芳賀サイエンスラボ

Posts Tagged ‘霞ヶ浦

2017年7月22日 於 筑波大学

●目的
オリガミクスに親しんでみよう

●参加者
講師: 芳賀先生
スタッフ: 木村 美南、中井 彬恵、亀山 郁
午前:キッズ26人/保護者21人
午後:キッズ25人/保護者24人
参加者計: 100人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
10:00~  直角三角形と二等辺三角形の三角定規の作成、考察
11:00~  「筑波型飛行物体」の作成、自由に飛ばして遊ぶ
11:50~  まとめ、解散
12:00  後片付け
【午後】
13:30~ 受付と説明
14:00~   直角三角形と二等辺三角形の三角定規の作成、考察
15:00~  「筑波型飛行物体」の作成、自由に飛ばして遊ぶ
15:50~ まとめ、解散
16:30  後片付け

●内容
1.芳賀先生によるオリガミクスの説明
2.折り紙で直角三角形定規を作った。(一つ目は先生の説明を聞きながら、二つ目は自力で、の計2つ)
3.直角三角形定規と同様にして二等辺三角形定規を2つ作った。

4.これらの直角三角形と二等辺三角形を組み合わせるとどんな形ができるのか考察した。
5.直角三角形と二等辺三角形の共通点を考察した。
6.「筑波型飛行物体」作り、それぞれ工夫しながら飛ばして遊んだ。

【主宰者のひとこと】

参加希望キッズが多く,親も一緒に楽しむ事を考えると,大学の実験室では手狭になるため,霞ヶ浦環境科学センターの多目的ホールを使いました。
ちょっと広すぎて,距離的に親近感が得にくく,また,私の体調不調(足腰の筋肉痛)もあって,不本意な指導状態でしたが,スタッフ学生がそれをカバーしてくれました。正方形おりがみで作る三角定規三角形を複数作って,キッズにはそれを並べて組み合わせることでさまざまな図形に親しみを感じてもらうのがねらいでしたが,思った以上によく考えてトライしていたことがうれしく感じました。
もう一つの「筑波型飛行物体」では,おとなも童心に復ったように楽しんでくれました。
なお,参加者には自著の新書版「おりがみで楽しむ幾何図形」を著者割引価格で購入してもらいました。 (芳賀)

【スタッフ感想】

<中井 彬恵>本日はオリガミクスの2回目です。前回は台形箱や直方体の箱作りで工作要素が強かったのですが、今回は学校でもよく使う三角定規と同じ図形を作って、更にどんな図形が出来るかなど算数要素が強いものとなりました。折り方が分からなくなってもめげず、芳賀先生の質問に対して試行錯誤しながら答えを探そうとするサイエンスキッズが多く、遊びながらサイエンスをする姿勢が感じられた良い回となったと思いました。

<木村 美南>

私自身、初めてのオリガミクスでしたが、仕組みを理解しながら楽しく参加することができました。キッズたちも自分で二つの三角形の共通点を探したり、図形を合わせてどんな図形が出来るか友達と協力しながら考えたりと楽しんでいたように思います。今回は親子で一緒に席についてもいいという事だったので、保護者の方々もキッズと一緒になって頭を悩ませたり楽しんでいる様子が印象的でした。

<亀山 郁>
今回は私自身としては初めての参加ということもあり、子供達の元気の良さに弱冠押され気味だったとは思いますが、なんとか乗り切ることができたと思います。
反省点としては、1番は作業がわからずやる気をなくしている子に、どういう風に接せればいいのかわからなかったところです。結局先輩にお任せしてしまったので、もっと事前に対処法を考えてくるべきだったと感じました。また、自分自身の仕事として何をやっていいかよくわからず芳賀先生にたくさんご指示を頂いてしまい、自分から動けなかったことも反省しています。次からはこうした点を改善していきたいです。

 

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類1年

木村美南

 

広告

2015年06月17日 於 霞ヶ浦浮島 妙岐の鼻
●目的
霞ヶ浦の妙岐の鼻と呼ばれる一帯はヨシ(アシ)原になっていて、様々な種類の動植物に加え、絶滅危惧種に指定されているエノキカイガラジラミを見ることができます。ここでの観察を通して動植物に対する知識を付けることが目的です。
●参加者
講師: 芳賀先生
スタッフ: 河合あかり 相澤良太
午前:キッズ30人/保護者18人
午後:キッズ01人/保護者01人
参加者計: 50人
●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
10:00~ 探索
11:50~ まとめ、解散
12:30  後片付け
【午後】
13:30~ 受付と説明
14:00~ 探索
15:50~ まとめ、解散
16:30  後片付け
●内容
霞ヶ浦の妙岐の鼻と呼ばれる一帯はヨシ(アシ)原になっていて、コジュリン、オオヨシキリなど小鳥の楽園です。観察台も作られています。

●主催者のひとこと 
 霞ヶ浦の原風景ともいうべき妙岐の鼻は一面の葭原です。オオヨシキリ,コジュリン,オオセッカなど,野鳥の声を聞きながら気持ちの良い散策を楽しめます。しかし,うるさいくらいに聞こえていたオオヨシキリは数が減って,鳴き声ものまねコンクールができなくなりました。水資源機構が堤防上に設置した立派な野鳥の鳴き声案内機が,修理される気配がないまま放置されているのはとても残念です。
 葭原周辺の散策路ではチガヤやヘラオオバコが衰退してブタナが増えるなど植物世界も変わってきました。
 帰途,高速道路上で車が故障し,本線から側道にやっと待避できたものの,自力走行できなくなって警察パトカー,管理会社パトロールに助けられ,JAFに牽引されました。同乗のスタッフ学生2人に迷惑を掛けてしまいました。
(芳賀)

●スタッフ感想

<河合あかり>
自然の多い場所で、子供たちが鳥や植物、昆虫、魚など様々な生き物を興味をもって見つけている様子を見ることができました。
今回の反省点としては、草木が生い茂っている場所で、所によっては足元に茨が出ている場所もあり危なかったため、事前に長袖長ズボンで来るよう呼びかけておくべきだったということや、細くて見通しの悪い道が多く、博士の声が届かなかったりはぐれてしまった子供がいたりなどしたため、もっとスタッフが動くべきだったということが挙げられます。また、午後も行うかどうかということについて、スタッフ間で連絡ミスがあったため今後このようなことがないように注意していきたいです。

<相澤良太>
日差しが強く暑い日でしたが子供たちは草笛で遊んだりそれぞれ興味の持ったものの観察を楽しんでいました。
長さ比べのためのヨシの採取には悪戦苦闘しながらも楽しんでいました。
昆虫や植物の名前や不思議に思ったことをどんどん質問してくれる子もいて自分の勉強不足さを痛感しました。
今回、最後尾についていたのですがどうしても芳賀先生からはなれてしまったり、先生の解説を聞いていない子もいたのでもっと子供たちの誘導をすればよかったと思います。また、朝の下見の時に、見つけたヘビを刺激したため観察の時にはヘビがいなくなってしまい子供たちに見せることができなかったのでもっと配慮すべきでした。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類2年
河合あかり

2015年5月10日 於 玉造ふれあいランド「水の科学館」実習棟
●目的
霞ヶ浦を遠くから眺めるだけでなく、船に乗って湖面の色を見たり、底の泥を触ったりする。
また、霞ヶ浦の水の濁りを調べたり、どれだけ汚れているかを調べたりする。
今回は国土交通省の霞ヶ浦河川事務所にご協力をいただいた。

●参加者
講師: 芳賀先生
スタッフ: 山田侑希、関口実歩、浅井仁
午前:キッズ58人/保護者56人
午後:キッズ26人/保護者23人
参加者計: 163人

●所要時間
【午前】
9:30~ 受付と説明
9:50~ 湖面観察、COD・透視度測定、自然観察
10:30~ 湖面観察、COD・透視度測定、自然観察
11:10~ 湖面観察、COD・透視度測定、自然観察
11:50~ まとめ、解散
12:30  後片付け
【午後】
13:30~ 受付と説明
13:50~ COD・透視度測定、自然観察
14:50~ COD・透視度測定、自然観察
15:50~ まとめ、解散
16:10  後片付け

●内容
午前中は3つのグループに分かれて、湖面観察、COD・透視度測定、霞ヶ浦周辺の自然観察をローテーションで行いました。
午後は2つのグループに分かれて、COD・透視度測定、霞ヶ浦周辺の自然観察を交替で行いました。
image (1)

image

image (4)

【主宰者のひとこと】
 かって,建設省霞ヶ浦工事事務所であったアドバイザー会議のあと,水質保全課長と懇談するうちに,子どもたち対象の霞ヶ浦体験会をしてみたらという案が出て,事務所の協力でこのテーマの実施が始まりました。その後,事務所名は国土交通省霞ヶ浦河川事務所に,課名も湖沼環境課に変わりましたがこの体験会は引き継がれています。
当初は,同事務所土浦出張所の港と隣接の霞ヶ浦インフォメーションセンターを使い,巡視船2隻を掛馬観測所付近まで走らせて体験活動をしていました。地上では霞ヶ浦市民協会の協力もありました。東日本大震災で,そこの港湾設備の使用が制限され,インフォメーションセンターも閉鎖されたため,会場を行方市玉造の霞ヶ浦ふれあいランド水の科学館とその船着き場を使うようになり,巡視船1隻で行う現在の形になりました。
 毎回,湖沼環境課あげてのイベントとして課長,係長はじめ課員総出のお手伝いに感謝しています。 芳賀

●スタッフ感想

<浅井仁>
霞ヶ浦の水質や湖岸の動植物に関して理解を深めた。霞ヶ浦からひいた水道水があまり美味しくないためか、普段から霞ヶ浦にあまり良い印象を抱かなかったが、今回のサイエンスキッズで大分印象が変わった。確かに透明度やパックテストの結果から見れば、あまり印象は良くないが、湖底の砂は海の様な匂いがした。ヘドロだと思っていたので、驚いた。職員の方々の努力により、霞ヶ浦は綺麗になってきているんだと知った。自分が住んでいる地域の、毎日触れている水が綺麗になるために、自分にできることは何か常に考えながら生活したい。また、湖岸を散策しているときに、自分が気づかない動植物に気づいて報告してくれる子どもたちを見て、やはり子ども特有の目線と曇りない好奇心は、すばらしいものだなと改めて思った。

<関口実歩>
キッズと様々な体験ができて、こちらも楽しませてもらった。CODテストの際、取り扱いを間違えると危険な薬品について説明をしたところ、キッズが必要以上に怖がってしまい正しい測定が出来なかったことが心残りである。何が危なくてどこまでが大丈夫であるかの伝えかたの難しさを実感した回であった。

<山田侑希>
今回はキッズと一緒に船に乗って湖面の色を観察したり、湖水のCODを測定したりした。
霞ヶ浦は住んでいる地域の近くにありながらもあまり直接知る機会がなく、今回は私にとっても霞ヶ浦を体験する回であった。また、船に乗った時にわくわくしていたキッズを見てこちらも楽しくなった。それぞれ霞ヶ浦湖面のいろいろな場所を見ていて、中には波間にいた魚を見つけたキッズもいた。自然観察の時には土手の植物だけでなく水辺の植物にも注目していたキッズもいて、驚かされた。
午前中にできた湖面観察が天気の都合上午後にできなかったのは少し残念であったが、その分自然観察に時間をかけることができ、こちらも霞ヶ浦周辺の自然を知る良い機会になったと思う。
また、今回は国土交通省霞ヶ浦河川事務所の方々に実験器具の提供や多大なるご協力をいただき、非常にありがたかった。

記入者
筑波大学 生命環境学群生物学類2年
山田侑希

タグ:

2012年5月12日    霞ヶ浦水の科学館隣の実習室及び湖上

●目的

霞ヶ浦の水を勉強することで水質改善の意識を向上させる。

●参加者

講師:芳賀先生, 伊藤さん(国土交通省霞ヶ浦河川事務所湖沼環境課)

スタッフ:浅部 幸紹、村岡 祐輔、長田 理沙、新井 佑子

午前:キッズ 41人 ,保護者 25人
午後:キッズ 27人 ,保護者 13人
全参加人数:講師 2人 ,スタッフ 4人 ,キッズ 68人 ,保護者 38人   計 112人

●時程

【午前】
~9:30 受付
9:30~10:15 芳賀先生お話
10:15~12:30 各班に分かれて霞ヶ浦を体験
           ・船に乗り霞ヶ浦の泥などを観察
           ・CODパックテストや透視度計を使って実験
           ・自然観察

【午後】
12:40~13:15 受付
13:15~13:45 芳賀先生お話
13:45~15:30 各班に分かれて霞ヶ浦を体験
           ・船に乗り霞ヶ浦の泥などを観察
           ・CODパックテストや透視度計を使って実験
           ・自然観察

●内容

・船に乗り霞ヶ浦の泥などを観察
 11人前後に分かれた子供たちを国土交通省の船に乗せ、霞ヶ浦の水の色や濁り具合などを見た後、白い円板を沈めて透明度を測定した。その次にエクマンバージ採泥器で湖底の泥を採取し、色・匂い・手触りなどを体験した。最後に5分程度のクルージングを行った。

・CODパックテストや透視度計を使って実験
 最初に透視度計を実験を行った。透視度計に水道水と湖水を順番に入れて、何センチのところで底にある印がはっきりと見えるか確認した。次にCODパックテストのチューブを各2本ずつ渡し、水道水と湖水を入れて5分後に色の違いを観察した。

・自然観察
 学習棟の前の広場で花や虫などの自然観察を行った。マメ科植物を抜いて根粒の確認などを行った。

●スタッフ感想

【浅部】
好天に恵まれ、また風もなく船に乗ることができて良かった。船上での実験では大きな事故もなく良かった。湖底からとった泥の匂いを嗅いだり触ったりする実験では、最初嫌がっていた子供もいたが、最後は全員がちゃんと体験していた。透視度計を割ってしまった子供がいたが、怪我が無くて良かった。透視度計で霞ヶ浦の水の透明度を測ったら、上まで入れても印が見えてしまっていた。水がきれいなのは良いことだが、実験としては上手くいかず複雑だった。CODパックテストでは水道水と湖水の汚れ度合を目の当たりにして、いかに水が汚れているのか勉強になったと思う。自然観察はもう少し下調べをしておくべきだった。

【長田】
この回は初めて参加した上に準備不足で、分からないことだらけで特に午前の子供たちと保護者の方々に申し訳なかったです。
 
・実験班
事前に透視度計の使い方は実際に使いながら教わるべきだったと思いました。霞ヶ浦の水の透明度が高く、透視度が計れなかったので「予想以上に透明であることが分かった」「この実験では測れない」と結論付けてしまったのですが、それでよかったのでしょうか。もっと長い透視度計があるなら来年はそれを使わせていただきたいと思いました。また、あまりに時間が余ってしまって困りました。顕微鏡を一つ持ってきてプランクトンの観察などができたら良いかもしれません。

・自然観察班
どのようなコースを行けばいいかも分からず、主に見られる植物も全く知らなかったので、事前にスタッフ間で打ち合わせをしておくべきだったと反省しました。
草花や昆虫の図鑑を持っていなかったので調べることすらできませんでした。先生や他のスタッフの方で図鑑を持っている方がいれば、自然観察の班の子供たちや担当スタッフに貸してくださればより良い観察ができると思いました。

【新井】
午前中スタッフ間での分担と連携がうまくいかなかった。事前に話し合って決めておくべきだった。
野外観察は、季節の植物を押さえる必要があるので現場下見が必要。
例年の場所より霞ヶ浦の水が澄んでいた。
船の時間が限定要因だとスタッフが把握しておくべきだった。
引き継ぎ資料として、植物観察した回は何が生えていたかのリストを作るのはどうか。         

記入者

筑波大学大学院 人間総合科学研究科 フロンティア医科学専攻1年
浅部 幸紹

タグ:

【リーダーの名前】
F田
【メンバーの名前】
A山、Y田
【天気】

【受付での配布物・提出物】
なし
【キッズの数】午前 40人、 午後 30人

【活動報告】
・ピックアップ
7:45 天久保ローソン(秋山、藤田)
8:05 土浦駅(横田)
※ピックアップ時に、「霞ヶ浦マラソン」の日と重なっていたことが発覚。土浦駅周辺はマラソン参加者がぞくぞくと集まっており、道路も混雑し始めていた。このためキッズ参加者の遅刻も懸念された。

・現地到着
下見…の予定であったが時間があまりなかったので散策中にやることだけ確認した。
(やることの内容)
・霞ヶ浦沿いや田んぼの周りの散策
・堤防上の250m区間を何歩で歩ききれるか数えてみる
・霞ヶ浦大橋上の電灯の数を遠くから見て、全部で何本あるか数えてみる
・シロバナタンポポの観察
・色んな植物を探して名前を調べてみる

9:00 受付開始。同時にサイエンスキッズの日程変更のお知らせも配布した。
9:30 午前の回開始。
博士のお話の後、子供達を各スタッフに分けてグループを作ってから、スタッフを先頭に散策開始。今回は「朝日新聞」の方が博士の取材に来られていた。
途中で立ち止まって博士の説明を交えながら上に挙げたようなことを行っていった。

12:00過ぎ 出発地点へ戻り、終了。

13:00~ 午後の受付開始。午前のときと同様にしてスタッフ3人で分担して行う。
※やはり「霞ヶ浦マラソン」の影響で現地に来るまで大変だったという保護者の方の声があった。
13:30 午後の回開始
午前同様に子供達を各スタッフに分けて出発。午後になるとシロバナタンポポが花を閉じてしまう関係で、午前のときとは逆のルートで散策。途中で植物図鑑を車内に置いてきたことに気づく。

16:00ごろ
時間がかなりおしていたので、出発地点とは別の場所で解散。午後の回終了。

<スタッフの感想・反省・意見>
F田:
当日は天気が良く、観察がしやすかったので良かった。子供達もたくさんの種類の植物を調べることができ、満足している様子だった。シロバナタンポポやチガヤでつくる草笛は特に人気であった。ただ、名前のわからない植物があったりしたので現地下見をちゃんと行い、スタッフも図鑑を携帯しておくと良いと思った。
また、午後は解散場所を変えたのだが、迎えに来た親と出会えない子供が出てきてしまったりするので解散場所は途中で変えないほうが良いと思った。

Y田:
・反省
人数が多く、列で歩くと先生の話が後ろまで聞こえない。危険な行為に走る子供(たまに親も)が多かった。子供の質問に十分に答えられなかった。散策に時間がかかってしまった。
・改善点
やはり下見は必要。また、班ではなく一つの列で歩き、要所にスタッフを配置することで班単位の遅れを少なくし先生の説明も聞くことができるのではと思った。そして、石を投げたり、危ない所に積極的に行くというようなことはしないように事前に喚起しておく。
・感想
天気は良かったが暑く、車は多く、子供が多いで疲れました。とはいえ、子供達は楽しそうで何よりでした。もうちょっと勉強して子供達にもっと楽しんで貰えたらなと思います。

A山:
今年のキッズⅢの子供たちと初めて顔を合せましたが、とても話し易かったです。
3 つのグループに分かれて歩きましたが、人数が多く、先生が話したことが後ろまで伝わりにくかったのでスタッフの人数をもう一人増やしてサポートできれば良かったと思います。具体的には、前の方に一人いて、先生と他のスタッフを連絡する係。後ろは列の真ん中に一人、後方に二人くらい配置できればやりやすかったかと思います。
道が狭く、車通りも意外とあった中、事故がなかったのは車が来たときの声掛けに保護者の方が協力して下さったお陰だと思います。

タグ:

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー