芳賀サイエンスラボ

Posts Tagged ‘JAXA

2018年11月25日 於 宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センター

●目的

サイエンスキッズ秋の特別会!
JAXAの方々から宇宙にまつわる話を聞き、また工作実験を通して宇宙について考える。

●参加者

講師: 芳賀先生
JAXAスタッフ:小澤悟、白澤洋次、西顕太郎
スタッフ: 椎名瞳、藤井啓太、水木陽菜、中島玲菜

午前:キッズ 72人/保護者 79人
午後:キッズ 29人/保護者  35人

参加者計: 215人

●所要時間

【午前】
9:00~ 受付
9:30~ イントロ
~移動~
10:00~ 講義
10:20~ パラボラ集音器の工作
10:50~ グラウンドで実験
11:20~ 大型パラボラアンテナのデモ
11:40~ まとめ
12:00解散

【午後】
12:30~ 受付
13:00~ イントロ
~移動~
13:30~ 講義
13:50~ パラボラの集音器の工作
14:20~ 打ち上げ
14:50~ 大型パラボラアンテナのデモ
15:10~ まとめ
15:30解散

●内容

JAXAで宇宙を考えよう、ということで今回はパラボラアンテナを題材としました。

[イントロ]

パラボラには電波や音を集める特別な形状があるということを勉強しました。宇宙での通信もパラボラアンテナを使うことで宇宙の遠くにある物と通信ができるということを学びました。

↑説明の様子

[工作]

工作ではパラボラ集音器を作りました。平面の紙から曲線を作るには、隙間を作ったり、折り目をたくさん入れたりするなど色々な工夫が必要でした。キッズには、パラボラ部分と電気箱との合体を工作してもらいました。電気箱の製作はあらかじめスタッフがおこないました。


↑工作の様子

[実験]

グラウンドに出て、どれくらい遠くの声が聞こえるか実験をおこないました。遠くにいる芳賀先生の声も、パラボラ集音器を使えばよく聞こえました。パラボラを真っすぐ向けると遠くの音も聞こえることが体験できました。
 
 
↑実験の様子

[大型パラボラアンテナのデモ]

JAXAの方には大きいパラボラアンテナを作っていただきました。パラボラが大きくなるとよりたくさんの音を集めることができる代わりに、きっちりとアンテナの向きを合わせないと音を集めることができないことを学びました。

↑デモの様子

●スタッフ感想
<椎名瞳>
4回目のJAXAで宇宙を考えようも無事に終了し、今年度も素晴らしい内容にしてくださったJAXAの方々に深く感謝申し上げたいと思います。たくさんの協議の結果、今年度のテーマは宇宙での通信の技術に着目し、パラボラアンテナになりました。目に見えない電波による通信やパラボラアンテナの特性についてどのように体感してもらうのか試行錯誤しましたが、グラウンドでのパラボラ集音器の実験をキッズたちが楽しんでいるのを見て一安心しました。
通常の状態のマイクよりも、パラボラを取り付けたマイクの方がより多くの情報を得ることができることが体験できたかと思います。また、パラボラが大きいほど音をたくさん集めることができることを学んだため、地上に置かれている宇宙通信用のパラボラアンテが大型であることの理由がわかったのではないかと思います。
工作は少々難しい部分もありましたが、保護者の方やスタッフの補助があれば問題なく全員集音器を作ることができました。午前の部では、キッズの人数が多くグラウンドで芳賀先生の声を聞き取る実験がメインとなりましたが、午後の部では比較的時間に余裕があったため、キッズ同士や保護者の方々とパラボラ集音器の特性を自由に調べる時間を取ることができてよかったと思います。

<藤井啓太>
私事ですが,今回で4年目となるJAXA回の担当で,感慨深いことこの上ありません.JAXAの担当者の方とは,これまでの回を含めると,多くの時間を一緒に過ごさせてもらい,たくさんのことを学ばせていただきました.ありがとうございました.
今回のJAXA回では,パラボラアンテナを作りました.集音効果や,発信の際のビームの集音性などは感じられたでしょうか.キットに辿り着くまでに,傘を使ったりなど,いろいろな試行錯誤を繰り返しました.キッズのみなさんも,身の回りの似た形状のもので試して見てくださいね.
また,今回作成したキットを使って,「家で使ってみる!」や,「公園で友達と遊ぶときに使ってみる!」など嬉しい反応をたくさん見れました.他には,山で鳥の鳴き声を探すなどの使用方法があるようです.是非試してみてください.
結果として,今回も含め,多くのキッズたちにサイエンスの楽しさを体感してもらえたようで嬉しく思います.サイエンスキッズのみなさんも,今回だけのみなさんも,次年度のJAXA回およびそれ以外の芳賀先生のサイエンスをまた一緒に楽しみましょうね.

<水木陽菜>
パラボラアンテナと聞くと、身近なところではテレビの電波を受信していたり、天文でいうと宇宙からのメッセージを受信する大きなアンテナを思い浮かべますが、パラボラの効果を実感することはあまりないように思います。今回は自分の耳でパラボラの効果を感じることのできるとてもワクワクするサイエンスキッズになりました。
パラボラアンテナを制作する時からニコニコしながら楽しそうに作業しているキッズが沢山いて、私もとても楽しくなりました。完成したパラボラアンテナを使って近くの人とヒソヒソ声で話していたり、遠くの声を聞こうとしていたり、パラボラの特性をよく理解しているなと感じました。原理は難しいですが、体感的に集音性を感じているように思いました。よりよく効果を発揮するように形状を綺麗にしようと工夫している姿も印象的でした。
当日は天気もよく、外で実験できたのも良い思い出になったのではないでしょうか。JAXAで感じたワクワクを大切にしてもらいたいなと思います。

<中島玲菜>
初めてのJAXA会担当でした。
通常のサイエンスキッズと異なり、JAXAの方との何回にも渡る準備をしていくというのは大変でもありましたがとても楽しかったです。ベテランの先輩方の助けもあり、宇宙や工学などにあまり詳しくない私でも楽しく準備を進めていくことができました。
午前午後でキッズの人数が偏っていたこともあり、午前中は思っていたよりも工作の手伝いをしきれなくて進行具合に差が生じてしまいがちでした。しかし、どちらの会でも全員無事に工作を終えて実験に臨めたのでよかったと思います。
芳賀先生の声を聞き取る実験の時の、キッズたちのとても元気で楽しそうな様子が印象的でした。

記入者
筑波大学 理工学群応用理工学類3年
椎名瞳

広告
タグ:

2015年11月23日 於 JAXAつくば宇宙センター

●目的

JAXAで宇宙を学び、考える。
●参加者
講師:小澤様、白澤様、 芳賀先生

スタッフ: 大久保、藤井

午前: 94人
午後: 84人

参加者計: 178人

●所要時間
【午前】
9:30~ 重力の説明
9:45~ ビー玉で重力を知る実験
10:00~ スペースドーム見学
11:00~ ミウラ折りを使ってイカロスの模型を作る実験
11:50〜 無重力を作る実験
12:o0~ 終了・解散

【午後】
13:30~ 重力の説明
13:50~  ビー玉で重力を知る実験
14:00~  スペースドーム見学
15:00~ ミウラ折りを使ってイカロスの模型を作る実験
15:50〜 無重力を作る実験
16:00~ 終了・解散

●内容

ビー玉で重力を知る実験
ビー玉を厚紙に貼り付けた糸で釣って、ぐるぐる回すことで重力などを知る。

 

スペースドーム見学
スペースドーム内に展示されている模型などの説明をしていただいた。
人工衛星開発の歴史や、人工衛星の外側表面の金色のフィルムはサーマルブランケットといい、保温などに使っていることなどを教えていただいた。

 

ミウラ折りを使ってイカロスの模型を作る実験
人工衛星の説明を聞き、実際に紙をミウラ折りをして、イカロスの模型を作った。

 

無重力を作る実験
紐の先端に50円玉を括りつけて、それをモータでぐるぐる回したものを、5mほどの高さから落として 1秒間の無重力を作り出した。

無重力実験

 

●スタッフ感想

藤井

今回のサイエンスキッズでは、外部の講師のフォローをするという形になりました。講師の方がメインでしたので、子供たちと触れ合う機会が少なくなってしまったのは次回以降改めなければなと感じています。
それでも、JAXAの方の貴重なお話を聞けることに子供たちも興奮しているようで、普段できない体験をすることができたのではないでしょうか。
また、僕自身も今回のサイエンスキッズを聴講する側として楽しめてとてもよかったです。

 

大久保

今回のサイエンスキッズでは、JAXAの研究者の方から、人工衛星などの説明を聞くことができて自分自身のためにもなりました。工作の際に、ハサミが足りず少し戸惑ってしまうことがあった点は改善しなければならないと思いました。 子どもたちも興味を持って実験や説明を聞いていたのでとても良い機会になっただろうと思います。
自分自身としては、太陽光パネルのロックを外す機構が、ナットを火薬で爆破することなどを知ることができて大変ためになりました。宇宙機の姿勢制御など興味が尽きないので今後も調べていこうと思いました。

 

タグ:

2014年3月15日 於 JAXA (スペースドーム、記者会見室)

●目的
子どもたちに宇宙について、興味を持ってもらう

●参加者
講師: 芳賀先生、本橋先生
スタッフ:岡安祐佳、三枝彩佳
午前:キッズ11名/保護者11名/キッズ外(御兄弟)1名
午後:キッズ18名/保護者17名/キッズ外4名
参加者計: 講師2名、スタッフ2名、キッズ29名、保護者28名、キッズ外5名、計66名

●所要時間
【午前】
9:15~ 受付
9:35~ クイズの説明
9:50~ ビーズをひもに通したものを使って、衛星について解説
10:00~ スペースドームを見学
10:50~ 記者会見室に移動後、クイズの答え合わせ (芳賀先生)
11:10~ 測位衛星のお話 (本橋さん)
11:35~ 宇宙エレベータのお話 (芳賀先生)
11:55~ 芳賀先生からまとめの話
~12:00 解散

【午後】
12:45~ 受付
13:00~ ビーズをひもに通したものを使って、衛星について解説
13:15~ クイズの説明
13:25~ スペースドームを見学
14:05~ 記者会見室に移動後、クイズの答え合わせ (芳賀先生)
14:35~ 測位衛星のお話 (本橋さん)
15:05~ 宇宙エレベータのお話 (芳賀先生)
15:30~ 芳賀先生からまとめの話
~15:35 解散

●内容
Ⅰ ビーズをひもに通したものを使って、衛星について解説
 ひとりに一つずつ、ビーズをひもの端に通したものを配布し、ひもの長さを変えてまわすことで、衛星の速さが地球からの距離によって違うことを学んだ。ぶつかると危険なため、外で十分な広さを確保して行った。

Ⅱ スペースドームを見学
 初めに本橋さんからご説明をいただいた後、クイズを解きながら、館内を自由に見学した。ガイドツアーには申し込まなかったが、同時刻に行われていたため、自主的に参加した児童もいた。

Ⅲ 測位衛星のお話 (本橋先生)
 測位衛星の機能と、その位置を決める仕組みについて本橋さんから解説を頂いた。プレゼンテーションだけでなく、実際に児童を参加させたゲームでも説明して下さった。

Ⅳ 宇宙エレベータのお話 (芳賀先生)
 ロケット以外で宇宙に行く方法として、現在有力視されている宇宙エレベータについて、どうやって作るのか?色々な方向からご解説頂いた。子どもたちに疑問点を提示しながら、プレゼンテーションを行う形式だった。

●スタッフ感想
生命環境学群生物資源学類4年次 岡安祐佳
 スペースドームの開館が10時からだった、などちょっとしたトラブルもありましたが、ほぼ時間通りに行程を進めることが出来て良かったと思います。スペースドームの見学は、時間をとった割には飽きてしまう子どもが少なく、みんな積極的に取り組んでくれていたのでうれしかったです。JAXAに何度か訪れている子どもでも、スペースドームをこんなにじっくり見たことはなかった、と言っていました。クイズがあることで、普段は通り過ぎてしまうところも興味を持って見学できたのではないかなと思います。記者会見室ではまじめにプレゼンを聞いている子どもが多かったです。その反面、自分から質問をする子どもは少なく感じました。サイエンスキッズの子どもたちは、学校が異なるために、どうしても打ち解けきれていないところがあると思います。クイズの答えを子ども同士で話し合う時間を設けるなど、子どもと子どものコミュニケーションの時間を増やすことで連帯感が増し、質問しやすい雰囲気を作ることが出来るのではないかと感じました。また、今回子どもたちと話していて、ひとりひとりとばかり話してしまったように感じました。「~ちゃんはどう思う?」など、近くにいる子にも会話を広げることで、スタッフが子どもたち同士のコミュニケーションの橋渡しを出来たらいいなと思いました。

生命環境学群生物資源学類4年次 三枝 彩佳
今回、私は初めてサイエンスキッズに参加しました。雪で延期になってしまった回だったため参加人数が少し減り、ほぼ全員保護者同伴での参加だったので、あまり手一杯になることなくJAXA見学を楽しめたと思います。想像していたよりも子供たちの年齢幅が広く、子供たちの年齢や知識に合わせて説明することが大切だと感じました。今回は問題の答えを考えながら自由に見学していくというスタイルだったため、子供たちに声をかけるタイミングが難しかったです。説明を読んでわからないところ等を積極的に質問してくれる子には対応しやすかったのですが、そうでない子に対しては、声をかけるべきか自主性に任せるべきかの判断が難しかったです。今回、芳賀先生が、衛星を模した小道具を用いて最初に導入のお話をされました。実際に自分の動きも交えて衛星の軌道を考えるというのはとても良かったと思います。一方で、最初に小道具を配ると物に気を取られてお話に集中することが難しくなるということも感じました。特に低学年くらいの年齢では手元に遊び道具があるとどうしてもいじりたくなってしまうことがよくわかりました。小道具は子供たちの興味を引くにはとても有効な手段だと思うので、小道具を使用するときと話を聞くときとの切り替えをしっかりするための工夫を考えていけたらいいと思いました。

記入者
筑波大学 生命環境学群 生物資源学類4年次 岡安祐佳

タグ:

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

カテゴリー

広告