カモにあげようとしてもユリカモメに横取りされてしまうことがほとんどでした。また、手に食パンを持っていると大量のユリカモメに「襲われる」ため、怖がって泣き出してしまうキッズもいました。保護者の方でユリカモメの鋭い嘴が唇に当たり、出血してしまった方がいました。当たった箇所が唇だったので軽傷で済みましたが、目に当たっていたら大怪我に繋がっていたことだと思います。野鳥が相手とはいえ、怪我する恐れがあることを身に染みて感じました。

記入者
筑波大学 生命環境学群 生物資源学類2年
平山 夏樹

 

広告

2016年1月9日 於 茨城県潮来市「白鳥の里」

●目的
現地で間近で水鳥の観察、餌やりを行うことで水鳥の生態を理解し興味を持ってもらう。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 平山夏樹、相澤良太

午前:キッズ21人/保護者24人
午後:キッズ13人/保護者13人

参加者計: 74人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
10:10~ 観察開始
10:30~餌やり開始
11:00~ まとめ、解散

【午後】
13:00~ 受付と説明
13:25~ 観察開始
13:50~ 餌やり開始
14:25~ まとめ、解散

●内容
水鳥の羽の模様や泳ぎ方、足の形などを間近で注意深く観察する。何種類の水鳥が観察できるか調べる。パンの耳や古いお米を使って餌やりを体験する。

●観察できた鳥

オオハクチョウ,コブハクチョウ,オナガガモ,ホシハジロ,キンクロハジロ,オオバン,ユリカモメ,トビ

DSC_1008DSC_1016

●スタッフ感想
<平山夏樹>

私自身も小さい頃に水鳥の餌やりを何度か経験したことがありますが、今回訪れた「白鳥の里」では人間から手渡しで野鳥に餌を与えることができるほど野鳥が人間に慣れていたので非常に驚きました。それほど広くはない限られた場所に数百羽のカモやカモメが集まっている光景に、現地の「白鳥を守る会」の方の絶え間ない努力を感じました。白鳥に餌をやる際の注意点ですが、指ごと餌に噛みつこうとするので手袋の装着が必須だと感じました。寒い中での活動ではありましたが、キッズたちが好奇心を持って観察する姿がとても印象的でした。

<相澤良太>

今回は水鳥の観察ということで北浦の白鳥の里で行いました。白鳥を守る会の方々が普段より餌をやったり驚かさないようにしたりしているためか、水鳥は非常に人慣れしていて、人との距離がほとんどないことに驚きました。キッズたちは普段あまり近くでは見られない水鳥を興味深く観察していました。近場にはオナガガモとユリカモメが多く、あまり多くの種類を観察できなかったのが残念でした。沖合にはキンクロハジロやホシハジロがいたので、双眼鏡を用意しているとよかったと思います。年々観察できる種類が変わるとのことなので、今回参加したキッズが数年後にも白鳥の里を訪れて、違いを楽しんでほしいと思います。

記入者
筑波大学 生命環境学群 生物資源学類1年

平山夏樹

2015年01月10日 於 北浦白鳥の里(茨城県潮来市水原)

●目的
現地で間近で水鳥の観察、餌やりを行うことで水鳥の生態を理解し興味を持ってもらう。

●参加者
講師: 芳賀先生

スタッフ: 盛高佑貴、浅井仁

午前:キッズ24人/保護者34人

参加者計:60人

●所要時間
【午前】
9:40~ 受付と説明
10:00~ 水鳥の観察及び餌やり
11:40  解散

●内容
水鳥の羽の模様や泳ぎ方、足の形などを間近で注意深く観察する。何種類の水鳥が観察できるか調べる。パンの耳や古いお米を使って餌やりを体験する。

●スタッフ感想
<盛高佑貴>
 今回は水鳥の観察を行いました。水鳥が人慣れしていたので、予想以上に間近で観察できて驚きました。数は多かったですが、種類は少なくて残念でした。午前中で気温は低かったですが、子供達は観察やエサやりを十分に楽しめたようです。二ヶ所の観察ポイントで違う水鳥が見れたのは良かったと思います。エサやりの際、特にハクチョウはクチバシが危ないので軍手の必要性を感じました。水鳥の名前や特徴などの説明は分かりやすくてよかったです。堤防を通る車には十分な注意が必要だと感じました。水鳥をじっくり観察するのは初めての経験だったのでとても勉強になりました。

<浅井仁>
 オナガガモの多さに驚いた。事前に予習はしていたが、やはり現地で現物に触れることで、図鑑では分からない些細なことまで発見できると再確認できた。子供たちが嬉しそうに気付いたことを教えてくれたが、やはり子供たちにとって科学的な発見、気づきは非常に大きく大事なことなのだなと思った。これからも、子供たちの興味や発見を後押しできるように臨みたい。

記入者
筑波大学 大学院数理物質科学研究科 化学専攻 1年
盛高佑貴

【メンバー】Y田、N澤
【受付での配布物・提出物】ワークシート
【キッズの数】午前:26 、午後:20
【活動場所】茨城県潮来市「白鳥の里」

【活動報告】

「白鳥の里」では非常に多くの水鳥と本当に近くで触れ合うことができ、感動しました。みんながルールを守り、水鳥を大切に してきたからこのような素敵な場所ができたのでしょう。実際に一般の方も多く、非常ににぎやかなサイエンス・キッズでした。キッズの多くは観察や餌やりな ど楽しんで活動していましたが、中には怖がる子もいて、どうやったら怖くないかをちゃんと説明できれば良かったと悔やまれます。
この回は非常に 寒い中行われるため、スタッフも防寒対策(とくに手袋)を忘れずにもっていくことが大切です。午後には風が少し強くなり、ワークシートを留めるクリップを 二つにするなどして対応しましたが、改善の余地があると思います。キッズの多くは「バインダー」を持っていると思うので、ある人は持ってくるよう事前に知 らせておけば良いでしょう。また、今回は当日下見だったためスタッフの準備がよくできていませんでした。当日下見の場合は、図鑑を用意しておくと良いで しょう。
私個人の意見ですが、湖の散策も行うと良いと思いました。少し歩くだけで、より多くの種類の水鳥が観察できたと思います。そのためには双眼鏡が必要かもしれません。

Y田


2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー