芳賀サイエンスラボ

Posts Tagged ‘鬼怒水辺観察緑地

20171001日 於 鬼怒水辺観察センター(栃木県真岡市)

  • 目的

実際に赤とんぼをつかまえてじっくり観察することで、今まで「赤とんぼ」とひとくくりにしていた中に多くの種類が存在することを知る。

  • 参加者

講師: 芳賀先生

スタッフ: 須藤裕子、杉原翔吉

午前:キッズ24人/保護者22人

午後:キッズ7人/保護者9人

参加者計: 62人

  • 所要時

【午前】

9:30~ 受付とトンボの説明

10:00~ 虫網の組み立てとトンボ採集

10:45~ 採集してきトンボの紹介

11:00~ まだ捕まえていないトンボの採集に挑戦

11:50~ まとめ、解散

12:30  後片付け

【午後】

13:00~ 受付とトンボの説明

13:30~ 虫網の組み立てとトンボ採集

14:15~ 採集してきトンボの紹介

14:30~ まだ捕まえていないトンボの採集に挑戦

15:20~ まとめ、解散

16:00  後片付け

  • 内容

虫網を用いてトンボをつかまえ、配布されたアルバムフィルムに挟むことで羽や胸をじっくり観察できるようにし、その模様をもとにトンボの名前を調べた。また雌雄の区別もつけた。アキアカネ、マイコトンボ、ノシメトンボ、ミヤマアカネ、マユタテアカネ、ギンヤンマ、イトトンボなどがみられた。

  • スタッフ感想

<須藤裕子>

今回は小貝川の河川敷でアカトンボの採集と観察を行いました。キッズが捕まえたアカトンボの種同定までいかなかった個体もあったため、図鑑などを片手に持っておく、事前準備をもっと念入りにすればよかったと反省しております。また、前年度の同じ会ではたくさんの種類のアカトンボが見られたのですが、今回の午前午後どちらの部でも昨年より多くの種類を採集できなかったのが残念です。アカトンボについてだけでなく、網の振り方やトンボの観察の仕方なども学べました。キッズの中には、同じ種類でも雌雄で見た目の違いがあるか観察していたり、ハカセが言っていたトンボの他にも違う種類が確認していたり、トンボだけでなく他の昆虫(バッタ、クモなど)にも興味を向けるキッズを見れてスタッフとして参加でき良かったです。

<杉原翔吉>
この会では、何度も参加しているキッズからキッズIIIとして初めて参加したキッズ、さらには大人の方まで網をもってトンボ採りを楽しんでいる様子が見られました。テーマは赤とんぼと遊ぼうでしたが、イトトンボをとるキッズやギンヤンマを狙いに行くキッズなどそれぞれ目的をもってキッズ達は取り組んでいるようでした。反省としては、特に初めて参加したキッズにはトンボ採りに苦戦した子もいたので、ハカセの紹介していた網の振り方をまねして実演し、一緒に採れるまで練習するようにすればよかったかと思いました。

記入者

筑波大学 生命環境学群生物学類2年

杉原翔吉

広告

2016925日 於 栃木県、鬼怒水辺観察緑地

●目的
アカトンボを採集し、観察する。観察を通してアカトンボについて知る。

 

●参加者

講師: 芳賀先生

スタッフ: 相澤良太、須藤裕子

午前:キッズ23人/保護者17人

参加者計: 40人

 

●所要時間

【午前】
9:30~ 受付と虫網の組み立て

9:40~ 説明
9:50~ アカトンボ採集
10:40~ アカトンボの紹介
11:50~ まとめ、説明
12:00  解散

 

●内容

組み立て式の虫網を使いアカトンボの採集をし、観察した。観察の時には、写真のアルバムフィルムにはさむことで観察をよりやりやすく行った。会の最初では、芳賀先生の説明によりトンボの翅の模様や形によって種が同定できることを教わった。今回の会でみられたトンボとして、アキアカネ、ナツアカネ、マイコトンボ、ギンヤンマなどが挙げられる。なお、真岡市指定の天然記念物であるマダラヤンマを目視で確認できた子供も数人いた。

 

写真-アカトンボ採取と観察の様子

14

 

写真-アカトンボについて説明を聞くキッズたち

13

 

●主宰者からのひとこと

長雨が上がって,久しぶりの薄日がもれる真岡の鬼怒観察緑地でしたが,アカトンボは期待したほどの種類や数はありませんでした。しかし,ぜひ見たいと思っていたミヤマアカネを採った子どももいて,アキアカネ,ナツアカネ,マイコアカネ,ノシメトンボは多くの子どもが採りました。採ったアカトンボはL判写真用のアルバム用紙にはさんで模様や色などを観察した後,放してやりました。アカトンボ以外にもギンヤンマ♂♀,ハグロトンボ,アオモンイトトンボ♂♀,アジアイトトンボなどが採れました。マダラヤンマを目撃した人もいました。

この緑地は堤防上から全景が見渡せるので,引率者は掌握が楽です。緑地に降りる階段は「階段教室」になるので提示や説明に使えます。

また,事前に隣接の国土交通省防災センターを使用する手続きをしていたので,そこで,スライド映写やお話しもできました。

緑地園路に枝を伸ばしているサクラの木の葉にアオイラガの幼虫が並んで付いていて,それに触れた母親の上腕が赤く腫れました。さいわい,誰かが持ち合わせたキンカンを塗ったところ,腫れはおさまりました。今後,野外用のザックの中には消毒薬やバンドエイドに加えてキンカンも入れておくようにします。(芳賀)

 

●スタッフ感想

<相澤良太>
今回はしばらく続いていた雨がやみ、気温が上がったためか多くのトンボを見ることができました。私自身見たことがない種類もあり、種類をキッズに教えてあることができないことが多く、事前の下調べや詳しい図鑑が必要だったと思いました。キッズは芳賀先生に教えられた同定方法を思い出しながら捕まえた赤トンボの種類を考えていました。キッズにもトンボの種類を見分けるために、簡単な図鑑のようなプリントがあったほうが理解も深まると思います。今回観察に使わせていただいた鬼怒自然公園では非常に多くの種類のトンボが観察されました。今はなかなかこのような場所はないので、ぜひキッズにもなぜここまで種類が多いのかについて思いを馳せてほしいと思います。

 

<須藤裕子>
今回は「アカトンボと遊ぼう」という題名の通り、トンボを捕まえるだけでなく捕まえたトンボを非常によく観察しているキッズもたくさんおり、うれしく思いました。特に、アキアカネやナツアカネなどといったアカトンボの仲間は、胸の線の付き方で同定を行うといった難しい違いを、いとも簡単に同定している様子は驚きました。また採集をするために緑地にいたのですが、キッズたちはトンボだけでなく小川にいるザリガニや草原のバッタにも興味を持って観察しており、キッズたちの好奇心旺盛な姿とさまざまなものを見つける観察眼にも驚きました。

今回の会を通して、「このトンボの名前は?」だけでなく、「トンボの体のつくりってどうなっているのだろう?」「どうしてこんなに薄くて小さい翅で飛べるのだろう?」などといったさらなる疑問を考えていただければ、と思います。

 

記入者
筑波大学 生命環境学群 生物学類 3年

須藤裕子


2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー