芳賀サイエンスラボ

Posts Tagged ‘高崎自然の森

【メンバー】Y田、S田、T築
【天気】
【受付での配布物・提出物】捕虫網、アルバムの1ページ
【キッズの数】午前24人、 午後14人
【活動場所】高崎自然の森

【活動報告】
① 先生による今回のサイエンスキッズの目的の説明と捕虫網の使い方のレクチャー
② 今回協力してくださった自然公園の職員・大塚さんによる施設とトンボに関する説明。特に、個体数が少なく捕獲してはならないトンボの種類についての説明があった。
③ 自然公園で自由にトンボを捕獲する。
・ この間、先生・大塚さん・学生スタッフは一緒にトンボを捕獲しつつ子ども・親からの質問に応対した
・ 子ども達は捕獲したトンボをアルバムの写真を入れるスペースに閉じ込めて、観察をした
・ 子ども達はより多くの種類を捕獲しようとしたり、自分の求める大物だけを捕獲しようとするなど、おのおのの目的を持って活動した
④ 子ども達を集めて、捕獲されたトンボの種類・その見分け方について先生・大塚さんが説明した。
⑤ 上の説明で発覚したおのおのが捕獲できなかった種を捕獲するため、再び自由活動。
⑥ 子ども達を集めて成果を確認し、解散。
*午前・午後ともに同様の活動を行った

スタッフの感想・反省・意見

Y田
子ども達と一緒に虫取りが出来て非常に楽しかった。また、先生方のお話はとてもためになった。
今回は下見が当日の朝になってしまったため、準備不足が否めない。本番と下見の間にある程度の時間があったほうが、本番に向けた準備ができると思う。
トンボの観察のためにアルバムに入れるという方法を今回とった。確かに、観察には有効だと思われる。が、トンボの消耗が激しい。観察はアルバム、観察後はカゴに入れるなどした方が良いと思う。カゴは子ども達に持ってくるよう事前に連絡すれば揃うだろう。
午前中は曇りで非常に快適だったが、午後に晴れた。まるで夏のような暑さになり子ども達は(もちろん大人たちも)大分疲れていた。それぞれで休憩をとっている家族もいたが、休憩をとるようちゃんと呼びかける方が親切だったと思う。スタッフが二人とも帽子を忘れた。これは個人の問題だが、野外活動の際には帽子は必ず持ってきておくべきだと痛感した。

H田
下見の段階でトンボの名前や捕まえ方などを教えてもらったおかげで子供たちの要望に応えることができたのでよかったです。しかし、お母さま方の鋭い質問には答えられないこともあり、事前に勉強しておけばよかったと思いました。午前中の芳賀先生や大塚さんのお話がとても勉強になりました。今回が初めてのスタッフのお仕事でしたが、ご指導のおかげで慣れることができて、とても楽しく過ごせました。ありがとうございました。子供たちが一生懸命説明を聞いたり、親子でトンボを捕まえたりしている姿を微笑ましく感じました。今回学んだトンボの知識を今後も活用したいです。次回は事前に勉強しようと思います。


2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー